1歳からみるみる頭がよくなる51の方法――感性豊かな脳を育む五感トレーニング

  • ダイヤモンド社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478067048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 身体トレーニング

    同時に処理する動作で脳をきたえる
    ストップ(動作を止める)を練習する
    手指や足指を操作する練習をする
    やろうとする気持ちは評価するが、できないことには誠実な批判をする
    大きな円や小さな円を描く
    直線を描く
    何を描いたのか聞く


    視覚トレーニング

    子供の集中を寸断しない
    子供の高さに目を合わせる
    ゲームは注視を鍛えるが、15分ごと、あるいは30分ごとに休憩する
    目を鍛える視覚追跡トレーニング
    クレヨンを持たせるのは1色から
    色キューブなどを使って赤っぽい色の分類など同じ色の仲間探しをする
    どうして?なぜ?は子供の専用用語である
    親はあまり理論的に答えないようにする
    指示したものを取ってもらう遊び
    上がり目下がり目眼筋マッサージ
    遊びの姿勢は大事


    嗅覚を鍛えるトレーニング

    匂いに関することばかけをする
    鼻うがいをする
    色々な匂いを嗅がせる
    自然の中の匂いを声掛けしながらたくさん嗅がせる
    親の固定観念を与えない


    聴覚、発話トレーニング

    子どもの間違った発話を否定するのではなく、正しい言い方でこちらが言い直す
    赤ちゃん言葉でなく正しい文章で話しかける
    擬音から映像をイメージする練習を絵本でする
    舌や唇、音を使った遊びを取り入れる
    どんな音にも対応できるよう生活音に慣れさせる
    子どもに必要だと思うテレビだけを見せる


    触覚トレーニング

    長さや重さの違いに気づかせる
    幼児の指しゃぶりはさせてはダメ
    指しゃぶり以外のことに興味を持たせる
    スプーンの持ち方はグリップ型とペンシル型2種類練習する


    味覚トレーニング

    食事はゆっくり楽しく食べることと早く黙々と食べることどちらもできるようにする
    偏りがないよう色々なものを食べさせる
    おいしいと思わせる言葉かけを心がける


    パソコン、ゲーム利用法

    パソコンやゲームは目を鍛えるためにする
    正しい姿勢でする
    親は子どもが駄々を捏ねても毅然とした態度で、中断する

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都大学名誉教授・医学博士

「2019年 『60歳からの「脳にいいこと」習慣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久保田競の作品

ツイートする