テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.83
  • (12)
  • (17)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478108864

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 基本的には資本が多ければ、研究費も多い。
    都市に人が集まれば、市場は活発になり、資金の流動性も上がる。

    インドと中国。
    この二つの国は、今まさに資本が入り、都市に多くの人が流入している。
    何も考えなくとも、普通に年月が流れれば、
    成長しかない国だろうと感じた。

    未来年表では2025年には東京の人口も減少していくという。
    日本という国でも、地方というフロンティアに技術で橋がかけれれば、
    もう一度世界と戦うことができると思った。

    そしてもう一つの未来を考えてみる。

    これまで地方から都市という移動だったかもしれない。
    この事実を線形伸ばすだけで、
    これからは国から国への移動がより活発になることが容易に想像できる。

    さらに非線形で考えれば、
    国の移動ではなく、
    現実と仮想の空間を行き来するのも十分あるなと思った。

    (以下抜粋)
    ○いまからたった60年前には、世界の人の7割が地方に住んでいた。
    それが徐々に都市に流れて行き、2007年には都市人口と地方人口が均衡した。そして今後たかだが40年で、中国やインドやアフリカなども含めて全地球上の人の7割が都市に住む世界になる。(P.65)
    ○フェイスブックが解決している問題とは何か、それは端的に言うならば、豊かになった現代人類が世界共通にさいなまれる二大プロブレム、すなわち「暇」と「孤独」である。(P.228)

  • 特にアジアのスタートアップ業界に造詣の深いキャピタリストである蛯原さんの著書。
    日本にいて新聞や雑誌の記事を読んでいるだけでは培えないような視点を提供してくれてありがたい。
    ・インターネットの中で最も革新されたのは広告業界
    ・LiBと2G方式という2つの異なる技術の組合せが革新を生み出した(LiBの原型は1983年に開発済み)。技術が進化していることと産業・社会が大きな問題を抱えていることの両方が革新に必要
    ・2017年に東南アジアのスタートアップが調達した資金は合計で9,000億円程度だが、そのうちの85%はユニコーン企業4社が調達
    ・VCはスタートアップの主役ではない。アーリーではまだ主役の一角ではあるが、レイトステージでは脇役。上場と未上場の境界があいまいになり、アーリーステージの投資家にはレイトステージがエグジットとして機能する時代へ
    ・世界中の都市が発展し、中心部は新興国も先進国も変わらない時代。一方、地方との格差は拡大
    ・Facebookの計算しつくされたタイムラインは、ユーザをいかに長く画面に滞在させられるかを考えている
    ・2016年の全米オンライン広告費における前年からの伸びの99%をGoogleとFacebookだけで占めた。Facebookは圧倒的に広告の投資効果が高い
    ・Facebookは本人より本人を知り尽くした、地上最も優れた個人情報の収集装置。それ故に巨大な影響力を持つ
    ・ザッカーバーグは、法的な争いで勝てても社会的に負けてしまうことに気づき始めた
    ・米印中は一級都市を10以上有する。そのような国はこの3大国を除いてない。プライメイトシティを有さない
    ・中国におけるスタートアップの中心は深圳ではなく北京
    ・太平洋戦争において各国が奪い合ったのは石油だが、現代の国家が奪い合っているのはテクノロジー
    ・強制技術移転により成長を謳歌してきた中国企業は、中国企業であることのディスアドバンテッジがアドバンテッジを上回る局面になってきた
    ・Facebookが解決している問題は、「暇」と「孤独」
    ・ビルゲイツ「我々はこの先2年間に起きるであろう変化を過大評価しすぎる。一方、この先10年間に起きるであろう変化を過小評価しすぎる」

  • 素晴らしい本だった!なにより基礎的な考え方から理論がまずあり、後半に向けてオンゴーイングな米中テック冷戦や、GDPRを巡る欧州 VS GAFAの今日的地政学のホットイシューに焦点がスライドしていく構成が気持ちよかった。

  • スタートアップを含むテック業界を巡る現況、米中欧のパワーバランス、インドや中国などスタープレーヤーの環境について、と網羅的に幅広く記述されており、勉強になった。

    スタートアップブームが生じている理由として、イノベーション至上主義(社会変化のスピード・インパクトよりも自らの変化が小さい場合は負けるというドグマ)と過剰流動性(金あまりにより機体収益が低いアセットクラスへ落ちてきたこと)が挙げられている。
    リーマンショック後の10年間でスタートアップの企業評価額の中央値が5倍になっているという話は面白い。

    一方で、本書は2019年8月に第1刷が出ているが、既に状況は変わり始めているように感じることが、この業界の展開の速さを如実に表しているように思う。
    WeWorkに見られるようなスタートアップ企業への疑念、コロナウイルスを経て表面化してきたGDPRにおける個人情報の扱いに対する議論、など...。

    ただし、本書は業界の地図を示しているだけではなく、こういった思考を持つことの必要性を説いている。
    データに関する企業・国家の戦略、IoTプロダクツを利用した現実世界のIT化等、今後より一層重要性を増してくるのは間違いないので、引き続き勉強していきたい。

  • デジタルトランスフォーメーションだ

  • 社会や国際関係、歴史をテクノロジーという切り口から覗く本。新刊のため、直近のテクノロジー動向も把握できる。なぜ欧州がデータ保守主義に走っているか、なぜインドや中国がテクノロジー大国と化したがよく分かった。テクノロジーを学んでいるからこそ活きる。
    ただ、タイトルから想像してたフワッとした概念的な話ではなく、具体的な話であり、真面目に読むには辛かった。

  • ## 感想
    - テクノロジーそのものではなく、どのように世界や企業が動いているのかをテック面から考える、というアプローチの本。
    - インドの話は印象的。数学に強い文化、ITならカーストを乗り越えられる、外に出ることに抵抗がない、みたいな色んな要素が今のインドを作っているという話。

    ## メモ
    - テクノロジー思考=あらゆる事象にテクノロジーが関与している現代において、テクノロジーの影響度に焦点をおいた思考アプローチ。
    - 2018年、スマホの出荷台数がゼロ成長に。インターネット産業は成長産業ではなくなった。次はインターネットの外がくる。 
     - 米国19年1月時点のスタートアップ時価総額はUber,Wework、Airbnb。どれも非インターネット。
     - 外では、金融が真っ先に来たが、今はモビリティとヘルスケア。次いでバイオ・医療。
    - 世界人口が地方から年経移動していることを都市化(アーバナイゼーション)という。
     - 今は5割が都市にいる。7割にするまで40年かかる。しかしスマホは10年で40億人に行き渡る。つまり都市化をテクノロジーが抜く。
    - GDPR、マルグレーテベスタエア。市場の独占、税金、個人データ保護、の3つを、GAFA等に突きつけているすごい人。
    - インドめちゃめちゃ伸びてる。
     - BPO先と思ってたらダメ。

  • 「テクノロジー思考」というタイトルだけど、どちらかというと「テクノロジーの世界地図と現代史」という印象でした。論旨がわからず途中から読み飛ばしてしまった。著者が投資家なのもあってか、投資や経済に関する教養がないとついていけない。あと全体的にサスペンス的な書き方なので、読んでいて不安になってくる。
    とりあえず、テクノロジー(を持った企業や国家)がもたらす脅威と可能性をざっくり感じることはできたかな。じゃあ、明日からどうする?ということで言えば、最後にも書いてある通り「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」というアランケイの言葉に集約されるだろう。

  • 現代のニュースの整理としては良くできているとは思いますが、『テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」』というタイトルからすると、それほど内容のあるものにはなっていないような気がします。
    文筆という面では、それほど得意な方ではないのかも。
    ということで、タイトルからの読者の期待値という観点で評価は厳し目にしました。

  • 現代を生きるにあたって知っておくべき内容が多い。
    特に、米中インドのこれまでの発展とこれからについて。

    残念なのは、著者の主張がなんなのかわからないこと。
    一つの本につき一つくらいの大きな主張が強調されていないと読みづらい。

全22件中 1 - 10件を表示

蛯原健の作品

テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」を本棚に登録しているひと

ツイートする