クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

  • ダイヤモンド社
3.82
  • (161)
  • (191)
  • (236)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1804
レビュー : 154
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478420454

作品紹介・あらすじ

これまで考慮されてこなかった人間行動の特性をふまえ、プロジェクト・マネジメントにTOC(制約条件の理論)を応用したクリティカルチェーン。我々の常識を覆し、パフォーマンスを飛躍的に改善するツールとソリューションを提示する。『ザ・ゴール』のゴールドラット博士のビジネス小説・邦訳第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 購入: 2003年11月5日 読了: 2003年11月29日
    廃棄: 2020年4月4日

  • プロジェクトはいつも遅れるもの。多くの人が直面する悩みだが、制約条件の理論(Theory Of Constraints)を使って、この悩みを解決することを小説仕立てで展開する。
    制約条件の理論は、「システムのアウトプットは、その最も弱い部分の能力で制約される」というもの。これをプロジェクトマネジメントに当てはめると、プロジェクトの開始から完了までの一連の作業、工程をつないだ経路のなかで最も長い作業を要する経路をクリティカルパスとする。このパスがプロジェクト全体の時間を左右する。
    個々のステップ毎に見積もり時間を設定して合算した数字をプロジェクト全体時間とするのではなく、個々のステップは余裕を持たないギリギリの時間に削り(見積もり時間の半分くらい)そして削った余裕を全体のプロジェクトバッファと設ける。プロジェクトマネジメントはそのクリティカル・パスのモニタリングのみに注意するというもの。
    実際にはそんなに上手くいくかは確信が持てないが、遅れる前提でガントチャートを書くのを繰り返すことを脱却できるかもしれない。何よりプロジェクトマネジメントを可視化するには面白い考え方である。

  • 以前買ったものを再読。昔とは立場も違うので、この中に書いてあることで実践できそうなことが多い気がする。

    ただ、クリティカルチェーンの算出や合流バッファ、リソースバッファの埋め込みにはソフトウェアが必須だと思うし、そうすると予算がないとできないな。。。ある程度予算動かせる立場ではあると思うけど、組織としてプロジェクトが遅れて問題と思っている立場の人間とつかわないと意味がないけど、そこまでたどり着いていないような気もする。

  • プロジェクトはなぜ遅れるか?

  • クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

  • 著者は、TOC理論の創始者として有名。このTOCをプロジェクト管理に使うというのが、この本の趣旨。学生症候群、ボトルネックの解消、ボトルネック前のリソース確保など、プロジェクトマネージメントに必要な知識が書かれていて参考になる。

  • 物語を読みながら、クリティカルチェーンの考え方を学べるが、
    大学の講義の中で生徒と共に理論を見出していくスタイルなので、ちとわかりにくい面もあり。

  • 制約理論に始まりクリティカルチェーン法に最終的につながる
    物語調で大変読み進めやすい
    一方で後からリファレンス的に開くのには不向きなので、何かしらまとめがほしかった

  • PERTと違ってガントには意思が反映される、など、おお、と思わされる内容も多く、ステップを5つに分けてクリティカルパスを短くしていく様はなかなか見ものだった。

    終わり方がなんとなく尻つぼみに思えたのでその点だけもったいないように感じたが、おすすめできる。

  • ”予算内で完成したプロジェクトをまったく見たことがないわけではありません。
    ただ、そういうプロジェクトもありますが、例外的に少ないんです”(P.42)

    これは SIer と呼ばれる業界において、
    いや IT 業界全般において共通の課題だと思う。

    ただ、銀の弾丸はない。
    挑戦し、乗り越え、卓越した力を持つチームだけが、残っていける。
    そういうことなのだと思った。

    (以下抜粋)
    ○あまり欲を出してはいけない。世界を変えてやろうなんて夢は忘れて、確実に達成できるテーマを取り上げるようにとおっしゃいました(P.21-22)
    ○予算内で完成したプロジェクトをまったく見たことがないわけではありません。ただ、そういうプロジェクトもありますが、例外的に少ないんです(P.42)
    ○不確実性が高ければ高いほど、この尾の部分は長くなる(P.69)
    ○期日までに終わらせることのできない可能性が50パーセントもある中央値を選んでわざわざ危険を冒す人はほとんどいない。(P.70-71)
    ○『私がどう振る舞うかは、あなたが私をどう評価するのか次第』(P.164)
    ○一つひとつのステップを期限内に終わらせることができるかどうか考える無駄を省いて、時間を節約したんです。まだ時間があると思って作業開始を先延ばしするようなことはできなくなりました。要するに、学生症候群が消えたっていうことです。(P.249)
    ○作業が予定どおりに終わらない可能性が十分あることもみんなよく承知しているし(P.249)
    ○建設業者は、決して自分たちからリードタイムを短くしようとは考えません。リードタイムを短くすることは、彼らの利益に反するんです。(P.308)

全154件中 1 - 10件を表示

エリヤフ・ゴールドラットの作品

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする