ゼロ秒思考[行動編]―――即断即決、即実行のトレーニング

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.44
  • (12)
  • (29)
  • (35)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 516
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分でビジネスやってるなら、もう少し具体的な話が欲しかった。本書のキモになるオプション、フレームワークの有用性について、説得力に欠けると思います。

  • 仕事中やっていることがまんま本になっててご満悦、オプションとフレームワークが大事。このうちフレームワークについては精度のよいものを作るために経験&鍛錬が必要なのでがんばって書かなきゃいけない、アウトプットをためらなわないのが大事。

  • 1266

  • 即断即決、即実行のツール
    ①オプション
    1.大事な選択肢を漏らさず挙げる。
    2.それを適切に評価する。
    ②フレームワーク
    1.何を整理しようとしているのか。
    2.どういう軸で整理すると最も意味があるのか。
    3.2×2に分けたとき、縦軸、横軸それぞれの2つの箱のラベルは適切か
    4.4つの箱それぞれに適切な内容を記入することができるか。
    5.タイトル、軸、ラベル、分類した内容の間で齟齬がないか
    6.全体として有用なのか

    練習あるのみ!

  • 行動できない原因

    全体感をつかむこと

    2×2フレーム

    オプション

  • 即断即決がビジネス、またはプライベートでもどれだけ大切なことなのか。さらにそのための方法としてフレームワークを活かした実践方法を解説してある。この本は読んだあとに、実際に行動してこそ真の価値が生まれると思う。活かすも殺すも自分次第ということだろう。

  • 普段から全ての仕事を1分1秒でも速くする 本当の目的と制限に従って絞り込む 普段からできるだけ迷いを持たない

  • 気になった所→判断を先延ばししないために、その基軸となる、あらたな情報は量でなく時間で区切って収集するという考え方

  • なかなかのテクニック論

全40件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1978年、東京大学工学部卒業後、小松製作所でダンプトラックの設計・開発に携わる。 スタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。 ソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となる。 2002年、「ブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業。 大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、も積極的に取り組んでいる。

「2017年 『最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゼロ秒思考[行動編]―――即断即決、即実行のトレーニングのその他の作品

ゼロ秒思考[行動編] Kindle版 ゼロ秒思考[行動編] 赤羽雄二

赤羽雄二の作品

ツイートする