引き裂かれる世界

制作 : 山本 暎子 
  • ダイヤモンド社 (2002年10月18日発売)
3.36
  • (3)
  • (4)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478180341

引き裂かれる世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 108頁:西部のアフガン人は……シーク派のイスラム教徒だ。
    124頁:イラク北部のクルド人,南部のシーク教徒……サウジアラビアもシーク教徒を支援することになるのはいやだ
    ・108頁のときは,単なる入力のあやまりのたぐいと思ったが,どうも著者ではなく訳者が,「シーア派」というものの存在を知らずに勝手にインドの「シーク教徒」をアフガニスタンやイラクに多数移住させた結果のようだ。目次で「自衛隊の海外派遣」を「海外覇権」とするような本なので,編集者もまともに読んでいないのだろう。

  •  前著「文明の衝突」で著者が指摘した、「民主主義、ファシズム、社会主義、共産主義といったイデオロギーはもはや世界を分かつ存在ではない。かわりに文明による八つのグループ(西欧、ヒンドゥ、儒教、日本、ラテンアメリカ、東方教会、イスラム、アフリカ)に分かれていくという説は段々と現実化しつつある。約10年前に書かれた本著はその検証というか続編的存在だろう。9・11の同時多発テロに始まるアメリカのテロとの戦いや湾岸戦争、中国、ロシアの台頭、アフリカの地域紛争などについて、その原因から将来予想までを著者の豊富な経験から解説している。現在、および近未来の世界の動向を考えるのに重要な参考資料と考えられる。

  • 20061217
    ハンチントン先生の本。文明の衝突の抄訳版だな。

  • ¥105

  • 国際政治・ノンフィクション

全5件中 1 - 5件を表示

サミュエル・P.ハンチントンの作品

引き裂かれる世界はこんな本です

ツイートする