マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されている

  • ダイヤモンド社
3.18
  • (9)
  • (18)
  • (33)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 429
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478069431

作品紹介・あらすじ

世界一のコンサルティング・ファームの近未来予測。マッキンゼーの経営と世界経済の研究所が発表する刺激的グローバルトレンド。ロンドン、シリコンバレー、上海在住のマッキンゼーのベテラン・コンサルタントが「もし、これまでの人生であなたが積み上げてきた直観のほとんどが間違っていたとしたら?」と問いかける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人口変化や新興国の状況、技術による今後起こりうる世界を予測したもの。将来のビジネスのあり方を考えるのに役立った。

  • 細切れの読書になってしまったので、流れが途切れ途切れであるのだが、
    1章の都市化のパワーなどは経済地理学を学んでいたこともあり興味深く読んだ。

    これからは国家単位でなく都市単位で物事が進んで行くことが多いと思う。
    日本は年間40万人の人口減少が起きており、この規模は宮崎市など地方の政令指定都市が毎年1つずつ消滅しているような規模なので、
    残酷に思われるかもしれないが、人口を維持する(経済発展を目指す)都市と、人口を減少させる都市との取捨選択をする必要が出てくると思う。
    そうでないと国際競争には勝ち残ることができない。
    この本によれば、そういった政策の決定は様子見と先延ばしにせず、小規模な実験を迅速に行なっていくことがこの変化の早い時代には必要なことなのだが、日本にそれができるか。
    人口減少する都市も、人口密度が減ることで可能となることを模索していくべきだと思う。
    例えば大規模農業や自動運転の実験など、これから発展が見込まれて広大な用地を必要としそうな分野の先進地域となれる可能性があるので。サメを食う小魚になれる可能性もある。

    どんなに過去を懐かしんでも時計の針が戻ることはないので、変化を楽観的に捉えて前向きに生きていけるようになりたい。
    たぶんこの本に書かれていることの数%しか頭に入っていないので、また機会があれば読み返してもいいかもしれない。
    目次を見るだけでヒントが得られるかも。

  • マッキンゼーのネタ本。どれもトレンドを押さえていて反論の余地はないものばかり。大企業だけでなく、中小企業も否応なく巻き込まれる社会環境の変化が整理されている。

    日々の変化は微々たるものであっても、時間軸を広げると激変していることが多い。ましてや、20世紀初頭ならともかく、21世紀になると変化のスピードは速い。速すぎる。だからこそ、巨大企業でさえ追いつけない技術、ビジネスモデルの変化が多発しているのだ。

  • 最近感じていた世の中に対する不確実性と近しい内容であった。

    これからの時代において、個人としては、これまで培った直観をリセットするとともに、スピード感をもって取り組まなければならず、企業経営においても同様である。

    脅威として見なすのではなく、同時に大きな事業機会にもなるということ。これから世界は豊かになり、健康になり、超寿命になる。

    脅威としても捉えつつ、機会としても捉えていきたいですね。

    機会として捉えるときに重要だなと思うのは、風が吹けば桶屋が儲かる的な、起きたことが最終的にどうなっていくのか、どんな機会が生まれるのかを見出す能力なのだと思う。

    今回のケースで言えば、自動運転車⇒事故減る⇒提供する臓器提供が減る⇒人工臓器の需要高まるといったような。

    落合陽一氏の本でもあった自動運転タクシーの料金が安価になるみたいなリアルな妄想も一緒かと。

    以下、メモ
    大企業としては、①インキュベーション機能を有して新たな技術やビジネスモデル等をつねにウォッチ
    ②これから生まれてくる数十億にもなる中間層は、無名都市に集まって、都市化は加速するので、その都市への展開が求められる
    ③高齢化も同時に起きるので新たなマーケットが生まれる
    ④資源不足になるので、エネルギーや食品廃棄等にも新たな事業機会が生まれる
    ⑤データ活用
    ⑥高度人材の不足と低スキル人材の余剰
    (編集中)

  • 『それは、私たちの意思決定の大半が、今でも個人の直観に支えられたものだからだ。これは、当たり前の人間の性向であり、私たちの直観は自分の経験の組み合わせと、物事がどのように動き、機能するべきなのかという思考により形作られている。』

    この直観をリセットするために4つのトレンドについて論じている。
    1.経済の重心の移動
    2.テクノロジー・インパクト
    3.地球規模の老化
    4.「流れ(フロー)」の高まり
    非常に密度が濃くて、読み応えのある作品。
    中途半端な未来予測本を何冊も読むより、この一冊を読み込む方が価値がある。良かった。

  • 途上国の躍進による経済の重心の移動、技術革新と普及のスピードアップによるテクノロジーインパクト、平均寿命の上昇による地球規模の高齢化、貿易に加え資本、人々、情報のグローバルな「流れ」の高まりの中で世界は驚くほど変貌を遂げつつあり、分かっていると思っていることが間違っていると説き、正しい未来を見詰めよと啓蒙します。
    特に途上国の都市化に関しては、かつて地理で勉強した世界とまるで別世界、日本が「途上国」から勃興した60年代から70年代、そしてバブルが崩壊するまでの時代とは全く違う世界に生きていることを分かっていたつもりでしたが、改めて認識しました。

  • 都市化、高齢化、消費者層の増加など、グローバルメガトレンドから現状と将来を眺める視点を追体験できる。目先の事に目が行きがちだが、忘れてはならない視点。

  • 予測することも重要だが、それよりも自分の思考にリミッターをかけてしまい、限界を作ってしまうことの方が問題。現状維持バイアスを捨てて、新しいことを積極的に取り入れることが大事。
    これから起こることは危険も伴うかもしれないが、結果としてはそれが機会を捉えていることにつながる。
    例えば高齢化でさえも、悲観的に考えずにチャンスと捉えれば、解決策は必ず見つかるはず。人類はそうやって進歩してきた。

  • 世界が今、経験しつつある4つの破壊的なトレンドの変化とは?経済活動の中心地が先進国から中国、インドなど新興国への移動。技術進化の驚異的な加速(ゲノム科学、新素材、エネルギー貯蔵、石油採掘、再生可能エネルギー、ロボット工学、自動運転車、3Dプリンタ、スマホ、IoT、クラウド、AI)。地球規模の高齢化と労働人口の減少。貿易、資本、人々、情報の移動を通じた経済活動のグローバル化の高まり。

  • 世界で活躍しているコンサルティングファーム:マッキンゼーが予測した未来がこの本で解説されています。私がこの本を見つけたのが最近(2017.11末)ですが、日本訳本は今年の初め、元訳本はその1年前頃だと思いますので、この本に書かれている内容は2015年頃の最新情報をもとに予測されていると思われます。

    従って、今年になって異常な盛り上がりを見せている仮想通貨に関する記述はありませんが、未来を動かすものとして4つの力(これから栄える都市はどこか、加速化する技術進化、高齢社会、新たなグローバル化)について解説されています。

    今までは先進国が経済をリードしてきましたが、近未来は私が聞いたこともない、アフリカや中国の中堅都市が引っ張っていくことになりそうです。多くの人に求められる「モノやサービスとは何か」という視点で、後半戦に差し掛かった社会人生活において、今後の戦略を立てるときに考える必要があると強く感じました。

    以下は気になったポイントです。

    ・本書が提示する4つの変化は、日本にとって避けることのできない、このまま放置すれば脅威となるものばかり、しかし変化をとらえることができれば、それは新たな機会になるので、マッキンゼーは日本の将来に明るい見通しを持っている(はじめにp2)

    ・世界の労働人口の高齢化につれ、今後は人口不足の時代へと変わっていく可能性が高い。先進国で専門スキルの低い人達は、成人後も自分たちの親よりも貧しくなるリスクがある(p9)

    ・世界中で都市人口は過去30年間を平均すると、毎年6500万人のペースで増加、シカゴと同規模の都市が毎年7か所増えていることを示す。世界のGDPの成長の半分が、新興国の440都市により生み出されると予測される、そのうち95%は中小規模の都市である(p11、47)

    ・北京の南東120キロの位置にある「天津」は、2010年のGDPで約1300億ドル、ストックホルムと同程度(p11)

    ・技術革新、社会への普及スピードが加速している、電話が5000万台になるのに50年、ラジオは10年、しかしアイポッドは5年、スカイプは2年、携帯電話ゲーム(アングリバード・スペース)は35日(p13)

    ・自分の持つ直感を精密に見直し、リセットする必要がある、過去に大きな成功を収めて生きた組織にとって必要性が高い、消費・資源・労働力・資本・競合といった意思決定に影響を与える(p20)

    ・2020年の中国のインターネットショッピング市場は、今日の、アメリカ・日本・イギリス・ドイツ・フランスの合計規模になると予想される(p21)

    ・過去三年間について、ある見方が固まれば、次の5年間も似たように見えてくる。人間には「未来は、最近の過去とほとんど変わらないものであってほしい」と考えてしまう(p27)

    ・イギリスが人口一人当たりの生産量を2倍にするのに154年かかったが、それは人口900万人の規模、アメリカは53年(人口1000万人)、それを中国とインドは、12年と16年、人口規模はその100倍、これは、経済規模の拡大は、イギリスのスピードより10倍加速、その規模は300倍、経済発展力は3000倍ということ(p36)

    ・経済発展のスピードが速い理由(背景)として、都市化があげられる。巨大な人口移動の只中にある。中国とインドでは現在そうである、都市こそが、先進近代社会とグローバルエコノミーに直接の接点を持つ場所であり、都市が貧しい農民をはるかに生産性の高い労働者、市民、そして消費者へと変える(p37、40)

    ・2030年までに新たに都市生活消費者層に加わった人達が、2030年までに年間30兆ドルを消費する、この数字は2010年には12兆ドルであった、年間30兆ドルとは世界消費総額の実に半分を占める(p42)

    ・消費者がモノを所有するというモデルはすでに変化しつつあり、この変化の中心が都心に存在する。若い人達が、モノを資産として購入するのではなく、各種サービスを使い、借りて代用することに慣れている、これが新しい事業機会を提供し始めている(p48)

    ・デジタルプラットフォームによって事業活動の拡大に要する限界コストはゼロに近づいてしまうために、仲間同士の個人間取引、シェアリング経済といった新しい市場の出現を可能にしている(p63)

    ・世界最初の3Dプリンティングで作られた電気自動車「ストラティ」は2014年9月に走行実験、人工臓器の3Dプリンタによる製造は、糖類ベースとしたヒドロゲルを用いて、患者自身の細胞から造られた幹細胞を吹き付けたもの(p73)

    ・破壊力を持つ12の技術は、4つのカテゴリーに分けられる、1)全ての物事の構成要素を変える:ゲノム科学・新素材、2)エネルギーを考え直す研究が実用段階:エネルギー貯蔵、石油ガスの回収技術進歩、再生可能エネルギー、3)人間のために働く機械:センサー付きロボット、自律自動車、3Dプリンティング、4)ITの活用:携帯機器、モノのインターネット、クラウド技術、知識作業オートメーション化(p74)

    ・今後5年間に全人類は、過去5000年の間に生み出したデータよりも多量のデータを生み出すだろう、2020年までに世界中の総データは、4万テクサバイトを超え、05年当時の300倍に増加する(p77)

    ・2013年7月に米国商務省は、GDP統計に初めて新区分を設けた、それは研究開発・ソフトウェアを網羅した「知的財産製品」(p84)

    ・付加的製造の領域の一つとして、粉体金属を使ったレーザー焼結、溶融プラスチックを使った溶融沈殿鋳造、さらに、3Dプリンタが含まれる(p85)

    ・現在S&P500に載る企業の75%は、2027年までに姿を消し、他の企業に取って代わられているだろう(p87)

    ・美容、化粧品業界において、ミンクというブランドの3Dプリンタを使えば、顧客はゆったりと自分の顔に合わせて特注した化粧を自分の顔に「印刷」できるようになっている(p98)

    ・中国の人口の年齢の中央値は37歳で米国とほぼ同じ、今日の全人口の26%を占めている55歳以上の人口は、30年には46%に増加する可能性がある(p114)

    ・平均余命が長くなるという予測と、投資収益率の低下という予測の組み合わせの持つ意味は、高齢者が引退生活に移行する余裕がなくなることを意味する(p117)

    ・新興国からの資金移動は、1990年には世界の7%に過ぎなかったが、2012年には38%に増加した(p144)

    ・これまで成功してきたように自分の強みに依存し、自社の持つ、コアコンピタンスにしがみついていれば良かったが、今日では敏捷性に焦点が当たることが増えている。(p168)

    ・2025年までに消費者層(1日10ドルという世帯収入)は18億人が加わり合計42億人になるだろう、2012年に世界人口が70億人になったよりも、1990年から2025年までに世界の消費者層に30億人加わったほうが、はるかに重要である、その多くは、新興国のあまり名も知られていないミドル級の都市住民である(p175、177)

    ・新しい新興国市場は、先進国市場からそのまま移植された製品・サービスをすぐに受け入れてくれるような巨大かつ同質的な存在ではない(p183)

    ・ウォルマートがアメリカ最大の小売業者になったが、競争の激烈な大都市圏市場を避け、アメリカの内陸部から外に向かい、市民が不便を感じている町を見つけては店舗を開設していったから(p187)

    ・新興国市場での成功を経験できるのは、本社が「この市場は投資先の一つ」と考えを捨てて、現地を運営するリーダーに自分たちの進む道を設定する自由度を与える場合に限られる(p201)

    ・30年間下がり続けてきた金利のせいで、資本コストは現在も安く、今後も続くだろうと期待される。つまり資産価格は長期的には上がり続けると考えられる(p240)

    ・日本の人口構造の見通しが意味することは、日本の抱える負債を伝統的な手法では返済できない可能性が高く、政府負債を将来貨幣化することが必要となるだろう、中央銀行が新たな貨幣を発行、政府の債務を買い取る(p253)

    ・アメリカの企業のほぼ3分の2が、優秀な採用候補人材を見つけられずに、空いたままのポジションがあると答えている。科学、技術、工学、数学というSTEM分野(p283)

    ・技術の進化が、物理的店舗とインターネット上での消費の境界をあいまいにしている、書籍からキンドル、CDからアイチューンズへ、さらに音楽を保有せずに好きな時にストリーミングで聴く、スポティファイへと価値が移動している。これにより企業は伝統的な事業のやり方から利益マージンを減らさざるを得なくなり、新たな事業機会の探索を迫られている(p311)

    ・デンマークでは、年金支払額の増大という問題に対して、平均余命を指数にして年金支給の開始時期を引き上げ、それよりも若い年齢での早期退職に制限を加えることを国会で決議した、その結果デンマークの55-64歳までの年齢層人口の労働参加率はEU平均(50%弱)よりも58%と高く、2050年までに69歳が法廷定年になるだろう(p349)

    ・アメリカでは、オハイオ・テキサス・ペンシルベニアにおいて、水圧破砕技術の運用を認めたが、ニューヨーク州では禁止(p351)

    2017年12月2日作成

全31件中 1 - 10件を表示

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているのその他の作品

リチャード・ドッブスの作品

マッキンゼーが予測する未来―――近未来のビジネスは、4つの力に支配されているを本棚に登録しているひと

ツイートする