ESG財務戦略

  • ダイヤモンド社
4.64
  • (10)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478114445

作品紹介・あらすじ

SDG・ESG経営の実践的アプローチが事例とともにわかる!これからの時代を生き抜く企業に必要な考え方を一冊に凝縮。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ESG財務戦略

    【購読動機】
    ESGの定義は知っているが、それと財務の関係は知らない、説明できないため。
    どのような状態であれば、市場、投資家から評価されるのか?知りたかったため。

    【結論】
    ESG非財務情報を財務情報に統合する、グローバル統一の会計ルールは存在しないこと。

    一方で、ESG取り組みを評価する機関は、10社ほど存在していること。
    さらに、業界ごとに、取り組むテーマが記述されていること。

    ESG関連の投資総額は、ヨーロッパ、アメリカで増加し続けている。
    長期安定株主として、銘柄に採用されるは、大切な視点であること。

    【著書魅力】
    Google、ネスレをはじめとしたグローバル企業の目標、取り組み、開示が観察できること。

    経営視点で、SDGsとESGの違いも理解できること。

    SDGs バランスシート左側の活用→社会全体に対する事業組み換え

    ESG バランスシート右側、負債、資本の活用→投資家向けに対する現在事業の取り組み

  • めちゃくちゃ面白かった…。ESG戦略とは何か。中期的に業績や株価と連動させる意思とはどういうことか。なぜ非財務資本が重要か。ESG/SDGsの大きな流れを踏まえながら、個別事例分析もふんだんで、めちゃくちゃ面白かったです。

  • 数あるESG本の中でも企業価値やエンゲージメントへ焦点が適切に当てられる非常に内容に富んだ1冊

  • ちょっとずつ株の勉強を始めて、ESG投資に興味を持ちかけた段階で読んだ私にはやや難しかった。
    理解度40%くらい。
    ただ、ヒントになることはたくさんあって、ESGっていうのはどういうことなのか、こういう理由で日本の会社は遅れているのか、など財務だけにフォーカスすることなく、ESGについて体系的に知ることができて、投資先をどう選ぶかの判断軸が少し明確になった。
    ESG先進国である欧州の企業を例に、全否定するのではなく、日本企業に合った形でポートフォリオを再考しようよ、というスタンスには共感。
    投資家も消費者も企業も、一緒に考えていくべき問題かなと感じた。
    とりあえずもう一回読みたいので今回星はなし★

  • 読んでおけば間違いなし
    事業運営側も資金調達側もよく書かれている
    事前に、ファイナンスの基礎的な本読んでおくと良いかも

全5件中 1 - 5件を表示

保田隆明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハロルド・ジェニ...
リチャード・P・...
チャールズ・A....
ジェームス W....
ヴィクトール・E...
内田 和成
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×