PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

  • ダイヤモンド社
4.08
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478102497

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただやみくもに努力するだけではなくどのようにしたら努力できるか、効率いいか、継続できるかが書いてある。休むのが大事ってのはなかなか興味深かった。ためになる本です。

  • 今年読んだ中では最高な本。成長するために必要な要素が書いてあった。これは、計画的に実行したい。

  • もっとこの本に早く出会いたかった。
    ひたすら休む間も無く努力することが結果への近道だと思っていたが違った。
    超一流は、休息や気分転換の時間も含めて習慣にしていた。自分の心身が一番パフォーマンスを発揮するためにはやはり秘訣があった。
    この本を読むことで、休憩したい、休みたいという気持ちに打ち勝とうとするのではなく、結果のために動く時間と、休息の時間をうまく分け、リフレッシュできるであろう。効率のよい、自分にあった習慣を得ることができるであろう。

  • 成長に必要なのは「負荷」と「休息」

    頑張り過ぎても駄目だけど楽しすぎても駄目。

    目新しい内容は少ないけど全体的によくまとまっていてわかりやすかったです。

  • まさにこの通り。

    >kindle unlimitedで読めるやる気クエストに内容が近い。
    お金を払いたくない人はそちらを。

  • 1. 学んだこと
    (ア) 自己を超えた目的をもってその目的達成のための日々の評価基準を定義し、振り返りをすること
    自分にとっての目的は、自分も他も「楽しく」、目標を「達成/成就」させること
    (イ) 集中と休息がアウトプットを高めることが重要
    ① 1時間+小休憩で時間をきること。シングルタスクで目標を決めて集中すること
    ② ぎりぎり届く仕事をすること。フローを狙え
    1. 無理かもしれないは成長のシグナル
    ③ 脳のシステム2(熟考)をすること
    ④ 無意識の創造性を大事にすること
    ⑤ 散歩やマインドフルネスでリラックスすること
    ⑥ 日々のルーティンを持つこと。モチベーションがあがらなくても日々やり続けることが重要
    ⑦ 誰といるかで成長は変わる
    (ウ) 日々の習慣
    ① 寝る前のスマホNG(寝室に持ち込まない)、アルコール控える
    ② 食べ過ぎない
    ③ 一人ぼっちNG
    1. 人といると疲れとれる

    2. ネクストステップ
    (ア) 仕事/プライベート上での目的・評価基準を明確にし、日々振り返る
    ① 楽しいチーム作り
    ② マネージャーになる
    ③ コミュニケーションを磨く
    (イ) 仕事の「集中」と「休息」を意識する
    ① 一日の計画、時間ごとのアウトプット目標と評価を行う
    (ウ) 日々の習慣
    ① ルーチン=椅子に座り、背筋を伸ばし、眼鏡を磨く
    ② 寝室に私用スマホを持ち込まない
    ③ 大盛を控え、よく噛む
    ④ 食事悩まないようにするため、パックご飯と納豆等を常備

  • ダイヤモンドweb掲載

全7件中 1 - 7件を表示

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術のその他の作品

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術 Kindle版 PEAK PERFORMANCE 最強の成長術 ブラッド・スタルバーグ

ブラッド・スタルバーグの作品

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術を本棚に登録しているひと

ツイートする