「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる

著者 : 野口悠紀雄
  • ダイヤモンド社 (2015年11月20日発売)
3.74
  • (4)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478068236

作品紹介

人工知能、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、Airbnb、Uberの登場で、経済・社会が一変。このままでは日本経済は中国化する!

「超」情報革命が日本経済再生の切り札になるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016年2冊目は、野口悠紀雄先生の『「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる』。
    野口さんの本を読んだのは、初めてだったのですが、めちゃくちゃ参考になることだらけでした。
    この本はざっくり2部構成になっていて、前半は新しいテクノロジーの話で、後半は日本経済・世界経済の構造の話。
    赤ペン引きまくったのですが、あえて絞ると、この本のポイントは、下記5つかなと思います。

    ①AIの進化によって、発明や創造の分野にも、コンピューターが入ってくる。

    ②重要なのはビットコインそのものではなく、ブロックチェーン技術であり、それを用いてスマートコントラクトを自動的に遂行していくことである

    ③日本経済は急激に「中国化」しつつある。なぜなら、日本と中国の産業構造が基本的に同一だから。よって、このまま産業構造が中国と同じなら、賃金はいずれ中国並みに低下する。

    ④アメリカで製造業が復活し、国をリードする主要産業にはなることは考えられない。アメリカ経済の成長の中心は、金融業や専門的サービス業などの高度サービス産業である。

    ⑤TPPは自由貿易協定ではなく、経済ブロック化協定である。不参加国の中国は排除され、そうなると中国に生産拠点を多く抱える日本の製造業に、マイナスの影響を及ぼす。

    野口さんは、常に物事を「構造」という視点で見ているので、起きている現象の本質を捉えることができるのだと感じました。書いてある内容も参考になりますが、ビジネスパーソンにとっては、この「視点」こそが最も参考になる点かもしれないです。

    テクノロジーの変化と、日本経済の構造変化、両方を、バランス良くインプットできるオススメの一冊です。

  • アベノミクスの金融緩和で経済成長率2%の政策は間違い。構造改革をすべき。アメリカに離され、中国との差がちじまる。

  • アベノミクスのインフレターゲットは、国民の生活を苦しめる。

  • 著者の本、最近敬遠気味であったが、この本は、いくつか面白いところがあった。
    ITについては、よく見かける話も多いが、音声入力で文章書くとか、実践されている話が面白い。
    日本の製造業については、耳が痛い点も多い。他でも書かれていることだが、読むと面白い。
    アベノミクスに対しての意見はここのところの世間の論調に似ていて、結構当たっているのかも。
    (デフレ脱却のインフレターゲット、これが実質成長をより阻害している。と私も思う)

  • 2016/02/06
    自宅

    「超」って多少、大げさ感がでますね。
    経済再生の最善手などは、結局結果論評。

  • ■書名

    書名:「超」情報革命が日本経済再生の切り札になる
    著者:野口 悠紀雄

    ■概要

    人工知能、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、Airbnb、Uber
    の登場で、経済・社会が一変。このままでは日本経済は中国化する!
    (From amazon)

    ■気になった点

    なし

  • 非常にヒントの多い1冊です。

    やはり野口さんの本はいつ読んでも学びが深いです。

    この本絶対に読むべき1冊だと思います。

    次の時代がどうなるか? どう変わるか?

    気付かされる本です。

  • 現状の批判が多く、題名のような切り札の話ってあったかな?と思ってしまった本。

    現状の延長線上での経済成長描くアベノミクスは、人工知能やビックデータに代表される
    最新技術や新しいITサービスに対応できない。

    その為、アメリカの差は広がるばかりで、日本の給与水準は早晩中国並みになると予言。
    (まあ中国が上昇して、日本が現状維持以下になればそうなるという事だろう)

    日本政府の規制緩和が進まないことも足かせになっているが、
    決定的に違う事は、ベンチャーを支える仕組み。
    特にスタートアップを支えるベンチャーキャピタルを銀行がになっている現状が問題だと指摘している。
    アメリカのベンチャー成功率を考えると、成功するのは一握りだとわかっているが、
    銀行は当然すべて債権を回収する事を目的に、そもそも融資がおりづらい上に、
    介入に次ぐ介入でせっかくの尖ったビジネスモデルが見るも無残なものになってしまうのだろう。

    簡単な事ではないが、ベンチャー企業から、そういう仕組みが日本の環境で醸成していくように願うばかりだ。

  • 御年75歳というのに、非常に柔軟で最先端の考え方をすることにいつも驚かせる。
    いかに新しい技術革新を取り入れていくべきか熱く語ってある。あと何年この方が本を出すことができるだろうか。健康に気をつけてほしい。そして野口氏の理念を理解し実践する政治家が現れてほしい。

    1章人口知能とビックデータが広げる可能性
    2章新しいITサービスが変える市場経済の姿
    3章本格的利用が始まったビットコイン技術
    4章成長するアメリカと停滞する日本
    5章日本が新技術を取り入れるための条件
    6章アベノミクスでは日本は復活しない
    7章投機の時代の終了

    日本経済は長期的な停滞過程から脱却することはできない。この状態を変えるには、金融緩和やインフレ目標で経済が改善するとの幻想から脱却することが必要。
    そして新しい技術の成果を取り入れるとことが必要。
    ただし政府が指導して行うべきことではない。
    必要なのは市場経済の力を利用すること。規制緩和は最も重要な成長戦略。

全9件中 1 - 9件を表示

「超」情報革命が日本経済再生の切り札になるのその他の作品

野口悠紀雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三谷 宏治
ベン・ホロウィッ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

「超」情報革命が日本経済再生の切り札になるはこんな本です

「超」情報革命が日本経済再生の切り札になるを本棚に登録しているひと

ツイートする