組織開発の探究 理論に学び、実践に活かす

  • ダイヤモンド社
4.33
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478106440

作品紹介・あらすじ

組織開発とはなにか。なにをきっかけに生まれ、いかなる変遷を経て発展してきたのか。本書では組織開発の思想的源流をデューイ、フッサール、フロイトに求め、そこから今に至る100年の発展の歴史を跡づける。さらに現在の組織開発のさまざまな手法を解説し、5社の企業事例を紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「組織開発の探求」というタイトルだけど、内容的には、「組織開発の歴史」という感じの内容が大部分だな。

    これが、でも実に目から鱗がポロポロと落ちまくる内容。

    なんとなく、こんなもんだろうと思っていたことが、どういう哲学、心理学的な背景をもちつつ、また世の中の状況とか、企業環境とか、経営学の流れともシンクロしながら、発展、変化してきたかがとてもクリアにわかる。

    それは、単に知的に「組織開発」の歴史が理解できてスッキリした以上のものがある。

    自分がこれまで、なんとなくそういうものだと思ってやってきた「作法」が、先達のどういう志や思想、知恵、努力の積み重ねの上に成立してきたものかが、わかって、感謝しかない。

    やっぱ、一つひとつのことをなぜそうするのかを深く「探求」したうえで、やっていこうという思いをもった。

    そういう意味では、まさに「探求」の本だな。

    そうしたオリジナルな知恵・ツールを尊重すると同時に、本に書いてあることをそのまま現場に持ち込むことの危険性も言及してある。わたしはどちらかというと、「あえて」本に書いてある通り、あまりアレンジせずに一度やってみて、どうなるかを見てみる、というやり方をやっている。つまり、日本とか、会社の状況を「忖度」しすぎると、もともとのツールのパワーが落ちてしまう気がしているから。。。

    でも、今後、もうちょっとこの辺の応用は柔軟にしないとな。。。。

    あと、組織開発は、人間的なソフトな側面にフォーカスするものではあるけど、経済的なハードな側面との関係にも意識を向ける必要も書いてあって、ここは全くそうだと思うな。

    全体と部分、ハードとソフト、定量と定性、まさにインテグラルに捉えて、どう進めていくかを考える必要があると思う。

    それにしても、この本の日本の状況に関する議論とか、ケースを読んで、アメリカの状況との差に暗い気持ちになり、さらに自分の状況とを比較して、最後は、暗澹たる気持ちに落ち込んでしまった。

    というのは、個人的な問題で、この本は、本当にすばらしい。

    組織開発に関心のある人、全ての必読書だな。

  • 組織開発において、実践者として手法やテクニックではなく、その背景や思想を理解したうえでマインドセットを持つことの大事さがヒシヒシとわかる本。
    人材開発と組織開発の第一人者同士の共著というのもあって、隣接する分野のつながりも理解しやすく書かれている。思想や理論を読んだ後に実践編の具体例を読むと、冒頭に書かれていた風呂敷のニュアンスがよくわかった。その組織に合う形に落ち着くまでコツコツ対話を重ねて、その流れを積み重ねるのが重要だと胸に刻みます。

  • 組織開発の基本理念、歴史、代表的な手法が分かりやすく書かれている。組織開発の全体感をまず学ぶには良い本でした。

  • リソースに満ちている

  • 東2法経図・6F開架 336.3A/N33s//K

  • 組織開発っぽいことに関わっている人には必読の書。
    視覚会議はおもしろそう。

  • 読了

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

立教大学経営学部教授

「2020年 『サーベイフィードバック入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原淳の作品

組織開発の探究 理論に学び、実践に活かすを本棚に登録しているひと

ツイートする