M&A 賢者の意思決定―成功企業に学ぶ4つの基本原則

  • ダイヤモンド社
3.39
  • (3)
  • (6)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478375303

作品紹介・あらすじ

年々増加の企業買収も、7割が失敗に終わる!ブームに惑わされず、規律ある決断を下すには。M&A、プライベート・エクイティで卓越した実績のベイン・アンド・カンパニーが実践する成功法則はこれだ。日米欧の1700社の調査と豊富なコンサルティング経験から生み出した、M&Aを成功に導く意思決定の極意を、事例とともに紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 業績をよく見せようとしている売られる企業は、「香水をつけた豚」と言われるそうで…
    買収により企業価値を上げられるのは、買収案件の3割にも満たないという実績と、成功している企業は数多く小規模の買収を繰り返しているということのようで、それを知れるだけでも読む価値はあると思います。
    が、この手の本は記述が回りくどいので読み進めるのがしんどかった

  • M&Aを考えている経営者や担当者に、どのようにしてM&Aを事業戦略に取り入れるか、どのような落とし穴が存在するのか、についてケースを含めて網羅的に解説した良書。

  • M&Aは1\3はうまくいかない。うまく行く方法は何かを問う。概念的な話や理想的なプランを紹介しているが、その理論を裏付ける統計はなし。「不利なM&Aではお互いが慎重になるから成功率は上がったのだろう」この結論で良く編集者のチェックが通ったものだ。今までの著書の持論がそのデータで全否定じゃないか。

  • ベイン・アンド・カンパニーがまとめた事例集。
    事例集でありながら内容の専門性が非常に高いのが特徴。
    コンサルが書いた事例集だと思って飛びつくと読み進めるのがしんどいかもしれないので覚悟して読むべし。

  • コア事業進化論のM&A版です!

    企業の意志決定者の視点で、いかに成功するM&Aを行えるかを、世界のM&Aデータをもとにといていきます。
    書いてあることは非常にシンプルで、明確な戦略のもとに万全の準備を行えってことです。
    この当たり前のことが出来ないのがM&Aです。だからしっかり認識してばっちり準備して着実に経験を積んでいきなさい。って話です。

    ボリュームもそこそこあって買収者側の視点から書かれているので、それはそれで面白いです。ちょっと退屈に感じたのは、英語を無理やり訳したから全体的に長ったらしいからでしょうか。

    興味ある人はどうぞ。

  • 未読

  • アフター(ポスト)・マージャーの企業経営とは

全7件中 1 - 7件を表示

デイビッド・ハーディングの作品

M&A 賢者の意思決定―成功企業に学ぶ4つの基本原則を本棚に登録しているひと

ツイートする
×