最高品質の会議術

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.13
  • (12)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 110
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478100547

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著書は前田鎌利氏。光通信やソフトバンクモバイルに勤務し、独立してプレゼンテーション講師?。著書「社内プレゼンの資料作成術」も良い本でした。

    感想。
    この本も良い本でした。著者の考え方全般に賛同してるからでしょうが、読んでて心地良い。ドッグイヤーもたくさん。

    備忘録
    ・マネジャーにとって会議術は、チームの生産性をあげる為に必須のスキル。
    ・会議は情報共有の場ではない。意思決定の場だ。情報共有だけでは何もリターンがない。
    ・良い意思決定とは、速い意思決定。拙速はダメだが、作り込み過ぎは商機を逸する。7割の勝算で意思決定し、勝負をするのが、孫正義流。
    ・会議不要論もあるが、会議は必要。腹落ちするディスカッションを経た意思決定でなければ行動につながらない。
    ・会議においては、物差しに経営理念や組織全体の方針を使いながら意思決定。
    ・定例会議は30分。前半15分がインプット、後半15分がアウトプット。短ければ短い方が良い。
    ・会議の場で進捗遅延を責めない。「で、どうするのか?」を質問し、考えさせ、意思決定する。
    ・提案書(会議資料)は、課題→原因→解決策→効果の展開でロジックを組むべし。
    ・一つ一つの意見は、結論+根拠のロジカルが基本型。
    ・資料は13文字以内の箇条書きで構成するのが原則。一度にインプットできるのは13文字。
    ・提案前にQ&A会議を行い、内容をブラッシュアップさせる。
    ・マネジャーが会議で質問する4つの観点。それは事実か?、何故そうなのか?、論理的に正しいか?、意思決定できるか?
    ・マネジャーは「自分は答えを知らない、だからこそ会議に臨み、より良い方策を決める」の姿勢が良い。
    ・上司とのショートミーティング推奨。

  • 最高品質の会議、意思決定のスピード感が大事。

  • 自分のチームをもつマネジャーにとって身にしみる内容。報告には必ずネクストステップをつける、資料は13文字以内かつ箇条書き、など自己完結で取り入れられるものも多々説明されていて勉強になりました。頭ではわかってるが行動できてないと痛感するものも多々ありました。「課題→原因→解決策→効果」のフレームワークは早速取り入れてみます。

  • 会議を主催するリーダー向けの本です。
    会議だけでなく、リーダーとしてのスキルがぎっしり詰まっています。
    中間管理職必読。

  • 長くて無意味な会議はもうたくさん、なときに読む本。
    具体的なフォーマットも多数載っていて、即実践に移せる。

  • 会議と聞くと「めんどくさい」「不毛」と言うイメージがついてくるが、著者は会議の品質がチームの生産性を決めると言っている。
    会議=意思決定の場と捉え、チーム全体の生産性を上げる実践例を挙げている。
    具体的には下記の通り。

    会議は1時間→会議は30分
    会議で報告・相談→会議は意思決定の場
    作り込んだ提案書→1枚の提案書サマリー
    資料の文章力が大事→資料は箇条書きが原則
    勝率10割の意思決定→勝率7割の意思決定
    根回しは無駄→根回しこそマネージメント

    その中で進捗管理や議事録のフォーマットをチームで統一することや、
    そのフォーマット例も載っており早速自分もエクセルで作ってみようと思った位有効な情報が多いが
    なぜか本がなかなか読み進められなかった。(難解で何度も読み返しながら読み進めたわけではない)

    また会議で質問する4つの観点は勉強になる
    1.それは事実か?
    2.なぜ、そうなのか?
    3.論理的に正しいか?
    4.意思決定できるか?


    気に入った言葉
    報告+Next Stepを徹底する
    ブレスト会議も30分限定、参加者は7±2

    部の定例会議で意識する事
    1.遠慮はするな、謙虚であれ
    2.求められたことに回答する
    3.数字を正確に伝える

  • 大きく二部構成で、前半は実際の会議術、後半はよりマネジメントに近い話題かなと感じました。
    特に後半は、課長層向けに様々な行動等での示唆が述べられており、かなり参考になりました。
    そういう立場になったら、また読み返してみたい本です。

  • とても良かったです。
    ・会議の目的は「意思決定」
    ・議題は報告+ネクストステップ
    ・提案書は一枚のサマリーにまとめる(現状分析+提案)(=課題、原因、解決策、効果、スケジュール、コスト)。

  • 実体験がたくさん書いてあったことがよかった。自分が今まさに悩んでいる状況とその解決策が書いてあった。

全12件中 1 - 10件を表示

最高品質の会議術のその他の作品

最高品質の会議術 Kindle版 最高品質の会議術 前田鎌利

前田鎌利の作品

最高品質の会議術を本棚に登録しているひと

ツイートする