マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.26
  • (9)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478101292

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 役に立った

  • テクニックやノウハウではなく視点を与えてくれる本。本当はそういう本のほうが「役に立つ」のだ。

  • Voicyリスナーなら効果は2倍。プレゼンの心構えについて具体的にかつ簡潔に書いてある。この簡潔さが大事で、自分で再現してみようという気になる。
    ダラダラ長い講釈が多い中、ここまで絞り込まれた本は貴重。

  • 私は基本的にプレゼンする側の人間ではなく受ける側だ。した経験はほとんどなし。ゼロではないが。それでも言わせていただくと、プレゼンが本当に上手な人というのは記憶にない。人前でしゃべるプロでも、スライドの作り方や使い方が上手な人はあまりいない。(本にも書かれているが、スライドにいろいろ詰め込みすぎの人が多い)
    しかし、この本を読んで思ったのは、間違いなく、彼はプレゼンの神髄に達している人だということ。日本のマイクロソフトにおけるプレゼンの神だ。プレゼンテーション学という学問があるとしたら、これは理論から実践までをカバーする教科書だと言っていい。プレゼンが仕事の人は必読。
    関係ないが、何だこの彼のルックスは…IT系には見た目がどうよ?な人が結構いるが、彼もそのうちの1人だ。マイクロソフトにもこんな人がいるとは、と。だが、この本を読み終わった後、シルクハットに杖を持ったマジシャンに見えてしまうから不思議だ。彼のプレゼンを実際に見てみたいものだが、おそらくその機会はないだろう。残念。
    彼はマイクロソフトの人ですが、この本はパワポの使い方の本ではありません。念のため。

  • 本当にためになる本であった。
    買ったその日に読み終え、今優れたプレゼンのために何をすることが必要か分かっている。
    そしてとても納得のいく内容であった。
    目的のためにプレゼンが最適の手段なのか。
    それを考えると情報を伝えてわかってもらう、知ってもらうためには必ずしもその場に皆に集まってもらう必要はないのだと改めて感じた。
    (先日も事前に資料を共有していたにも関わらず
    会議の前半その内容をひたすら提示するということをしてしまった。)
    そしてプレゼンの目的を再考しようと思った。

    本書からはとことんまで聴衆のことを考えている姿勢が伝わってきた。
    そして、プレゼンはライブのようなものなのかなと思った。(自分は聞く一辺倒でステージで演奏したことなどないが)
    なので、優れたプレゼンというのは極上のエンターテインメントなのではないかなと思った。

    早速明日から学んだ内容を試していこう!

  • プレゼンのゴールは下記3点。
    1. 聴いた人がハッピーになる
    2. 聴いた人から行動を引き出す
    3. 聴いた内容を他人に言いふらしたくなる

    3つめについては本書を読んで、なるほどと思わされた。
    では、これらのゴールを達成するためには何をすればよいのか?

    テーマがよければいいのか
    資料がよければいいのか
    話し方がうまければいいのか
    面白ければいいのか

    そうではなく、総合的に聴いている人に訴求するものでなくてはいけない。
    そのための秘伝が惜しみなく披露されている。

    さっそく、この本について同僚にも共有しようと思う。

  • 年間200回以上のプレゼンをこなす著者による
    プレゼンテーション術の解説本。

    プレゼン資料の作り方、話し方についての技術的な話だけでなく、
    プレゼンの聴衆に喜んでもらえるためには
    どのような心持ちでプレゼンに臨むのか 等、
    著者が数々の経験から得たプレゼンへの心構えについて
    わかりやすく解説してくれています。

    自分の思いを伝えたいというより、
    相手思いの考え方が満ち溢れています。
    プレゼンだけでなく、コミュニケーションにも応用できることが
    たくさんあると思います。

  • 澤さんによるプレゼンの教科書。基本的なコンセプトの元、細部に至るまでいかに神経を集中させているのかがよくわかる。一挙手一投足のマネジメントは肝に銘じたい。

  • とてもわかりやすい。しかもメッセージが的を得てる。これで次のプレゼンを作ろっと。

  • 本人の販売記念イベント参加をきっかけに購入。

    一度、この本に書かれている以外の話やより詳しい話を聞いてるせいか、するするとよめた。

    ただ、書いてること自体は、プレゼンにおいて大事なことがびっしり詰まった一冊。
    プレゼン準備をする際に、ぱらぱら読み返したい
    一冊だと思う。

全11件中 1 - 10件を表示

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術のその他の作品

澤円の作品

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術を本棚に登録しているひと

ツイートする