マンデルの経済学入門

制作 : Robert A. Mundell  竹村 健一 
  • ダイヤモンド社
2.85
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478210284

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凡作

  • 1章の「原理」は面白い。経済学の基礎的な部分がよくわかるし、面白さが伝わる。財とかの話から、限界効用逓減の法則とか、そんなところが学べる。
    2章3章は、難しい。
    古典派やケインズ派の考え方とか、現在の経済情勢と比較してピンとこないもん。

    アメリカが世界通貨としてのドルを持つことで、アメリカの財政政策がもろに他国に影響を与える。赤字に苦しむアメリカがインフレになったり、デフレになったりしたら結構な影響ですよ。一国の財政事情に左右されない世界通貨を管理する組織が必要なんだろうな。いろんな権利が絡んで無理なんだろうけど。

    また、面白かったんは、他人が合理的でない選択をしていると、科学的に証明することはできないという点。みんなエコンではなくヒューマンだもんな。

全3件中 1 - 3件を表示

マンデルの経済学入門のその他の作品

Man and Economicsの詳細を見る ハードカバー Man and Economics ロバート・A.マンデル
Man and Economics ペーパーバック Man and Economics ロバート・A.マンデル

ロバート・A.マンデルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
エリヤフ・ゴール...
ピーター・L. ...
エリヤフ・ゴール...
ムハマド・ユヌス
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする