サプライチェーン理論と戦略―部分最適から「全体最適」の追求へ

制作 : ダイヤモンドハーバードビジネス編集部 
  • ダイヤモンド社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478372616

作品紹介・あらすじ

効率とスピードで高収益企業を実現する生き残りの経営手法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1章:サプライチェーン経営革命 その本質と企業戦略
    第2章:制約条件の理論が可能にするサプライチェーンの全体最適
    第9章:商社がイニシアチブを取る「分散型製造」のマネジメント

    が秀逸な内容。
    特に第9章についてはいずれもう一度読んでおきたい内容。

    ただ「ものをつくる」だけで付加価値を創出できる単純な時代は終わったのか否か。
    調達からロジスティクス、販売に至るまでの全てのチェーンを通して付加価値を創出する時代なのか?
    全ての企業はただ「つくる」だけで付加価値を創出することはできなくなってしまったのか?
    それともそれはその企業が属する業界構造によって依存的に決定されることなのだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

サプライチェーン理論と戦略―部分最適から「全体最適」の追求へはこんな本です

ツイートする