絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方

  • ダイヤモンド社
3.25
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 57
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478105610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己分析するのにとてもおすすめの本。

    しかし、一回では足りない。何度も繰り返して行うことで、自分では今まで気づいていなかった気づきがたくさんある。


    私は面接対策と、この本を繰り返し行うことで自己分析を行なった。

    自己分析だけではなく、就活自体のモチベーションを上げてくれるものでもあるため、個人的にはすごく自分のためになった本だと思う。

  • 自分の人生でやりたいことは何なのかを究極に突き詰める本。就活本としては毎年上位にランキングしている。半分が講義パート、半分が実際のワークパートで構成されている。自分が本気でやりたいことは何なのか、就職活動を始める前に手に取ってほしい一冊。分厚いので、読破するのには時間を要する。何回も繰り返すことが重要であると著者は主著している。

  • 少し暑苦しい内容で、書くことや考えることが沢山ありますが、全て今に繋がっており役立っています。

  • 【請求記号】377.9|S|2020
    【配架場所】進路・資格
    【OPACへのリンク】https://opac.seisen.ac.jp/jhkweb_JPN/service/detail.asp?MAINKEY=1+++076524&SID=3i8A672&MTLNO=1&RECNUM=1

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=290587

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

(株)ジャパンビジネスラボ創業者、我究館、プレゼンス創業者・元会長。1963年東京都生まれ。慶應義塾大学理工学部管理工学科卒。米国ハーバード大学ケネディ行政大学院修了(MPA)。88年、住友商事入社。損害保険会社に転職し、経営戦略と人材育成・採用を担当。90年、シャインズを結成し、『私の彼はサラリーマン』でCDデビュー。92年、(株)ジャパンビジネスラボ及び「我究館」を設立。就職活動に初めて“キャリアデザイン”の概念を導入し、独自の人材育成「我究(がきゅう)」を展開。94年『絶対内定95』を上梓。98年、我究館社会人校を開校。2001年、TOEIC(R)/TOEFL(R)/英会話/中国語コーチングスクール「プレゼンス」を設立。08年にハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員に就任、日米の雇用・教育問題と政策について研究。11年8月急逝。
著書は「絶対内定」シリーズ(ダイヤモンド社)、『アツイコトバ』(一部電子書籍はダイヤモンド社より発行)等。

「2021年 『絶対内定2023 面接の質問』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉村太郎の作品

絶対内定2020 自己分析とキャリアデザインの描き方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×