アイデアをいただいてしまえ!―模倣はこんなにクリエイティブだ

制作 : Steve Rivkin  Fraser Seitel  ルディー 和子 
  • ダイヤモンド社
3.33
  • (5)
  • (4)
  • (18)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :92
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478374276

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長らく積読になっていた本。
    絶版になっていたのにも関わらず、どうしても欲しくて探し回った覚えがある。
    なので、今、入手するのは困難かもしれない。

    今でこそ、アイデア発想のヒントとしてSCAMPERという先人の知恵を得て知っているが、ほぼ同じか似たようなことを述べている。
    しかも、各項目実例を踏まえ、詳細に。

    アイデアをふくらませて、実現するのは楽しい。
    ビジネスをどう捉えるかにもよるが、検証の場として活用することもできるはずだ。

    この本を手に取り、読み終わった頃には子どものように、ワクワクしてなにかしたいと思うに違いない。

  • 数あるアイデアの成功事例を紹介した本。
    発想法
    何か代用することはできないか。
    組み合わせることはできないか。
    おおきき、小さくできないか。
    これ以外の何かになれないだろうか。
    取り除くことができるものか。
    逆にすることはできないか。
    過去から呼び戻すことはできないか。

    革新者はじぶんの革新が実践されるのを絶対に見たいと切望する勇気を持つ

  • 内容びっちりと色々な例が詰められている1冊。
    過去何年間も同じことをしているからといって、自分の仕事が順調だからといって、会社の業績も好調だからといって、新しいサービス、新しいシステム、新しいプログラムを考案する必要がないなどと、片時も思ってはいけない。

    第1章 「でも、私には想像力なんてありません」
    第2章 アイデア産業の宣伝文句を信じてはいけない
    第3章 アイデアはそこにある、あなたが探しさえすれば
    第4章 既存のアイデアを借りることに、罪悪感を感じる必要はない。
    第5章 何かを代用することはできないか?
    第6章 組み合わせることはできないか?
    第7章 大きくできないか、あるいは、小さくできないか?
    第8章 これ以外の何かになれないだろうか?
    第9章 取り除くことができるものは無いか?
    第10章 逆にすることはできないか?
    第12章 見つけたアイデアを具体化するのも、あなただ
    第13章 著者からの言葉:○○タマ

  • 新商品や新規事業を考えるといっても
    なかなかいいアイデアがでるものではありません。


    本日ご紹介する本は、

    新商品や新事業など、新しいアイデアを
    継続的に生み出すための方法論を説いた1冊。

    ポイントは
    「応用」です。

    新しいといわれるものの大半は、
    ほとんどが模倣です。

    「いつひらめくかわからないアイデアを
    探し続けて時間を無駄にするのではなく、
    既存のアイデアをシステマティックに探し、
    自分の問題に改良し応用する。」

    というのが本書の主張です。


    「代用する」「組み合わせる」「大きくする」
    「小さくする」など、
    既存のアイデアを応用するための
    具体的な考え方が書かれています。


    「シンプル」

    アイデアは分かりやすくシンプルであるべき。
    複雑なものは、いいアイデアとは言えません。


    「タイムリー」

    いいアイデアには、”今だからこそできる”
    というものがあります。
    時代背景、そのアイデアの必要性、実現性において
    今がまさにそのタイミングだと思えるか、考えてみましょう。


    「実行可能」

    実行可能でないと。いいアイデアとは言えません。
    それをするための、
    コスト、期間、技術それぞれが
    現実的なものなのか、再度チェックしましょう。


    必要な時にあわてて考えるのではなく、
    日頃から関係ありそうな既存のアイデアを蓄えておき、
    必要な時に、蓄えていたアイデアを引っ張り出して
    応用を考えることが大切です。

    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    既存のアイデアを発掘して、自分のニーズに適応することに集中する
    組織が存続し続ける方法は、新しいアイデアを考え出し続けること
    創造的な人たちは全員、アイデアを収集し、保存している
    アイデアの組み合わせが新しいなにかを生み出す
    顧客のレベルを下げることも、ビジネス上非常に効果的な場合がある
    できるだけ頻度多く、メンバーの前に行って、率直な意見交換をするよう務めなくてはならない
    ビジネスは「モノゴトを実行する場」。実践を伴わない創造は、不毛な行動
    革新者は自分の革新が実践されるのを絶対に見たいと切望しなければならない

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    1.「でも、私には想像力なんてありません」
    2.アイデア産業の宣伝文句を信じてはいけない
    3.アイデアはそこにある、あなたが探しさえすれば
    4.既存のアイデアを借りることに、罪悪感を感じる必要はない
    5.何かを代用することはできないか?
    6.組み合わせることはできないか?
    7.大きくできないか、あるいは、小さくできないか?
    8.これ以外の何かになれないだろうか?
    9.取り除くことができるものはないか?
    10.逆にすることはできないか?
    11.過去から呼び戻すことができるものはないか?
    12.見つけたアイデアを具体化するのも、あなただ
    13.著者からの言葉:○○タマ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/c8051cf9abdd9127.png
     

  • アイデアは模倣でも独自の使い方ができればいい、とのことで、古今東西のいろいろなアイデア展開の成功・失敗例をまじえながら、考え方を展開する7つの方法を紹介している。
    行き詰まったときに読むといいかな
    いろいろ当てはめて考えてみると面白いと思う

  • 書いてあることは「SCAMPER]です。

  • アイデアを出すための方法を豊富な例を交えて紹介している本

    * 書き留める.PC, 携帯にインプット,可能性があるものをインプット
    * アイデアを拝借した有名人はいっぱいいる
    * ブラジルのアマゾンにあるヤマダでは貧しい客にもカードを発行.
    * プロセスを排除,官僚的な手続きを排除,販売の障害を排除,部門を排除,不必要な機能を排除,顧客を排除
    * 動きを逆,配送を逆,流行を逆,要素を再配列,方針を逆,戦略を逆にしてみる
    * セレンデピティ
    * 効果的なブレインストーミングは参加したい人を招待,しかし情熱を持っている人.快適な環境を作る,楽しいものにする
    * そのアイデアは問題を解決してくれる?シンプル?タイムリー?実行可能?の4つを問いかける
    * 金銭,機能的,物理的,社会的,心理的リスクの5つのリスクがある
    * 特定のニーズを満たす?本当に改善している?使いやすい?安全?差別化した特徴がある?具体化できる?の6つのチェックポイント
    * 「失敗するかもしれない,資格がない」などのいいわけをしない

  • アイデアは、ゼロからひらめくものだというイメージがありましたが、
    今までのアイデアを真似して、そこにプラスアルファする事で、
    新しいものを生み出すことができる。

    <目次>
    「でも、私には想像力なんてありません」
    アイデア産業の宣伝文句を信じてはいけない
    アイデアはそこにある、あなたが探しさえすれば
    既存のアイデアを借りることに、罪悪感を感じる必要はない
    何かを代用することはできないか?
    組み合わせることはできないか?
    大きくできないか、あるいは、小さくできないか?
    これ以外の何かになれないだろうか?
    取り除くことができるものはないか?
    逆にすることはできないか?
    過去から呼び戻すことができるものはないか?
    見つけたアイデアを具体化するのも、あなただ
    著者からの言葉:○○タマ

  • 超良書でした。
    アイデアの創作造についてのノウハウがびっしりと入っています。

    ■代用・組み合わせ・大小・置き換え・取り除く・逆にする・過去に戻る
    ■革新に必要なものは、既存アイデアの発掘⇒保存⇒応用を考える
    ■クライアントが慣れ親しんでいるものを自ら体験することは、新しい情報とアイデアを得るチャンス
    ■探していないのに思いついたものが、最も価値あるもの
    ■書き留めなさい。自分の記憶を信用してはいけない
    ■ベストなアイデアを他人から拝借する
    ■代用の成功の秘密は「それ」の代わりにほんの少しの「これ」を利用すること
    ■アイデアは隣り合うものを結合することによって成長する
    ■成熟商品に共通する問題点は、疲弊して、平凡になり、普通になってしまったものに、新しい生命をどう吹き込むかです
    ■組織のやり方や機能で、変更する必要がないところなどない。すべてが疑問視されるべき。
    ■アメリカ人は大小両方が好き。常に二股恋愛をしてきた
    ■多くの名前は、ブランドの属性や特徴を説明する、二つの言葉の合成に過ぎない
    ■自分たちが提供しているものにもっと多くの感覚的刺激を付加するにはどうしたら良いか
    ■子供が大好きなのは変身のコンセプト。「これは他に何になることができるか」
    ■既存商品の変身→1、そのままで、どういった新しい用途にできるか  2、新しい用途に使うために、どう改造すべきか
    ■危機から会社を救うのは、裸の王様を裸と呼べる人
    ■わずらわしさゼロ、価格問答ゼロ
    ■品質というからには、何か実態があるものでないといけない
    ■過去に効果があったことを見つけ、それを強化する
    ■新アイデアの最終テストは市場で行われる
    ■人は混乱しやすいもの、複雑なものを嫌い、単純なものを大事にする

全10件中 1 - 10件を表示

アイデアをいただいてしまえ!―模倣はこんなにクリエイティブだのその他の作品

IdeaWise: How to Transform Your Ideas into Tomorrow's Innovations ハードカバー IdeaWise: How to Transform Your Ideas into Tomorrow's Innovations スチーブ・リブキン
Ideawise: How to Transform Your Ideas into Tomorrow's Innovations ペーパーバック Ideawise: How to Transform Your Ideas into Tomorrow's Innovations スチーブ・リブキン

スチーブ・リブキンの作品

アイデアをいただいてしまえ!―模倣はこんなにクリエイティブだはこんな本です

アイデアをいただいてしまえ!―模倣はこんなにクリエイティブだを本棚に登録しているひと

ツイートする