日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃

著者 : 藤野英人
  • ダイヤモンド社 (2015年7月31日発売)
3.62
  • (8)
  • (13)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :96
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478066355

作品紹介

「日経平均が2万円を超えても買えますか?」そんな疑問が解決!4年連続、R&I優秀ファンド賞を受賞した「ひふみ投信」ファンドマネジャーが語る!外国人投資家も注目する『新・三本の矢』とは?狙いたい銘柄、おすすめ投資信託までこの1冊でわかる!

日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファンドマネージャーの藤野さんの本。日本企業はROEが低すぎるが、日本はROEを高める政策を始めて来たので、これから株価があがる、という話。オススメ銘柄もたくさん書いてあるし、読んでみてなるほどね、と思う内容も多かった。ただ、単純にROEを高めるだけでは、弊害もいろいろとあるので、鵜呑みにしてはいけない内容でもあるね。

  • インフレ=物価上昇=預金の毀損
    今こそ投資をすべし。
    スチュアードシップコード/コーポレートガバナンスコードにより、企業も馴れ合いをやめ、機関投資家としての義務を果たすべし。企業は持続的に成長する企業を目指し、企業資源を有効活用すべし。
    以上により投資市場は活況になる、、、というもの。
    今後はいい企業(今後も需要が見込まれ、参入障壁が高くROE8%以上の会社)を選んで投資するべき

  • 2020年に向けた中長期的な投資の考え方が書かれている。
    伊藤レポートをはじめ、スチュワードシップコード、コーポレート・ガバナンスコーポの新・三本の矢とはいったい何か詳しく記されており勉強になった。
    成長性のある良い銘柄の見分け方や国内株式型アクティブ投信の勧めもためになる。
    投資信託の良し悪しは何といってもファンドマネージャーの腕で決まるので優れたファンドマネージャーが優れた方針で運用しているかが最大のポイント。
    そして長期におけるシャープレシオの確認も忘れてはいけない。
    コスト面を考慮するなら直販投信も視野に。

  • 直販アクティブ投信

  • 藤野氏の本は初めて読んだ。ひふみ投信に対する思いが熱く書かれていてよかった。決してバブルではない日本株をもっと買っていこう、というのが結論だ。国民800兆円、企業300兆円のお金をもっと回していこう、伊藤レポート、スチュワードシップコード、コーポレートガバナンスコード、リフレ政策はインフレを起こす政策、株価=EPS*PER、スタートトディ、ジェイアイエヌ、セリアの株がおすすめ、これからは1、EC化比率上昇、2、ロボット、3、人材研修ビジネス、4、電気自動車、5、介護ビジネスがおすすめ。投資信託は1.コモンズ30、2、結い2101、3、大和住銀日本小型株、4、SBI中小型割安、5.ひふみ、6、セゾン資産形成、実に具体的な本だ。読み返したい。

  • アベノミクスの新3本の矢により、インフレを促進し、国の財政改善を行う。またインフレにより、企業タヌキが溜め込んだ内部留保を投資に回させ、それによって経済を活性化させる。企業が投資を行えば、それによって株価は上昇する。まだまだアベノミクスは序の口である。という論理。また投資としては、成長企業を吟味し、中長期的に投資することを推奨。シンプルでわかりやすい。「伊藤レポート」についてもっと詳しく知りたい。
    最後の方でアクティブ投信をやたらと勧めているのは少し宣伝っぽいが…

  • 良いタイミングで良い本読んだ。

    恥ずかしながら伊藤レポートという存在をはじめて知り、どこに向かおうとしているのかよく理解できた。

    今後の資産運用を考えるのに参考にする。

  • JPX400のボーダーがROE11%程度。今の日本の平均は約5%でアメリカは20%オーストラリアは15%。余分な内部保留を設備投資をする、株主への配当にまわし同時にIRを高めることにより株式市場のお金を集め中長期的に成長していくことが重要。
    コーポレートガバナンスコードにより企業の透明性を高め投資家を安心させる。
    国(政治家)は仕事をきちんとしてないと言う人も多いけれど、抜本的な経済の停滞を解決するためにしっかりと考えている。
    キーワード
    伊藤レポート、コーポレートガバナンスコード、シュチュウワードシップコード、EPAS、PER

  • 2015/09/07
    ミクロの話としては理解できる。
    ただグローバルに見てどうかは別問題だと思う。
    日本企業が本当にROE15%にたどり着くのか?キャッシュリッチな会社がキャッシュを投資に回して本当にうまく行くのか?目指す方向はいいとしてそれでやっと欧米企業と肩を並べることになる。
    老いていく中で国際競争力があるのかなかなか悩ましい。

  • 恥ずかしながら、本書を読んで「伊藤レポート」というものの存在を初めて知りました。「スチュワードシップコード」やら「コーポレートガバナンスコード」という単語を最近よく見かけると思っていましたが、こういうところから出て来ていたのですね。

    著者は以前から一貫して「成長の見込める株式、もしくはそういう株式を組み込んだ投資信託を資産形成の柱に据えるべき」という持論ですが、全くブレないその姿勢と、その姿勢から生み出されるファンド(ひふみ投信)のパフォーマンスの安定感は、本当に信頼できるものだと感じています。

    個人的に、投信コミュニティは「インデックス vs アクティブ」の宗教戦争(冷戦)がよく発生している印象ですが、インデックス投資のように玉石混交の「市場全体」に投資することは、市場の自浄作用を阻害している、というのが著者の考えで、私も同感です。

    末尾のオススメの投信についても、参考になりました。

    そう言えば直販投信は一時期(6〜7年前くらい?)同時多発的に何社か生まれましたが、もう随分、ニューカマーは出て来ていないですね。

全13件中 1 - 10件を表示

日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃のその他の作品

藤野英人の作品

日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃はこんな本です

日本株は、バブルではない―――投資家が知っておくべき「伊藤レポート」の衝撃を本棚に登録しているひと

ツイートする