ジャパニーズ・ドリーム―26歳上場企業社長のe革名宣言!

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.37
  • (7)
  • (9)
  • (31)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478320952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 藤田晋という方は、とても熱く、積極的で、冷静に物事を見極めている。私の考える理想像であるような気がした。なにより、仕事が大好きと言っている点がすばらしい!私の求める世界がここにあるような気がした。

  • ハードワークせねば((((;゚Д゚)))))))

  • 成果に対してコミットする。何が何でも絶対に達成する。そのためにはその他のものは一切切り捨てて目標に集中するという気合いと信念に感動しました。

  •  趣味はビジネス。藤田社長の先見性はすごい。この本はサイバーエージェントがサイバークリック・クリックインカムで軌道に乗り、上場を果たすまでを書かれている。
     自分もがむしゃらに働ける仕事をしたい。また、サイバーエージェントがアメーバピグを始める前後の出来事も知りたくなった。

  • 少し古い本だが面白かった。一時間くらいで読んだ。
    なんと同い年の藤田氏の著書。
    サイバーエージェントを立ち上げる辺りのお話し。スピード感がすごい。
    やはり成功する人は、集中力と継続力がハンパ無いんだなって感じ。
    この本を書いた理由の一つが、若い人の起業家精神を煽りたいからと。えぇ煽られましたよ。

  • つながりは、金ではなく志。立ち上げは、どれだけケツをまくれるか。トップがどこまで上を見ているか。週110時間労働(平日9~2時、休日10時間)。事業アイディアは、思いつくよりも実行する力の方が重要。自社開発。シビアな意見がマーケットニーズ。経営に重要なのは人と実行力。欲しい人材も変化する。急成長しない会社は成長できない。決断スピード。プロジェクト制。怠惰で有能な人はスーパーマンである→結果部下に仕事を任せて人が育つ。属人性の排除。ハイパフォーマーを評価。高い目標+次の仕掛け。アメリカでは俊才ほどベンチャーへ。無理にでも上のポストに押し込む。これから成長しようとするベンチャーは、反面ネガティブな要素を発見しようとすればいくらでも発見出来る。ネガティブがマジョリティにならない為の会社を去らせる決断。経営に感情は持ち込まない。冷静な判断の為に社員との距離感。皆を興奮させるマネジメント。ベタなスローガン。起業家は男らしさを(即決力と度胸)。流れの早いITでは攻撃こそが最大の防御。偉業を達成する代わりに、普通の人生を幸せをあきらめる。

  • 熱い人です。

    仕事への熱いをくれます。

    良いところを沢山参考にさせて頂きます。

    いつか、藤田社長にお会いしたいものです。

  • 自分の人生の選択に大きな影響を与えた本。

    26歳で上場企業の社長というところに興味を持ち、
    そこから起業という夢を持つようになった本。

  • サイバーエージェントの上場までの物語り

  • (読書中)

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藤田 晋(ふじたすすむ)
1973年生まれの実業家。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。福井県鯖江市生まれで、福井県立武生高等学校を卒業した後、上京し青山学院大学経営学部入学。大学卒業後に人材派遣会社インテリジェンスに入社し、1998年退社、株式会社サイバーエージェントを設立。
書籍の代表作として、『渋谷ではたらく社長の告白』『憂鬱でなければ、仕事じゃない』。その他にも多くのヒット作を刊行している。

ジャパニーズ・ドリーム―26歳上場企業社長のe革名宣言!のその他の作品

藤田晋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする