エディー・ジョーンズ わが人生とラグビー

  • ダイヤモンド社
4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478109946

作品紹介・あらすじ

エディー・ジョーンズはいかにして奇跡を生んだのか!超一流の組織論、日本人論!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の日本人論とチームを勝利に導く考え方を学ぶ。46ヶ所の付箋を貼り付けました。

  • 2015年W杯でジャパンを率いて南アフリカに勝利、2019年には低迷していたイングランドを準優勝に導いた名将の軌跡

    オーストラリア人の父と日系アメリカ人の母とのあいだに生まれた生い立ちから(奥さまも日本人!)、体が小さかった現役時代の活躍と挫折、プロのコーチになってからの苦難と栄光まで、“エディー・ジョーンズ”が語り尽くした初の公式自叙伝

    《リーダーは、どうチームの意識を変え、生まれ変わらせたのか》──帯の紹介文

    2003年W杯決勝のワラビーズvsイングランド
    2015年W杯のジャパンvs南アフリカ
    2019年W杯決勝のイングランドvs南アフリカをはじめ
    スーパーラグビーやシックスネーションズの名勝負の数々
    実況を見るような臨場感あふれる描写はラグビーファンにはたまらない

    A5判のページいっぱいに活字がびっしり組まれた500ページ、読みごたえあり(顔写真入りの選手名鑑を付録につけて欲しいところ)

    “MY LIFE AND RUGBY”(2020年刊)の邦訳、2021年3月刊

    ※p.71〈教育者〉⇒〈教育省〉、p.295〈後半〉⇒〈前半〉では

  • 産経新聞202113掲載

  • ラグビー指導者の自叙伝。オーストラリアや日本、イングランド代表チームのヘッドコーチとしてワールドカップ3大会に臨み、14勝1分け3敗の結果を出した。
    著者はオーストラリア人の父と日本人の母を持つ。プロコーチとしてのキャリアを日本でスタートしており、日本代表ヘッドコーチになる前から日本との縁があった。本書は日本人論にもなっている。
    2012年に日本代表ヘッドコーチに就任し、ラグビーワールドカップ2015では優勝候補の南アフリカ代表との初戦で「ブライトンの奇跡」をもたらした。その後はイングランド代表のヘッドコーチに外国人として初めて就任。イングランドは日本で開催されたラグビーワールドカップ2019では準優勝を果たした。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年、オーストラリア、タスマニア州生まれ。小学生高学年でラグビーをはじめ、現役時はニューサウスウェールズ州代表として活躍。1996年にプロのコーチに転身。2001年、母国オーストラリア代表のヘッドコーチに就任、ラグビーワールドカップ2003で準優勝を収めた。2007年には南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーとして、ラグビーワールドカップで優勝に導いた。2012年に日本代表ヘッドコーチ就任。ラグビーワールドカップ2015では優勝候補の南アフリカを初戦で撃破、日本代表にワールドカップの舞台で24年ぶりの勝利をもたらせた。2015年12月、イングランド代表のヘッドコーチに就任。2016年初頭のヨーロッパ王者を決めるシックスネーションズカップで全勝優勝。翌2017年のシックスネーションズで連覇と手腕を発揮している。『ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールドマン・サックス社長が教える 勝つための準備』(持田昌典との共著/講談社)他著書数。

「2018年 『ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エディー・ジョーンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
リチャード・P・...
劉 慈欣
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×