東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.41
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 103
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478108352

作品紹介・あらすじ

◎「お金のムダ」「時間のムダ」を恐れると子どもの学力は育たない

子どもが生まれてから大学受験するまでの18年間、子どもに徹底的によりそい、
絵本の購入、習い事、塾の費用、学校の授業料、参考書の購入など、
できる限りの「お金」と「時間」を使ってきた結果、4人の子どもは東大合格。

子どもの未来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する著者が、
その秘密を全公開!

◎「私は子育て職人」

3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類に合格させた佐藤ママは、
0歳から18歳の大学入学まで限られた18年間を全力でサポートするため、
お金も時間も惜しまなかった。

長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わると同時に、
3歳まで「絵本1万冊、童謡1万曲」の読み聞かせ、歌い聴かせという目標を掲げた。

絵本300冊をまとめ買いして、専用の本棚を手作り。
図書館も活用し、家族で一度に30冊以上借りていた。
そうやって毎日コツコツ読み聞かせ、歌い聴かせて、目標を達成した。

公文式だけでなく、スイミングやバイオリン、ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円かけていた。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。

◎参考書を10冊買って9冊捨てる覚悟。そのムダが活きる

参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
10冊あったから1冊を選べたと思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。

「お金のロスを恐れたら子どもは育たない」

3男1女全員を東大理三へ導いた佐藤ママの“お金道”は、
ものすごい説得力と学びに満ちている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 息子3人娘1人を東大理3に現役合格させた佐藤ママの本。
    18年間は子育て職人としてすべてをささげると決意したとのことで。4時半起床で弁当を作り、夜は子どものノートづくりとうサポートののち2時に寝るという生活。
    食事は完全に手作りで市販の総菜は使わないという徹底ぶり。
    奈良駅→兵庫灘→大阪鉄録→奈良という移動を日常的にしていた息子さんもすごい。(片道2時間w)
    でもこれだけ子育てに没頭できる(子どもも拒否せずに受け入れてくれる)のは幸せな時間だったのだろうな。

  • さくっと読んだ。共感できることが多かったので取り入れてみようと思う。塾などの情報もまとめられていたので忘れた頃に読み返してみても良いかも。

  • すでに佐藤ママの本を何冊も読んでいるので、
    新しい情報はあまりない。

    ただ、
    親の「サポートでコスパアップ」
    塾などに丸投げせず家でのサポートをしないと塾代の無駄になるという意見にはギクリ❗️

  • 佐藤ママの教育メソッドに加え、凄いなー、と感じるエピソードがこの本にもありました。

    まず、子育て中は、ふとんの中の睡眠は二時間半!!こどもを車で迎えに行った車中で仮眠。そういう状況に不満も持たず「3時間睡眠のナポレオンよりも凄いでしょ!」と自慢するポジティブさ。

    子育てにお金をかけすぎかな…と思った時は奈良の東大寺や法隆寺を思い浮かべながら「優れた文化財は手を抜くことなくつくったから現代にまで残っているのだ」と考えられる思考パターン。

    江戸時代だったら確実に将軍家の乳母が務まる方でしょうね(笑)。

    佐藤ママは、これからも目が離せない存在です。

  • 章立てもよく実際の勉強部屋の写真も掲載されており読みやすい。
    三男一女全員東大というご本人の特殊性はさておき
    徹底した学習や生活のサポートについて、その着眼点が細やかでやることは大胆。すげえの一言。
    受験会場付近のホテル予約や会場までの付き添いもするとは過保護では、と思ったが「受験生に受験以外のストレスを感じさせないため」とのことで、一見過保護に見える佐藤ママの各種テクニックに納得がいった。
    「時間とお金の使い方」と表題されているも、使うところに使いまくっており「少ないお金でなんとかしたい」という思いで読むのはおすすめしない。
    また最盛期の睡眠時間2時間半とのエピソードがあり「時間の使い方」への処方箋があるわけでもないのが惜しい。
    しかし全体的には、今ある資源(教育費、生活費、学習資源、子どもの体力及び保護者の体力)を俯瞰し子どもの教育にどう取り組むかを考えるにあたって読むには損はない。

  • 子供のときにつけるべき習慣は何かを意識しておくことが大切だと思った。
    親を見て育つのを意識しておくことが大切だと思った。

  • 今、子育ての中では断トツで有名な佐藤ママ。今までに2冊読んでいましたが、気になっていたお金と時間にフォーカスした本だったので読んでみました。

    初めの方で、妊娠中に小学校の教科書を全学年・全教科を買っているというところが、驚いてしまいました。
    その後も終始、潔いお金の使い方です。

    子供を4人も育てながら、勉強もしっかり見ていた時間のやりくりが気になっていましたが、時間軸で書かれていました。
    4時半起きでお弁当を作り、バラバラの時間に帰ってくる子供たちのために、夕方は何度も迎えに行き、寝るのは午前2時。本には細かいスケジュールもあります。
    専業主婦は自己実現などで悩みがちですが、佐藤ママは子育て職人として堂々と妥協せず生きてきた姿が見えます。かっこいいです。
    コラムにも、周りに振り回されないためのアドバイスがありました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

大分県出身。津田塾大学卒業。大分県内の私立高校で英語教師として勤務。結婚後、夫の勤務先の奈良県に移り、専業主婦に。長男、次男、三男、長女の4人の子どもを育てる。長男、次男、三男は灘中学・高等学校を経て、東京大学理科三類に進学。長女は洛南中学・高等学校を経て東京大学理科三類に進学。現在、長男と次男、三男は医師として活躍。長女は東京大学医学部の学生。その育児法、教育法に注目が集まり、進学塾の浜学園のアドバイザーをつとめながら、子育てや勉強、受験をテーマに全国で講演を行う。
著書に『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』『佐藤ママの子育てバイブル』(いずれも朝日新聞出版)『頭のいい子に育てる3歳までにぜったいやるべき幼児教育』(東洋経済新報社)ほか。

「2021年 『我が家はこうして読解力をつけました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤亮子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山崎 聡一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×