伊藤忠 財閥系を超えた最強商人

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.80
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478116814

作品紹介・あらすじ

★ダイヤモンド・オンラインの大人気連載を書籍化
☆伊藤忠商事の160年超の歴史が1冊でわかる
★岡藤正広会長が語る「経営の真髄」とは

【内容紹介】
今や就職人気トップの伊藤忠商事。
事業においては、ファミリーマート、エドウイン、ヤナセなど、多くの企業を傘下に収め、一昨年には最終利益、株価、時価総額でついに総合商社トップとなった。
かつて「万年4位」といわれた非財閥系の伊藤忠商事は、なぜ財閥系の雄である三菱商事、三井物産を凌駕する成長を遂げたのか。2年以上にわたる多くの関係者への取材で、伊藤忠商事の創業から160年超の歴史を振り返るとともに、その強さの理由に迫った。

【目次】
プロローグ 社員との約束
第一章 伊藤忠の原点
第二章 財閥系商社との違い
第三章 戦争と商社
第四章 総合商社への道
第五章 高度成長期における商社の役割
第六章 自動車ビジネスへの挑戦
第七章 オイルショックの衝撃
第八章 下積み時代の教訓
第九章 バブルの残照
第十章 商社の序列
第十一章 コンビニ事業への参入
第十二章 ITビジネスへの飛躍
第十三章 か・け・ふ
第十四章 あるべき姿とめざすべき姿
第十五章 日本と総合商社
第十六章 CEOの決断
エピローグ 花見と桜と

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伊藤忠の業界での立ち位置、財閥系との違い、近江商人の血など知ることが多くあった。かけふは自分でも使う。

  • 伊藤忠が始まって現在までの話。

  • 約160年という伊藤忠商事の歴史が書かれた作品。
    創業当時から現在に至るまでの失敗や成功を簡単に紹介している。伊藤忠商事という会社の根幹はどこから来ていて、何を大切にしているか知る事が出来る。
    岡藤さんが大切にしているイニシアチブをとる、マーケットインの考え方は自身の商売でも活きてくる考え方である為、参考にしたいと思う。

  • 就活生人気No1の伊藤忠商事の歴史から今日の躍進の理由が垣間見れる本。約350ページと分厚いが、160年の歴史を入れるには足りず、各章の内容は薄い。また、著者考察も褒めることばかりで目新しさや含蓄のある意見などは見られなかった。とはいえ興味深い伊藤忠の歴史をさっと把握できるので読み物としてはまぁまぁといったところ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

野地秩嘉(のじ・つねよし)
ノンフィクション作家
1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経て現職。人物ルポルタージュ、ビジネス、食、芸能、海外文化など幅広い分野で執筆。著書は『サービスの達人たち』『イベリコ豚を買いに』『トヨタ物語』『スバル―ヒコーキ野郎が作ったクルマ』『高倉健インタヴューズ』『日本一のまかないレシピ』『キャンティ物語』『一流たちの修業時代』『ヨーロッパ美食旅行』『ヤンキー社長』『新TOKYOオリンピック・パラリンピック物語』『京味物語』など多数。『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。

「2022年 『伊藤忠 財閥系を超えた最強商人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野地秩嘉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×