世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.80
  • (18)
  • (39)
  • (26)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 483
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478103944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 借りたもの。
    西洋美術史をヨーロッパ社会の世界情勢とそれに伴う大衆の価値観の変化から解読してゆく。
    私も西洋美術史を学んだ身だが、忘れていた“視点”を思い出させてくれた。

    それまで「画家が時代を反映してどういう作品を遺したか」という“画家中心”の視点から、「画家たちを支えたパトロンやひいてはその需要を生み出した社会」という”社会から見た美術”という視点だ。

    今まで読んでいた本との視点の違いを強く意識させたので、☆5。

    古代ローマの市民――それは大衆ではなく奴隷ではない自由人――の美の追求から始まった“アート”は、キリスト教の台頭から宗教対立、王制が斃され市民が政治に関わるようになってから、その役割と表現方法が、それらを反映して変容してゆく……
    そして「何を描くか」から「どう描くか」の印象派が生まれてゆく。
    最後は現代アートの話よりもアメリカン・マネーによるコレクションの構築、個人コレクションを美術館に寄贈すると受けれる控除制度など社会的要因によって高い質の美術館コレクションが構築されたことを解説。

    美術史の全てではないが、要点をしっかり押さえている。

    アートを見る審美眼よりも、そこから見えてくるのは西洋の歴史であり、その価値観の変容こそが今に通じる価値観のベースである。
    その価値観を知っているか否かで、西洋の人々との会話が弾むか、理解が変わってくる。

  • 教養として西洋美術史を知っておくことの意義を感じた。古代ギリシア美術から現代アートまで、時代背景も理解しながらの美術史の旅はとても楽しいですよ。

  • 内容は悪くない。古代ギリシャの彫刻から(本格的に美術史を学ぼうとすると原始人の壁画から始まるが、そこが必要ない点をこの本は押さえている)アメリカが美術収集大国になるまでの変遷を、大雑把にだが非常に分かりやすくまとめてくれているので楽しい。キリスト教と絵画のかかわりは知っていたが、印象派云々の部分は知らないことが多かった。ただ、あくまでビジネス書なので文章に出てくる絵画の写真は小さく、モノクロ写真なので物足りない。また、タイトルに若干の恥ずかしさを感じるのは私だけだろうか。

  • 教養として身に着けておくべき美術史ということで、美術ではなく、美術史になる。絵画の解説ではなく、歴史を学ぶ本。
    ギリシアでは美しさが善とされ、裸でオリンピックがおこなわれる。
    美術と歴史が結びついていることはわかる。

  • ギリシヤからローマ時代、中世を経てルネッサンス、オランダ、フランス、ナポレオン、イギリス、アメリカの現代美術まで、西洋の歴史と美術をまとめて学べる一冊です。西洋エリートにとって美術は感性で感じるもなではなく読むもの、とのこと。エリートの世界に足を踏み入れるかどうかは別にして、日本でも開催される美術館展などをより楽しむことができそうです。まあ、繰り返し読むか、他の類似書を読んで覚えて行かないとなかなか難しそうですが。写真が全てカラーだとなお良し。

  • 「リベラルアーツ」なんて言葉を最近、書店でもよく目にしますね。

    日本語で「一般教養」なんて言葉に訳されることが多いですが、ようは「ビジネス」だけじゃなくて「教養」もないとこれからはダメですよ!ってことだと思うのですが、こんなことを言っても興味ない人は興味ない。。。笑

    僕の場合は「教養」というよりも「興味」が先行して、「知りたい」をちょっと踏み込んだら、どんどん調べ出しちゃう感じですね。なので、興味を持った分野があったら同じ分野で著者や視点が違いそうな本を5冊以上読みます。(一冊で判断すると相当偏るので!?)

    で、昨年から携わっている仕事の関係で「芸術」とか「美術」関連の書籍を見つけたらなるべく手にするようにしています。

    こちらも「世界のビジネスエリートが身につける教養」なんて副題がついてますが、美術史をさかのぼると「宗教」との関連性が強くなります。特に「西洋美術」は「キリスト教」の発展と衰退とともにトレンドが変わってきています。

    そうなると西洋人(=キリスト教圏)の人と付き合うなら、最低限このくらいは知っておこうよ!ということでしょうね。

    意外かもしれませんが「歴史嫌い」の僕としては、こうやって体系立ててくれる本はすごくわかりやすく、ためになります。(茶道をやっていると歴史好きと思われるのですが、実は一番苦手で嫌いな科目でした。特に「世界史」!笑)

    自分の興味力が増すと、嫌いなことも好きになっちゃうから不思議ですね。ということで、改めて「世界史」や「美術史」を知りたいなという方は是非手に取ってみてください!

    ちなみに僕が興味を持ったは一番最後の「現代アート」部分。だって、わかりやすいんだもん。笑

  • 美術館で絵画や彫刻を鑑賞する際に、作品の背景を知らずにもやもやすることが多い。特に神話や宗教などを題材にしたものはほとんどお手上げ状態。ただ単に好きか嫌いかで判断するだけで、とても鑑賞しているとは言い難い。そこで手に取ったのがこの本。西洋美術史の流れを平易な語り口で解説している。取り上げている作品ひとつひとつに言及するのではなく、古代ギリシャから現代アートまでの変遷をわかりやすく語っている。この本をとっかかりにして、さらに詳しく学んでみたくなった。

  • 美術も社会や経済などの仕組みに寄り添うものだってことが、過去からわかりやすく認識できる。作品的にはエドゥアール・マネの「フォリー=ベルジュール劇場のバー」か印象に残った。しかし、ビジネスエリートが身につけるべきってタイトルが、電車の中で読んでると、いけすかない感、もしくはお前ビジネスエリートちゃうやろ感を醸し出してんじゃないかと、ヒヤヒヤしてしまった。

  • 週刊ダイヤモンド2017/11月号あたりの広告。


    内容紹介

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    「美術史を知らずして、世界とは戦えない」
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    西洋美術史家・木村泰司氏がビジネスエリート必須の教養「西洋美術史」をわかりやすく解説。
    これ1冊で約2500年分の美術、そして関連する世界史の知識が身につく!

    日本人は絵画を「感性」で観るものととらえがちです。
    しかし、美術の背景には、各時代の歴史や価値観、文化、そして経済状況が表れています。
    つまり、美術を知ることは、世界的な教養を学ぶことでもあるのです。

    たとえば、古代の彫像がすべて裸だったのは、その時代の価値観が反映されているからです。
    また、有名な建築様式「ゴシック建築」には、当時のフランスの政治的なメッセージが隠されています。
    さらに、ルイ14世は絵画を絶対王政の象徴として、
    またナポレオンは自身のイメージ戦略にそれを利用しました。

    こうした美術の裏側に隠された歴史的な背景を知ることで、
    これまで以上に美術が楽しめることはもちろん、
    当時の欧米の歴史や価値観、文化など、
    グローバルスタンダードの教養も知ることができるのです。

    本書では、これら美術の裏側にある歴史的背景について、
    約2500年分を1冊に凝縮して解説していきます。
    これ1冊で、あなたもグローバルスタンダードの教養を身につけられるはずです。

    【もくじ】
    はじめに 美術史とは、世界のエリートの「共通言語」である

    第1部 「神」中心の価値観はどのように生まれたのか?
    なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか?/ローマ帝国の繁栄と帝国らしい美術の発達/キリスト教社会がやってきた/フランス王家の思惑と新たな「神の家」

    第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展
    西洋絵画の古典となった3人の巨匠/都市経済の発展がもたらした芸術のイノベーション/自由の都で咲き誇ったもうひとつのルネサンス/カトリックVSプロテスタントが生み出した新たな宗教美術とは?/オランダ独立と市民に広がった日常の絵画

    第3部 フランスが美術大国になれた理由
    絶対王政とルイ14世/革命前夜のひとときの享楽/皇帝ナポレオンによるイメージ戦略

    第4部 近代社会は、どう文化を変えたのか?
    「格差」と「現実」を描く決意/産業革命と文化的後進国イギリスの反撃/産業革命の時代に「田舎」の風景が流行った理由/なぜ印象派は、受け入れられなかったのか?/アメリカン・マネーで開かれた「現代アート」の世界

  • なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか? カトリックVSプロテスタントが生み出した新たな宗教美術とは? なぜ印象派は受け入れられなかったのか? 西洋美術史家が、約2500年分の「西洋美術史」をわかりやすく解説する。

    はじめに 美術史とは、世界のエリートの「共通言語」である
    第1部 「神」中心の価値観はどのように生まれたのか?
    第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展
    第3部 フランスが美術大国になれた理由
    第4部 近代社会は、どう文化を変えたのか?

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてワークス・オブ・アート修了。おもな著書に『名画の言い分』『印象派という革命』などがある

「2013年 『木村泰司の西洋美術史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」のその他の作品

木村泰司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
三浦 しをん
佐藤 雅彦
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」を本棚に登録しているひと

ツイートする