マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.05
  • (233)
  • (252)
  • (149)
  • (24)
  • (1)
本棚登録 : 2425
レビュー : 261
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478064788

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [墨田区図書館]

    ちきりん三冊目。特にあとがきの葉っぱビジネス、いろどりは、知ってはいたけど一番面白かった。

  • モノやヒトの価値を認識するチカラについて考える本。今までの日本では組織の長が価値を決めてきた。これから(いま、今後)社会では組織や地域やいう範囲ではなく、開かれた市場が価値をジャッジする。そして変わらないものは替えられていく。市場に求められるのはどんなモノ、ヒトなのか。

  • 変化する市場の中で、需要者と供給者の間で交換される価値を将来性含めていかに見つけられるか。その感覚にまだ慣れていないから、市場で試して、失敗して、磨いていく。それによって今後続く長いキャリアの構築に役立てていく。

  • インセンティブシステムの項目がおもしろかったな。一生安泰の船に乗り込もうとするんじゃなくて、船になにかあったら他の船に乗り移れる力を身につけたほうがいいって。

  •  マーケット感覚がいかに大事かが分かった。他者がどのような価値を求め、何に不満を感じるのか、その見極めが極めて大事だと認識した。そしてそれを提供するためには、失敗を繰り返せということだった。

    行動面
    ・自分が何を求めているのか、常に書き留める。

  • これからの時代に必要な考え方をとても分かりやく読みやすく説明してくれています。「変わらなければ、替えられる」というフレーズは心に響きました。人生日々勉強、「価値」を見出す力を鍛えて、人生前向きに生きていきたいですね!

  • 感想
    マーケット感覚と筆者は呼んでいるが、要は①体系立てて物事を考えられて、②経済学の基礎を理解している、③身の回りの物事のあり方や変化を敏感に察する、ことが重要であると説いている。経済学など意識しない読者層にあわせてわかりやすい表現にし事例を多用しているが、その実は経済学の入門書としての感覚を持った。人生・キャリアのあらゆる場面で重要な意思決定を迫られる際に、経済学を基礎とした感覚(そのモノ・コトの付加価値や市場評価は?需要と供給のバランスは?今後どのように変わる?)を持って立ち向かうことで正しい選択をできるようにしましょう、と伝えようとしている。


    ポイント
    マーケットとは?
    不特定多数の書いてを不特定多数の売りてがお互いのニーズを満たしてくれる相手とマッチングされ、価値を交換する場所

    マーケットを成立させるための要素は?
    1. 取引される価値
    2. 買い手と売り手
    3. 取引条件

    マーケット化してきたコトモノは?
    就職活動: 紹介制度>>自己エントリー制度
    結婚活動: お見合い>>マッチングサイト

    マーケットが広がってきたコトモノは?
    大学ランキング: 日本内ランキング>>世界ランキング

    マーケット感覚とは?
    売れるものに気がつく能力、価値を認識する力
    商品やサービスが売買されている現場の、リアルな状況を想像できる能力
    顧客が、市場で勝ちを取引する場面を、直感的に思い浮かべられる能力
    どんなによい商品を作っても、供給者が多すぎると儲からないという感覚

    マーケット感覚の鍛え方は?
    -プライシング能力を身につける (コスト積み上げ式や周囲の評価ではなく、自分自身の感覚でモノに金額をつける)
    -インセンティブシステムを理解する (自分自身、他人、組織がどんなインセンティブで動いているのかを理解する。どのレバーを触れば動くのかを理解する)
    -特定の個人や組織ではなく、市場に評価される方法を学ぶ
    -失敗と成功の関係を理解する (挑戦して、失敗して、フィードバックを得る)
    -市場性の高い環境に身を置く

  • マーケット感覚は①市場の構造を理解し、②市場の動きを理解して予測、利用する

    ①市場の構造を理解
    ・取引される価値
    ・買い手
    ・売り手
    ・条件(価格など)

    ②市場の動きを理解して予測、利用する
    ・買い手と売り手が取引する条件
    ・今後の変化
    ・市場で選ばれるための条件




    ・価値を理解する
    ジャパネットタカタが売っているのは商品でなく、【孫のアドバイス】自分の要望や懐事情を理解して最適解を提案してくれているという安心感の価値

    ・失敗経験がない
    →これまでチャレンジしてきていないのでは?高い目標を掲げていないのでは?
    成功するのに必要な学びを得ていないと理解される

    ・変わらなければ替えられる

  • 一旦返却
    20170507
    2 回目も返却
    一旦やめ

  • 2017年に読もうと心がけたちきりんさんの本。
    順番は前後したが、これで「〜しようシリーズ」は
    3冊読破した。マーケット感覚は、モノ・コトの
    市場価値を適切に見出す力だと感じた。自分の物差しを
    持つことと、その尺度を次代の変化に応じて
    変えていく柔軟性を持つこと。それが大事。

全261件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法のその他の作品

ちきりんの作品

ツイートする