哲学と宗教全史

著者 :
  • ダイヤモンド社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478101872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知の巨人が、また恐るべき仕事を成し遂げた。

    ご本人もおっしゃている通り、情報の濃さとしては若干の物足りなさがあるが、

    このジャンルの入り口としては最良の一冊ではないか。

    宗教と哲学は密接な関係があるにも関わらず、関連付けて通史的に述べられている本は少なく、貴重。
    後半は個人的に「これから面白くなるのに〜!!!」というところで終わっており、もっと学びたくなる心を掻き立てる。

  • 宗教や哲学はちょうど夏季休暇を利用して知見を深めたかったテーマなので、一も二もなく購入し1日かけて読破。

    人類が生まれた時から問い続けられてきたテーマ「世界はどうしてできたのか」「人間はどこからきてどこへ行くのか」に対する回答を、ある時は理性的に、ある時は人類の外(神)に求めようとしてきた変遷が非常に興味をそそる。

    ビジネスへの実用的な思考術や捉え方は「武器になる哲学(山口周著)」に譲ることができるとしても、本書はその歴史的見地から詳説が加えられており、読み通すことで生涯の強いバックボーンを得られることは間違いない。

    特に私が興味をひかれたのは「荀子」の性悪説の解釈、および「カント」の格率論、すなわち「信念は学習を重ねていけば道徳法則と一致する」という結論である。

    400ページ以上ある大作なれど、おかげで初めて知った内容も多く、コストパーフォーマンスも高い。読み通すのはちょっと大変だが、学ぶことの楽しさを再確認させてくれた本でもあり、時間を見つけて読み下してほしい一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、72年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長等を経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を務める。08年にライフネット生命を開業、12年東証マザーズ上場。18年より現職。

「2019年 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

哲学と宗教全史のその他の作品

哲学と宗教全史 Kindle版 哲学と宗教全史 出口治明

出口治明の作品

哲学と宗教全史を本棚に登録しているひと

ツイートする