脳が老いない世界一シンプルな方法

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.76
  • (4)
  • (12)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478103579

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エイジングにポジティブなイメージを持った人は平均で7.5年ほど寿命が長かった。寿命だけじゃなく、老いに対して前向きな人は生活機能(お風呂に入る、歩行するなど)の低下も遅く、重度の障害から完全に回復する人の割合も44%も多かった。逆に老化にネガティブなイメージを持っている人は、ストレスに対する心臓の反応性が低下し、心筋梗塞が2倍に増える、記憶低下が進みやすい、怪我が治りにくいといったマイナスの特徴が見られた。

    赤身の肉(特に加工されたもの)、白いパン、甘いジュースなどは、細胞を老化させたくなければ避けるべき。

    脳の老廃物を洗い流す最低7時間の睡眠。

    マインドフルネスは
    ①シンプルで誰にでも実践できる
    ②学術的な裏付けがある
    ③脳や遺伝子への効果がある

    マインドフルネスはHealth(心身の健康)とHappiness(幸福)という「人生に欠かせない2つのH」を満たしてくれる、最高のアンチエイジング・メソッド。

  • 「シンプルな方法」は、予想通りの結論です。しかし、このように科学的な裏付けを提出されると、妙に納得してしまいます。
    脳医学に興味がなければ結論だけを読んでもいいかもしれません。
    人体のしくみ、脳の構造は実に不思議です。

  • 物語形式や人物のキャラ設定は個人的にちょっと苦手でしたが、
    老いへの考え方などとても勉強になりました

  • 得る事多い

  • 自分自身に対して、いつもやさしくいられますように。
    「思い込みはつねに変えられる」ということを覚えていられますように。
    うまく老いを受け入れられなくても、自分にやさしくいられますように。
    自分の老いに気づいても、それを心地よく感じられる日が来ますように。
    自らの過去の経験が叡智へと変わっていきますように。
    いつの日か、歳を重ねていくことを楽しめますように。
    年齢を重ねることで、新たな何かが得られますように。

  • やっぱり、大事なのは運動ってこと!筋トレとランニングは一生続ける。

  • 脳の老化を食い止めるための、マインドフルネスの重要性を説く。ストーリー仕立ての構想に「また、これか」と感じた。

  • 米国で活躍しているドクターが書いていて、科学的エビデンスも豊富に提示しているので、日本の本によくある本そのものの信頼性が低いという感じは全くないです。

    一部に漫画と、会話形式の文体を取っているので、話がやや冗長になってしまっているが、とは言え、それはそれで読みやすいので理解はし易かったです。ここは人によって好みがわかれるかもしれないですね。

    ものすごく要約すると、『肥満は予防し、タバコは吸わず、運動をして、過度な飲酒は避け、頭を使い、よく寝て、ストレスをためず、最後に瞑想を忘れずに』で、これらをやれば脳の機能を維持するか、ある程度向上させることができるということです。これは他の本でも概ね同じことが言われており、科学的なエビデンスもあるので、効果はありそうです。

    食事についても書かれてますが、やはりこの本でも地中海式料理がすすめられています。これについても多くの本で勧められていて、エビデンスも多数揃っているので、やらない手はないでしょう。ナッツ食べてオリーブオイルたくさん使いましょう。

    タイトルからはあまり想像ができないですが、この本を読むとき、常に『死』を意識させられます。それは本が終わりに近づくにつれてどんどん強まってきます。ですが、死を意識することで、死に対する意識や現在未来に何がしたいのか、どうしたいのかを深く考えるきっかけとなりました。

  • 脳が老いない唯一の方法は、ずばりマインドフルネスです。実践していきたいものです。

  • 小説風に書かれているので読みやすいけど、小説としての面白さはいまいち。

    すらすら読めるけどそのせいで中身はあっさりとしたものになっていて内容的には物足りなかった。

    デフォルトモードネットワーク(DMN)については参考になりました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

:医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業。
アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、
臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。
そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。
2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。
同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。
臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。
脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、
「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。
主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。
趣味はトライアスロン。

「2019年 『ロスの精神科医が教える 科学的に正しい 疲労回復 最強の教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久賀谷亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンダース・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印

脳が老いない世界一シンプルな方法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×