世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.98
  • (17)
  • (17)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :347
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478103944

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 教養として西洋美術史を知っておくことの意義を感じた。古代ギリシア美術から現代アートまで、時代背景も理解しながらの美術史の旅はとても楽しいですよ。

  • 内容は悪くない。古代ギリシャの彫刻から(本格的に美術史を学ぼうとすると原始人の壁画から始まるが、そこが必要ない点をこの本は押さえている)アメリカが美術収集大国になるまでの変遷を、大雑把にだが非常に分かりやすくまとめてくれているので楽しい。キリスト教と絵画のかかわりは知っていたが、印象派云々の部分は知らないことが多かった。ただ、あくまでビジネス書なので文章に出てくる絵画の写真は小さく、モノクロ写真なので物足りない。また、タイトルに若干の恥ずかしさを感じるのは私だけだろうか。

  • 借りたもの。
    西洋美術史をヨーロッパ社会の世界情勢とそれに伴う大衆の価値観の変化から解読してゆく。
    私も西洋美術史を学んだ身だが、忘れていた“視点”を思い出させてくれた。

    それまで「画家が時代を反映してどういう作品を遺したか」という“画家中心”の視点から、「画家たちを支えたパトロンやひいてはその需要を生み出した社会」という”社会から見た美術”という視点だ。

    今まで読んでいた本との視点の違いを強く意識させたので、☆5。

    古代ローマの市民――それは大衆ではなく奴隷ではない自由人――の美の追求から始まった“アート”は、キリスト教の台頭から宗教対立、王制が斃され市民が政治に関わるようになってから、その役割と表現方法が、それらを反映して変容してゆく……
    そして「何を描くか」から「どう描くか」の印象派が生まれてゆく。
    最後は現代アートの話よりもアメリカン・マネーによるコレクションの構築、個人コレクションを美術館に寄贈すると受けれる控除制度など社会的要因によって高い質の美術館コレクションが構築されたことを解説。

    美術史の全てではないが、要点をしっかり押さえている。

    アートを見る審美眼よりも、そこから見えてくるのは西洋の歴史であり、その価値観の変容こそが今に通じる価値観のベースである。
    その価値観を知っているか否かで、西洋の人々との会話が弾むか、理解が変わってくる。

  • 美術も社会や経済などの仕組みに寄り添うものだってことが、過去からわかりやすく認識できる。作品的にはエドゥアール・マネの「フォリー=ベルジュール劇場のバー」か印象に残った。しかし、ビジネスエリートが身につけるべきってタイトルが、電車の中で読んでると、いけすかない感、もしくはお前ビジネスエリートちゃうやろ感を醸し出してんじゃないかと、ヒヤヒヤしてしまった。

  • 週刊ダイヤモンド2017/11月号あたりの広告。


    内容紹介

    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    「美術史を知らずして、世界とは戦えない」
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    西洋美術史家・木村泰司氏がビジネスエリート必須の教養「西洋美術史」をわかりやすく解説。
    これ1冊で約2500年分の美術、そして関連する世界史の知識が身につく!

    日本人は絵画を「感性」で観るものととらえがちです。
    しかし、美術の背景には、各時代の歴史や価値観、文化、そして経済状況が表れています。
    つまり、美術を知ることは、世界的な教養を学ぶことでもあるのです。

    たとえば、古代の彫像がすべて裸だったのは、その時代の価値観が反映されているからです。
    また、有名な建築様式「ゴシック建築」には、当時のフランスの政治的なメッセージが隠されています。
    さらに、ルイ14世は絵画を絶対王政の象徴として、
    またナポレオンは自身のイメージ戦略にそれを利用しました。

    こうした美術の裏側に隠された歴史的な背景を知ることで、
    これまで以上に美術が楽しめることはもちろん、
    当時の欧米の歴史や価値観、文化など、
    グローバルスタンダードの教養も知ることができるのです。

    本書では、これら美術の裏側にある歴史的背景について、
    約2500年分を1冊に凝縮して解説していきます。
    これ1冊で、あなたもグローバルスタンダードの教養を身につけられるはずです。

    【もくじ】
    はじめに 美術史とは、世界のエリートの「共通言語」である

    第1部 「神」中心の価値観はどのように生まれたのか?
    なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか?/ローマ帝国の繁栄と帝国らしい美術の発達/キリスト教社会がやってきた/フランス王家の思惑と新たな「神の家」

    第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展
    西洋絵画の古典となった3人の巨匠/都市経済の発展がもたらした芸術のイノベーション/自由の都で咲き誇ったもうひとつのルネサンス/カトリックVSプロテスタントが生み出した新たな宗教美術とは?/オランダ独立と市民に広がった日常の絵画

    第3部 フランスが美術大国になれた理由
    絶対王政とルイ14世/革命前夜のひとときの享楽/皇帝ナポレオンによるイメージ戦略

    第4部 近代社会は、どう文化を変えたのか?
    「格差」と「現実」を描く決意/産業革命と文化的後進国イギリスの反撃/産業革命の時代に「田舎」の風景が流行った理由/なぜ印象派は、受け入れられなかったのか?/アメリカン・マネーで開かれた「現代アート」の世界

  • なぜ、古代の彫像は「裸」だったのか? カトリックVSプロテスタントが生み出した新たな宗教美術とは? なぜ印象派は受け入れられなかったのか? 西洋美術史家が、約2500年分の「西洋美術史」をわかりやすく解説する。

    はじめに 美術史とは、世界のエリートの「共通言語」である
    第1部 「神」中心の価値観はどのように生まれたのか?
    第2部 絵画に表れるヨーロッパ都市経済の発展
    第3部 フランスが美術大国になれた理由
    第4部 近代社会は、どう文化を変えたのか?

  • タイトルの通り。
    古代ギリシアから印象派までの西洋美術について、歴史的背景を含む的確な説明がなされている。内容は分かりやすくまとまっている。
    年表、作者、作品、様式などをまとめて図表で表現したページが欲しかった。あと、様式間の対立関係や継承関係が図になっていたら良かったかな。

  • その作品が生まれた背景、世相、作者を取り巻く社会込みのこういう美術史が知りたかった!

  • 数ある作品・芸術家からこれだけを選ぶ苦労は大変なものだったかと。例示した作品の解説はもうちょっとしてほしかったのでした。
    でも、この程度は学校教育でやってもいいのでは?と感じました。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=13644

全23件中 1 - 10件を表示

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」のその他の作品

木村泰司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
佐藤 雅彦
恩田 陸
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」はこんな本です

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」を本棚に登録しているひと

ツイートする