世界標準の経営理論

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.67
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 466
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (832ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478109571

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「世界標準の経営理論」というタイトルで、800ページ以上の大著。

    これを読むのは大変だな〜と、1日1章づつ読むか〜という作戦を立てたのだが、面白くて、1日数章づつ読んでしまい、だんだん加速して、最後は1日1部づつという感じで、10日くらいで読了!

    10年くらい前に経営学は「もうわかった」つもりになったのだが、それは合理性をベースとした経済学ディシプリンのものであったことに気づき、人や組織関係、つまり心理学ベースのディシプリンを読み始めた。

    で、最近、心理学ベースのものも「わかった」つもりになり、経営学の本を読むのはもうやめようと思っていたところに、この本がやってきた。

    この本は、経済学ディシプリン、心理学ディシプリンに加え、社会学ディシプリンの研究が紹介してあるところが新鮮。

    そしてなにより、共著ではなくて、単著でさまざまなディシプリンの理論が紹介されているので、単なる寄せ集めではなくて、理論相互の関係性がとてもクリアに書いてある。

    一つひとつの理論の解説は短いのだが、とても本質的だし、知的で、かつ読みやすい。もう経営学の本は、これだけあればいいんじゃないと思うほど。

    ここで、「標準理論」と認定されている以外にも、コッターの変革理論とか、結構、有名な「理論」はある気がするのだが、一般的な認知と経営学会での認知には差があるんだな〜と思う。

    (いろいろなディシプリンが扱われているといっても、実証科学の範疇で、「社会構成主義」とか、「ディスコース」みたいな話はさすがに入ってない)

    さんざん理論を紹介したあげく、最後は、経営理論を信じてはいけないという話に展開するところが、なんだか素敵!

    そうそう!

    理論に当てはめれば正解がでるわけではない。が、なんにも知らないと結局のところ自分の狭い経験のなかでしか考えられなくなるわけで、理論は、より先を考えるために必要な思考の軸なのだ。

    ちなみに、なぜか「ティール組織」の話が途中ででてきて、当然、この本ではそれは「理論ではない」のだが、結構、好意的に取り上げられているのが意外だった。

    「ティール組織」の要約には、やや誤解がある気もするのだが、細かいところは置いといて、「ゴーイング・コンサーン」としての企業ではなくて、「死ぬことが前提」という企業というあり方もあるのではないかという話に繋がっていくところは、とても共感した。

    その企業が果たそうとしているミッションが達成されれば、その企業はなくなってもいい。

    企業という組織中心ではなく、ミッション、プロジェクトをベースとした人間中心のあり方を考えれば、そうなるよね。

  • 経営学者である著者が世界の主要な経営理論30をセレクトし、各理論の概要が実ビジネスにおける示唆をまとめた解説書。

    これまでにこうした1冊はなかった、という著者の言葉通り、これは大変な労作であり、かつ極めて内容が整理されており、驚くほどに分かりやすい。800ページを超える大著であるが、あまりに面白くて1日で読み終えてしまった。

    本書のアプローチは「個々のビジネス現象にどう経営理論が役立つのか」という現象ドリブンの発想ではなく、「経営理論がどう個々のビジネス現象に役立つのか」という理論ドリブンの発想である点に特徴がある。そもそも経営理論とは、個々のビジネス現象の観察から、一般化/仮説化と科学的な検証のプロセスを経て構築されたものであり、一定の汎用性を持つものである。こうした経営理論は多様なビジネス現象を解き解す際の”思考の補助線”として重要な役割を果たす、というのが著者の主張であるが、実際に読み終えてみると、その主張は非常に納得感がある。

    実際、本書を読みながら考えていたのは、自身が5年間の経営コンサルティングの仕事で関わってきた多数のプロジェクトのことであった。現在扱っているプロジェクトについて、このような考え方を援用すると、こういうアプローチがあるのでは?、ということを考えながら読めたのは非常に楽しく有益な体験。ぜひ今後も手元に置いて、定期的に読み返してみたい。

  • あまりに分厚くお値段もするので、先ずは図書館で試し読み。序章と1つのSCPのみ読んだ感想は読み応えあり、また分かりやすく書かれておりかなり面白い。普段の持ち運び等考えて、kindle版をサクッと購入した。時間をかけてじっくりと読み込みたい。

  • 面白い”

  • まさにStart with Why!

    890ページ、「60万字という、とてつもない大著」と著者自身が述べているように、数日レベルで読める本ではないが、単に理論を概説するにとどまらず、そうした理論が生まれた背景を説くスタイルは学びの役に立つ。

    「世界標準の経営理論」ダイヤモンド社、入山章栄著

    1日1冊番外編

    https://amzn.to/2S9szNZ

  • 経営理論をどのように実践に活かすかということを考える思考の軸を与えてくれる。
    例えば、昨今のオープンイノベーションやコンソーシアム化の流れもTCE理論で説明できるのだろうか?なら旧態依然とした企業は取り残されてしまうのも必然か。

  • 東2法経図・6F開架:335.1A/I64s//K

  • 数多ある経営理論のうち、長年生き残る「標準理論」を体系的にまとめた大著である。SCP理論、ゲーム理論、ダイナミック・ケイパビリティ理論等々、フレームワークとは異なる思考の“軸”となるものを解説する。


    【第1部 経済学ディシプリンの経営理論】
    第1章 SCP理論│ポーターの戦略」の根底にあるものは何か
    第2章 SCP理論をベースにした戦略フレームワーク│ポーターのフレームワークを覚えるよりも大切なこと
    第3章 リソース・ベースト・ビュー(RBV)│バーニーの理論をようやく使えるものにしたのは誰か
    第4章 SCP対RBV、および競争の型│ポーター vs. バーニー論争に決着はついている
    第5章 情報の経済学1│「悪貨が良貨を駆逐する」のはビジネスの本質である
    第6章 情報の経済学2(エージェンシー理論)│人が合理的だからこそ、組織の問題は起きる
    第7章 取引費用理論(TCE)│100年前も現在も、企業のあり方は「取引コスト」で決まる
    第8章 ゲーム理論 1│この世のかなりの部分はゲーム理論で説明できる
    第9章 ゲーム理論 2│我々は人を「無償」で信じるか、それとも「合理的な計算」で信じるか
    第10章 リアル・オプション理論│不確実性を恐れない状況は、みずからの手でつくり出せる

    【第2部 マクロ心理学ディシプリンの経営理論】
    第11章 カーネギー学派の企業行動理論(BTF)│経営理論は名経営者の教訓を裏付ける
    │column│アッパーエシュロン理論
    第12章 知の探索・知の深化の理論1│「両利き」を目指すことこそ、経営の本質である
    第13章 知の探索・知の深化の理論2│「両利き」は戦略、組織、人材、経営者のすべてにおいて求められる
    │column│その他のレベルの「両利き」の研究
    第14章 組織の記憶の理論│日本企業が「組織の記憶力」を取り戻す術は何か
    第15章 組織の知識創造理論(SECIモデル)│これからの時代こそ、「野中理論」が圧倒的に必要になる
    │column│ナレッジ・ベースト・ビュー
    第16章 認知心理学ベースの進化理論│組織の成長は「進化するルーティン」で決まる
    第17章 ダイナミック・ケイパビリティ理論│企業が変わる力は組織に宿るのか、個人に宿るのか

    【第3部 ミクロ心理学ディシプリンの経営理論】
    第18章 リーダーシップの理論│半世紀を超える研究が行き着いた「リーダーシップの境地」
    │column│その他のリーダーシップ視点
    第19章 モチベーションの理論│半世紀を超えてたどり着いた新時代のモチベーションとは
    第20章 認知バイアスの理論│認知の歪みは、組織で乗り越える
    │column│マインドフルネス│
    第21章 意思決定の理論│意思決定の未来は「直感」にある
    第22章 感情の理論:感情のメカニズムを理解してこそ、組織は動き出す
    第23章 センスメイキング理論│「未来はつくり出せる」は、けっして妄信ではない

    【第4部 社会学ディシプリンの経営理論】
    第24章 エンベデッドネス理論│ソーシャルネットワークの本質はいまも昔も変わらない
    第25章 「弱いつながりの強さ」理論│弱いつながりこそが、革新を引き起こす
    第26章 ストラクチャル・ホール理論│「越境人材」が世界を変える、そのメカニズムとは
    第27章 ソーシャルキャピタル理論│リアルとデジタルのネットワークで働く、真逆の力
    第28章 社会学ベースの制度理論│「常識という幻想」に従うか、活用するか、それとも塗り替えるか
    第29章 資源依存理論│小企業が大企業を抑え、飛躍する「パワー」のメカニズム
    │column│ 産業連関表
    第30章 組織エコロジー理論│変化の時代にこそ不可欠な「超長期」の時間軸
    第31章 エコロジーベースの進化理論│生態系の相互作用が、企業進化を加速する
    第32章 レッドクイーン理論│競争が激化する世界で、競争すべきは競争相手ではない

    【第5部 ビジネス現象と理論のマトリックス】
    第33章 戦略とイノベーションと経営理論│近未来に戦略とイノベーションは融合し、理論も重層化する
    第34章 組織行動・人事と経営理論│これから人事がさらに面白くなる、5つの背景
    第35章 企業ガバナンスと経営理論│あるべきガバナンスを考え抜く時代に、必要な理論は何か
    │column│企業倫理と経営理論
    第36章 グローバル経営の理論│「国境」の本質を見直すことが、グローバル経営の未来を映し出す
    第37 章 アントレプレナーシップと経営理論│アントレ領域が拡張する未来に、起業家をどう育てるべきか
    │column│ 起業家の個性・特性に関する実証研究
    第38章 企業組織のあり方と経営理論│「5つのドライビングフォース」が示す、未来の企業組織の姿
    第39章 ビジネスと経営理論│現代の経営理論はビジネスを説明できない

    【第6部 経営理論の組み立て方・実証の仕方】
    第40章 経営理論の組み立て方│ロジックの賢人ほど、「人とは何か」を突き詰める
    │column│さらに知っておくべき理論構築のチェックポイント
    第41 章 世界標準の実証分析│ビジネスの実証分析は想像以上に身近で、とてつもなく深い

    終章 経営理論のさらなる視座│経営理論こそが、あなたの思考を解放する

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

入山 章栄(イリヤマ アキエ)
早稲田大学ビジネススクール准教授
1972年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で主に自動車メーカーや国内外政府機関へのコンサルティング業務に従事した後、2008年にピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールのアシスタントプロフェッサーを経て、2013年より現職。専門は経営戦略論、国際経営論。主な著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)のほか、Strategic Management Journal、Journal of International Business Studiesなどの国際的ジャーナルへの論文発表も多数。


「2019年 『両利きの経営』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界標準の経営理論のその他の作品

世界標準の経営理論 Kindle版 世界標準の経営理論 入山章栄

入山章栄の作品

世界標準の経営理論を本棚に登録しているひと

ツイートする