アングロサクソン・モデルの本質―株主資本主義のカルチャー 貨幣としての株式、法律、言語

  • 17人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡部亮
  • ダイヤモンド社 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (487ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478390214

作品紹介

アメリカ型ビジネスモデルとは何か。そのビジネスカルチャーをアングロサクソンのカルチャーから説き起こし、歴史と伝統を受け継いでアメリカ産業・金融ビジネスのなかで確立されたビジネスの原理と方法論を検証。今や「デファクトスタンダード」としてグローバル・スタンダードの地位を占めるに至った、アメリカの株主資本主義の特質をその基本要素である「貨幣」「法律」「言語」の三要素(三種の神器)から解明、これをいかに受容するかが日本企業生き残りのカギになると説く。エンロン不正会計事件とネットバブルの破綻にも詳細に論及する。

アングロサクソン・モデルの本質―株主資本主義のカルチャー 貨幣としての株式、法律、言語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1366夜

全2件中 1 - 2件を表示

渡部亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス・V・ガー...
リチャード・ドー...
内田 和成
チップ・ハース
有効な右矢印 無効な右矢印

アングロサクソン・モデルの本質―株主資本主義のカルチャー 貨幣としての株式、法律、言語はこんな本です

ツイートする