なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.50
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 116
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478106853

作品紹介・あらすじ

【その停滞感には「意味」がある。】「勉強家なのに知的さがない…」「読書家なのに説得力がない…」「経験は豊かなのに頼りない…」残念な人と一流の人、その差は紙一重――。入社1年目からマネジャー・シニア社員までが知っておくべき、何歳からでも人生を拓く「能力開発」の極意とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田坂さんらしい書き方で、わかりやすく共感できる本
    自分にとって壁になっているのは何か
    最近よく目にするシンクロニシティ
    多重人格については自分もそうだなと思う。

  • 近道は無いんですかいな。深夜の反省やります。

  • タイトルが面白くて手に取っても増したが読んでみてなるほど、でした。

    もともと出来ていないことならば謙虚に頑張れるが、出来ていること、もしくは出来ていると思っていることはどうしても我が出てしまいがち。

    自分自身を客観的に評価することはとても大事ですね。

  • そもそもこんな本を読んでいるということは、自分を優秀だと思っているのか!?と言われてしまいそうで恐縮ですが…

    成長を止めてしまう7つの壁と、それを越えるための技法を説いている本。

    第1の壁:学歴の壁 →棚卸しの技法
    第2の壁:経験の壁 →反省の技法
    第3の壁:感情の壁 →心理推察の技法
    第4の壁:我流の技法 →私淑の技法
    第5の壁:人格の壁 →多重人格の技法
    第6の壁:エゴの壁 →自己観察の技法
    第7の壁:他責の壁 →引き受けの技法

    思い当たることは多々あるものの、そんなこと言われてもなーというのが大半…

    例えば、人格の壁。昔から八方美人だ、批判を避けているだ言われてきており、よく言えば裏表ないのだろうが、ある程度の対立を覚悟することもこれから必要だ。

    また、引き受けの技法。会社でよく、全て自責で考えろという話を聞いてきたが、それが過ぎればすぐに潰れてしまう。

    最後に、成長を止めてしまうのは、自分はこんな人間だからという自己限定の意識にあると。そしてこれを解き放つのが死生観を定める=もし今日が人生最後の日であればと大切に一日一日を生きる、にあるという。

    まずは自己観察の技法で、日記でもつけながらしっかり自分の感情に向き合うところからだろうか。

  • ・新しさのない内容で、田坂さんの本はテーマを見極めて1冊ぐらい読めばいい気がする

  • なるほどと頷ける部分もあり、そうか?と首をかしげる部分もあり。
    文章はわかりやすくてよい。

  • 上司からのおススメ本。
    読んでよかった。

    決して、ワタクシ、「優秀な人」ではありませんが、本書を通じ、人の成長を阻む7つの要因(本書では「壁」という)の存在を改めて整理・認識でき、その壁を乗り越えるための技法に触れることができました。

    あとは実践あるのみ。 地道にコツコツと。

  • 基本的な仕事の心構えについての本。 中堅の部下に読ませるべきか。 ただし本当に優秀なら必要なさそうな内容だけど。

  • 《優秀な人ほど、成長が止まってしまう》

    優秀な人ほど陥りやすい3つの落とし穴

     「学歴」という落とし穴
     「実績」という落とし穴
     「立場」という落とし穴

    この落とし穴から抜け出してさらなる成長に向かうための「7つの技法」を紹介する

    《あなたが、人生を拓き、素晴らしい道を歩まれることを、心より、祈っています。》

  • 今の私に必要な本。
    ふと気づけば、自己啓発の類かもしれないし、過去に読んだ自分の箱に囚われるな、という話なのかもしれない。

    でも、繰り返し思い返され、未熟さに改めて気付けるのがまた良いのです。

    似たような本とか、どっかで聞いたとかでなくて、この本にあることができているのか、前回読んだ時から自分は何か変われたのか?そういったことを問う機会として、心に戒めたい。

    まずは反省日記から。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多摩大学大学院教授

「2018年 『深く考える力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法のその他の作品

田坂広志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
フィル・ナイト
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか ― 何歳からでも人生を拓く7つの技法を本棚に登録しているひと

ツイートする