わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑

著者 :
制作 : 今泉 忠明  サトウ マサノリ  ウエタケ ヨーコ  海道 健太 
  • ダイヤモンド社
3.70
  • (35)
  • (48)
  • (49)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 781
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478104200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「絶滅」って、とても悲しいことだと思うんですが。
    絶滅した本人が、「なぜ絶滅に至ったか」「絶滅しないためにはどうすればよかったか」を語る設定になっています。
    イラストがまた絶妙。

    丸山貴史さんて、知識も豊富ですが、絶滅した動物の身になって発言させることができる天才だと思いました。
    すごく面白かったです!
    丸山さんのほかの本も読んでみたいです。

  • 命の終わりは「死」。
    種の終わりは「絶滅」。
    生き物のうち99.9%が絶滅したという理由を探る。
    絶滅しそうで、してない生き物も有り。
    別冊に絶滅全史有り。
    いやまあ地球のせいでの絶滅の凄まじいこと!
    大隕石の場合もありますが、その影響で自然環境ががらりと
    変化してしまう恐ろしさ。対応できないと絶滅まっしぐら!
    それでいて、絶滅と進化は背中合わせ・・・でも、進化の過程が
    おかしくなっての絶滅は、なんだか虚しい・・・。
    もちろん人間のせいでの絶滅もありますが、クニマスさんの
    「絶滅させたり 保護したり 人間は勝手なものだよ」には
    ドキッとさせられました。
    さすがに「ざんねんないきもの事典」コンビの本は面白い。
    児童書コーナーの本だけど、大人が読んでも楽しめます。

  • 絶滅の理由というのは、
    乱獲が多いのかなぁと思っていたが、
    これほど様々な理由があるとは。
    しかも、笑ってしまうような理由も多い。

    店頭で面白そうだと思い購入したが、
    イラストも可愛いし読みやすいし
    老若男女楽しめる本だと思いました。

  • 昨日お腹が痛くて絶滅しました

  • いろんな生き物の絶滅理由(と絶滅しなかった理由)をコミカルに解説する本。
    やや簡単に寄せすぎた感じあるけど、子どもに楽しく読んでもらうならこれくらいでもいいのか・・・。

    種の興亡なんて、一言で「これが原因~!」みたいに言っちゃうのちょっと怖いなあ(学習方向的に)。

  • 偶然なんだけど、「インフェルノ」からのこの本で、ますますぞっとしたし、これ笑えないなってなってる。
    この本自体はユーモラスにあふれていて、今度これ持って科博や恐竜博物館に行きたいなって思います。
    でも、人口増えすぎて酸素薄くなったとか食糧不足になったとか、「インフェルノ」で否認してたことが、ちょっと実感できたかも。
    この本を読んで人類絶滅に思考が行くとは思いもよらなかったけど、味わい深いです。

  • SF映画で地球に隕石が衝突するのを防ぐためにがんばるってのがありますよね。今まで隕石で人類滅亡するかよとどこか現実感無く見てたけど、うん、こりゃするわ、滅亡しますよと思いを新たにした。
    めっちゃ寒かったり酸素が薄かったことも過去にはあって、今人類が生きられるのはタイミング的に奇跡みたいなもんだなぁと思った。
    イクチオステガのイラストがかわいい。

  • まず「地球上にこんな生物がいたんだ!」と驚き、次に「こうやって絶滅したんだ!」と驚く。
    可愛いイラストと、笑いを交えた紹介文は、大人も子供も楽しめます♪

    この本を読むことで「絶滅と進化」を知ることが出来ました。
    そして「人間が関わった絶滅は、次の進化した動物を生み出さない」ということも。。。
    自然が引き起こす絶滅は、手の打ちようもないのでしょうが、せめて人が引き起こす絶滅は未然に防げるように、自然に優しい生き方をしたいですね。

  • 本屋さんのレシート見ると「児童書」となってました。そうですか。児童書でしたか。(^_^;) 内容はとてもゆるい感じで絶滅した動物の絶滅理由が解説されます。でも、最近絶滅してしまったものはともかく、何億年も前に絶滅した動物の絶滅理由なんて、けっこう「ホンとかこれ?」と思うようなものもあります。なかなか笑えるものもありますね。「おわりに」でもその辺が少し書いてありますが、いかんせん昔の話で情報が少なすぎる。そのへんはそういうものとして楽しむのが良い感じです。

  • 絶滅した生き物が、自分たちが絶滅した理由を説明していく。

    「人間が狩りつくした」とか「人間が持ち込んだ」とか
    意外と人間が原因で絶滅した生き物がいて驚く。

    プラティベロドンとか、オパビニアとかは
    進化の方向性が謎すぎて好き。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

編集者

「2018年 『水辺の外来生物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑のその他の作品

丸山貴史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
三浦 しをん
エラ・フランシス...
米澤 穂信
今村 昌弘
宮下 奈都
原田 マハ
三浦 しをん
恩田 陸
アントニオ・G・...
有効な右矢印 無効な右矢印

わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする