グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則

  • ダイヤモンド社
3.62
  • (3)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478104293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 為になった。
    何より一緒に購入したムダゼロ会議とほとんど内容が一緒だった。
    精度の高い会議を突き詰めると同様の結論に辿り着くとよく分かった。

  • 驚くような突飛な提案はない。逆にいえば、メンバー全員にこの本を読ませておけば、あるべき標準的な会議の共通認識は持てるかな、という感じ。

    会議は、その会社の文化が色濃くでるので、なかなか変わりにくいもの。コロナの影響の副産物としてこのあたりも変わってくるといいね。

  • だいたいイメージ通り。目次がメッセージなので目次だけでも十分です。

    ■重要なもの。
    ・会議のゴールは「決める」「生み出す」「伝える」「つながる」の4つ
    ・ブレストこそしっかり準備、例)新しいビジネス開拓→「自分が誇りを持ってした仕事」がわかる資料(ファクト)を用意してください
    ・アジェンダはオペレーショナルか創造的かでわけて、時間都合、オペレーションを前にもってくる
    ・あえて全員に発言させてからスタートする、一言ずつ
    ・冒頭に前提を設計し、恐れをつみ取る
    ・質問は常に状況を明確にするものを投げる

  • 上司から突然読めと言われて、渡された本。
    おそらく、彼はこの会社を変えたいのだと思う。そして、仲間を増やしたいのだろう。
    実りのある会議を行うために。
    良本。

  • 会議にとどまらず、チームで活動するときにおいて、いかに心理的安全性を作り出せるかということの重要性を説いている。ときにユーモアだったり、軽妙な言葉のやりとりがその場の空気を創り、集団をリラックスさせる。結果として議論が活性化され質の高いアウトプットにつながるという話も。

    一方、会議やミーティングに参加したということは自分の意見を発言する機会をもらったということ。だからこそ、議論を尽くしたあとは、たとえ個人的には賛成できなかったとしても、成功につながるように全力でコミットすることが参加者一人ひとりに課せられた使命ということを忘れてはいけない。

  • 項目のタイトルだけだが、気になったのは次のとおり。
    会議のゴールは、「決める」「生み出す」「伝える」「つながる」の4つしかない。
    締切を「次の会議まで」と設定してはいけない
    「会議の進め方」自体をアジェンダにしろ

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

プロノイア・グループ株式会社代表取締役、株式会社TimeLeap取締役。連続起業家、投資家、経営コンサルタント、執筆者。ポーランド出身。
モルガン・スタンレーを経て、グーグルでアジアパシフィックにおける人材育成と組織改革、リーダーシップ開発などの分野で活躍。2015年に独立し、未来創造企業のプロノイア・グループを設立。2016年にHRテクノロジー企業モティファイを共同創立し、2020年にエグジット。2019年に起業家教育事業のTimeLeapを共同創立。
ベストセラー『ニューエリート』(大和書房)ほか、『0秒リーダーシップ』(すばる舎)、『PLAY WORK』(PHP研究所)など著書多数。

「2020年 『パラダイムシフト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピョートル・フェリクス・グジバチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

グーグル、モルガン・スタンレーで学んだ 日本人の知らない会議の鉄則を本棚に登録しているひと

ツイートする
×