一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略

著者 : 裴英洙
  • ダイヤモンド社 (2016年8月5日発売)
2.90
  • (3)
  • (14)
  • (41)
  • (18)
  • (5)
  • 346人登録
  • 36レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478067284

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特に目新しい情報はありませんでした。

  • この1年間の睡眠時間の平均は4時間20分。1週間の平均は3時間50分。平日は3〜4時間。休日は4〜5時間。最後に7時間寝たのは1ヶ月前。眠いのに眠れない・・・。これは睡眠障害かも?

  • 一流の睡眠を取るためにはいくつも気を付けないといけないことがある。
    それについてかかれた本。
    自分にあった方法を見つけられれば良いが道程は険しい。

  • 一流の睡眠 「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略2016/8/5 著:裴 英洙

    今の生活スタイルを変えることなく、極端に睡眠時間を増減させることもなく、効率的かつ効果的に睡眠をとって仕事のパフォーマンスを上げる「攻め」の睡眠メソッドについて以下の6章により紹介している。
    ①ビジネスパーソンのための睡眠の「新常識」
    ②目覚めた瞬間に快眠戦略は始まっている
    ③午後2時~4時の「魔の時間帯」を制する
    ④翌日のパフォーマンスを最大化する夜の習慣
    ⑤世界一の快眠を手に入れる「睡眠自己分析」
    ⑥眠りの質をさらに上げる最新ナレッジ

    睡眠を征すれば、人生を征すると言っても過言ではない。効率の良い睡眠で空いた時間を自己啓発や自分の時間に充てる。濃密な睡眠により仕事のパフォーマンスを上げる。ぜひともそうなりたい。今現状はとにかく眠い。何が要因かは不明であるもとにかく眠い。眠いから寝る。原因がわからず睡眠時間が短いか長いだけで睡眠を捉えがちである。

    睡眠に対しては人それぞれ寝入り方や寝る時間・起きる時間等の拘束されることも違う。しかし、どの環境に置かれても自分の睡眠と向き合うヒントについて本書では取り上げられている。慢性的な脳の疲れをいやすのは睡眠以外の何物でもない。

    今日はいい夢が見れそうである。

  • 読みやすくてするする読める。良い睡眠を取るためのコツや裏付け多数。睡眠に関してのPDCAはなかなか回せてないかも。

  • 睡眠は貯金できない。会議中に3回寝落ちしたら限界サイン。
    二度寝は浅いノンレム睡眠の状態。心地よい。布団を出てソファーの上で10分以内の二度寝ならよい。

    深部体温を上げると目覚めがすっきり=熱いシャワーを首と股間にあてる。

    便通は、胃・結腸反射による=食べ物が胃に入って膨らむと台帳が収縮し、便意につながる。
    食事のたびに起こるが胃が空っぽな時間が長いほど、食べる量が多いほど活発になる。
    起き上がって動き始めることで大腸が運動する=姿勢・結腸反射。

    普段の睡眠時間の2~3時間前はもっとも眠りにくい時間。

    午後2時~4時はホルモンバランスからも昼寝タイム。
    昼寝は20分以内。
    カフェインの半減期は2.5~4.5時間。9時、12時、15時に飲む。
    カフェインよりは昼寝。
    夕食は寝る3時間前まで。
    寝る前は、ホットミルク、お粥、バナナ。

    お酒と一緒に水を飲む。酒と同量。

    時差ぼけには、アメリカ方面は早寝早起き、ヨーロッパ方面は遅寝遅起きで対処する。

    寝る時間を決める。
    15分眠れなかったら寝室を出る。
    睡眠効率が85%以上だったら、寝る時間を15分早める。

    寝酒は寝つきをよくするが睡眠は浅い。

    歯ぎしりは睡眠が浅いときに起きる。

  • 睡眠の本はどれを読んでも大体中身は似たようなことが書かれているが、それぞれの本に何か一つ特徴があると面白い。

    睡眠はトータルの時間よりも熟睡した実質の時間が大事で、それを睡眠効率と言います。

    睡眠効率を上げるには寝ている時間よりも寝る前の時間の使い方がとても重要ですね。

  • 特に睡眠に不満があるというわけではないのですが
    タイトルが気になって手に取った作品。

    一流の人は一日の始まりを「起床時」ではなく「就寝時」に設定する
    という考え方は別に何ら特別なことを行っているわけではないのですが
    目からウロコでした。
    確かに日中帯に高いパフォーマンスを発揮するためには前日の睡眠も
    大事な要素なので就寝時から翌日の仕事に向けた戦いは始まるのだと
    そんな当然のことを今更ながら実感させられました。

    この著者は何時間寝るべきだとか22時~2時の間は寝るべきとか
    そういう押し付けの主張が少なく、飽くまで個人にあった睡眠を取るべき
    という主張なので抵抗があまりありません。
    そして医師でありコンサルタントでもあることから睡眠に関しても
    睡眠「戦略」として戦略的に考えるところが説得力があります。
    「睡眠は貯金は出来ないけど借金返済は出来る」
    「夕食は寝る3時間前まで」
    「夏でもお風呂のほうが睡眠には良い」
    「昼寝は20分」
    などなど本書から学んだことが多々あるので取り入れつつ
    自分の快眠戦略を練りたいと思います。

  • 結局睡眠は、個人で最適解が違うので、睡眠ログを取り自分自身の最適解を模索していくことが大事とのこと。
    話題になっていた割には、内容的には少々物足りなく感じた。

    ただ、Tipsはいくつか得られたのと、前述したとおり最適解は各個人で違って、睡眠ログの重要性を知ることが出来たのは良かった。

  • MBAを持つコンサルタントであり、医師でもあるという著者のよる、日中の活動をイキイキとさせることに重きを置いた睡眠への向き合い方。
    前日の入眠から一日をスタートするイメージは意識したいし、睡眠に絶対的正解はなく、個々人の最適解を見つけるものという主張にも安心する。
    でも、記録は個人的には面倒だと感じるし、その他のアドバイスも具体的ではあっても目新しい感じはないし、何より自分のことを一流というタイトルはふーんという感じだった。
    17-58

全36件中 1 - 10件を表示

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略のその他の作品

一流の睡眠 Kindle版 一流の睡眠 裴英洙

裴英洙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
伊賀 泰代
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略はこんな本です

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略を本棚に登録しているひと

ツイートする