考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

制作 : Barbara Minto  山崎 康司 
  • ダイヤモンド社
3.78
  • (421)
  • (443)
  • (569)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 6105
レビュー : 442
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478490273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロジカルシンキングの定番だが学術書よりで、今はより分かりやすく実践的なものが出ている。

  • コンサルティングの基本となる、思考方法を体系的に整理した基本書。コンサルティングの実務で忙しくなると忘れられがちな、「もっとも大事な伝えたいことは何か」からカスケードしていき、伝えたいことをロジカルに伝えるための思考を確実に教えてくれる本。論理的なアウトプットをすることが必要な仕事をしている人には必須の書。若手で自分の伝えたいことができていない人には必ず薦める一冊。

  • わかりやすい。
    かなりのボリュームだけど、ピラミッド原則に絞ってあるので、必ずしも全部読む必要はない。ぜひ知っておくべきスキルだ!

  • コンサルタントの考え方を取り入れたくて読んでみたけど固すぎた。実践イメージがつきづらいので他の本で学ばなくては。

  • 図書館

  • 大崎Lib

  • 考えてから書くのであって、先に書く技術?と思ったが、書き方が分かれば考え方もわかるものなのかも、と思った。

  • なんかスッキリと腑に落ちてこないのでまた改めて読む。

  • ロジカル シンキングの手法の一つ、ピラミッド ストラクチャーを代表する本。とはいえ、「ロジカル シンキング」って、その名前ほどロジカルではなく、むしろレトリックを重視した「説得術」なのだよね。理屈と膏薬はどこへでもつくとは言ったものだ。

  • 色々な本を読んでから手にしたが、今までのぼんやりとしていたことが一気に晴れた。

    使いこなせるようになりたい。

全442件中 91 - 100件を表示

バーバラ・ミントの作品

ツイートする