「週刊文春」編集長の仕事術

著者 : 新谷学
  • ダイヤモンド社 (2017年3月10日発売)
3.69
  • (9)
  • (28)
  • (17)
  • (5)
  • (0)
  • 260人登録
  • 29レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478102091

「週刊文春」編集長の仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チームの作り方、上司とは
    そう言ったものに対する1つの解答かもしれないと思う内容でした

    著者自身が何回も相反するものを含有する雑誌だと言っているように感じたけれど

    この語り口調も中身も、好き好きあるかなと思います

    ただ、理想に向かいひたむきに、著者曰くフルスイングする姿勢には頭が下がります

  • ビジネス書としてもメディア論としても、それから仕事への意識・意欲を高めさせてくれたという点でも、いろんな意味ですばらしい内容だった。

    読者に喜んでもらえる(身銭を切っていただける)いい仕事をするぞ!

  • 10/31 借ります(神田)→返却済みです

  • スクープを連発して、週刊誌の先頭を走り続ける文春の編集長。一昔前のテレビディレクターのように、イケイケな感じの人かと思いましたが、仕事の進め方はいい意味でとても、普通な感じでした。

    とはいえ、自分が目をつけられたり、書かれたりするのは本当にいやです。そして、新谷編集長自身も感じているように、叩いていいとなったら徹底的にたたきまくる世の中になってしまったことも同感です。

    お金を出して文春を買うことはありませんが、ギリギリの線で仕事をしつづけるリーダーのあり方を学ぶには、とてもいい本だと思います。

  • 意外と少ない人数
    スクープを狙ってフルスイング

  • 051

  • 期待が高かったが。。

  • P209 なぜ冤罪が多いのか?➡元警察庁長官「白くなる捜査をしていないから」
    松本清張「週刊紙は生体解剖だ」➡切れば血が出る、失敗したら生命にも関わる。

  • 面白い。

  • 人間対人間でとことん付き合う
    直接会う
    時には図々しさも必要
    出会いを大切に、こまめに会う
    人を紹介する
    トップが関心を持っている相手、好意を持って相手は誰か見極める
    相手の褒められたいポイントをしっかり踏まえて話を進める
    敬意は表しても迎合するな
    折に触れてこちらから積極的にアプローチをすることが大切
    ひとつの事象でもいろいろなアプローチがある
    実現できたらおもしろいなと思ったらまずやってtwみる
    大切なのはどうなるではなくどうする
    何のために働いているのかを常に考える
    目指すゴールが明確だと目の前の仕事に取り組む姿勢も変わってくる

全29件中 1 - 10件を表示

「週刊文春」編集長の仕事術のその他の作品

新谷学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
恩田 陸
又吉 直樹
塩田 武士
ベン・ホロウィッ...
國重 惇史
有効な右矢印 無効な右矢印

「週刊文春」編集長の仕事術を本棚に登録しているひと

ツイートする