2000億円超を運用した伝説のファンドマネジャーの 株トレ 世界一楽しい「一問一答」株の教科書

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.22
  • (25)
  • (34)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 372
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478114179

作品紹介・あらすじ

「この株は売り?それとも買い?」ファンドマネジャー歴25年の著者が厳選した「1問1答」で株式投資のセンスが身につく!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 投資。
    クイズ形式のテクニカル分析の授業。
    基本的に簡単な問題ばかり。
    単純に面白い。
    週足チャートでのボリンジャーバンドの買いシグナルは、試しにいくつかの銘柄で確認してみたが、かなり信頼できそうな印象。

    "買いシグナルでも当たるのは7割。外れたら損切りするだけ"。
    "売りシグナルが出たら売るだけ"。
    "損切りは早く、益出しは遅く"。
    このシンプルなルールを守るのが、どれだけ難しいのか…。
    非常にためになる一冊でした。

  • すぐ儲かるなどと言ったことを全面なの出してはいないところが信用たるところ。
    需給をベースに機関投資家がチャートを出来高とともにどのようにチャートそのものを読み解き理解しているかがとてもシンプルに表現されていて学びが多かった。
    特に損切りの重要性にフォーカスされていて、プロの機関投資家でもどのようなチャートのどのような街シグナルでも勝率は7割。2回連続での7割の勝率で考えると勝率は5割。だから直感や売りシグナルが出たときには、原因がわからなかったとしても、損切りを直ちに実行すべきことを何度も力説されている。
    また、出来高を伴った上昇は、何かいい情報があって大口が買いに動いた言うことだから、情報が新鮮なうちに上昇トレンドに乗ることが大事と説く。
    株式投資の初心者は、ボックス圏での小さな利益を積み重ねてしまい、ボックスを突破した大きなトレンドには乗れない。そしてボックスを下抜けた売りシグナルにも損切りできない。初心者の頃を思い出した。非常にわかりやすく言語化されており、何度も読み返して、つい忘れてしまう基本を再認識するにはとても良書である。

  • 書店で見て役立ちそうだなと思ったので買って読んでみた。

    株のチャートを見ながら売るか買うかなどを判断しトレードするテクニックを身に付ける、という内容。

    株式投資をやっているが、今ひとつうまくいっていないという人が自分の投資方針を再考するにはいいと思う。これから始めようという人にはまだ早いかな。それにしても株式投資は奥が深い。

  • 勉強になりました。チャートの見方も分かったし。

  • チャートってほんとなのかなって今だ思ってる。自分で検証しないとこの疑問は解消しないよな。

  • チャートの読み方の基本の「き」が学べる良書。物足りない人もいると思います。

  • 他の投資の書籍とは違い、図も多く視覚的に理解しやすかった。
    内容は基本的なことで、重要なことは何度も記述されていた。あまり投資を理解できていない自分にとって、重要度の高いところがはっきり区別できてよかった。基本として大事な書籍だと感じた。

  • 株に関する知識を整理できてよかった。
    内容も基礎をしっかり、といった感じか。

    今までは個人投資家は時間を味方につけて「損切り」すべきでないのでは、と考えていた。
    一度「損切り」を取り入れて、これまでのパフォーマンスと比較してみようと思った。

    また「買う」ときも、この本から得られた知識をフル活用してやろう。

  • テクニカルチャート分析の基本について。チャートから読み取れることは、需要と供給、チャートと売買高の関係性、三角もち合い、ロウソクは本数よりも長さに注目、
    などの基本にざっと目を通すことができた。損切りは早く、益出しは遅くが大原則。
    個人投資家でも実践できる方法として、日経インデックスファンドを100万円買い、120万円になったら20万円分を売り、80万円になったら20万円分を買い足す手法がある。
    IPOの初値買いは高値掴みになる可能性が高く、半年から1年経過後、初値から大きく下がったところで買うようにしていたそう。

  • 2022.04.10(日)

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

楽天証券経済研究所 所長兼チーフ・ストラテジスト
1984年慶應義塾大学経済学部卒業、大和住銀投信投資顧問などを経て、2014年より楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジスト。2015年より所長兼務。日本株ファンドマネージャー歴25年。年間100社を超える調査取材をこなし、公的年金・投資信託・NY上場ファンドなど20代で1000億円以上、40代で2000億円超の日本株運用を担当。ベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を大幅に上回る運用実績をあげてきた。

「2021年 『NISAで利回り5%を稼ぐ 高配当投資術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

窪田真之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×