絶対内定2018―――自己分析とキャリアデザインの描き方

  • ダイヤモンド社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478069448

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己分析には一番いいと思う

  • うさんくさい題名ですが・・・自己分析にとても役に立ちました!自分が何でできてるか知ってください。(大宮図書館学生スタッフ)

  • 筆者は若くしてお亡くなりになった。

  • 帯文(表・裏表紙):”内定者のおすすめ!” ”この1冊で心から納得のいく就活ができる” ”後悔しないキャリアと人生のために何を考え、どう動けばいいのかがわかる。大学、キャリアセンター、OBOGからも支持されている「就活本」ロングセラーの決定版!”

    目次:第0章 「絶対内定」するために知っておきたいこと、第1章 就職活動を始める前に「夢」を描こう、第2章 なぜ「就職する」のか。「働く」とは何か、第3章 どうすれば「絶対内定」できるのか、第4章 「選ばせる」ため「結果を出す」ための条件、第5章 就職活動で勝つためにすべき,たった4つのこと、・・・・他

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

(株)ジャパンビジネスラボ創業者、我究館、プレゼンス創業者・元会長。1963年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒。米国ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(MPA)。88年、住友商事入社。損害保険会社に転職し、経営戦略と人材育成・採用を担当。90年、シャインズを結成し、『私の彼はサラリーマン』でCDデビュー。92年、(株)ジャパンビジネスラボ及び「我究館」を設立。就職活動に初めて“キャリアデザイン”の概念を導入し、独自の人材育成「我究(がきゅう)」を展開。94年『絶対内定95』を上梓。98年、我究館社会人校を開校。2001年、TOEIC(R)/TOEFL(R)/英会話/中国語コーチングスクール「プレゼンス」を設立。08年にハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員に就任、日米の雇用・教育問題と政策について研究。11年8月急逝。
著書は「絶対内定」シリーズ(ダイヤモンド社)、『アツイコトバ』(一部電子書籍はダイヤモンド社より発行)等。

「2021年 『絶対内定2023 面接の質問』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉村太郎の作品

ツイートする
×