考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

制作 : Barbara Minto  山崎 康司 
  • ダイヤモンド社
3.78
  • (421)
  • (444)
  • (569)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 6108
レビュー : 442
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478490273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はら

    Ⅰ〜Ⅱのみ熟読

    目的
    ・聞き手に伝わりやすいロジックで喋ること
    ・そのために自分の脳内での構造化を学ぶ

    背景

    原口が人に喋って物事を伝える際に、トップメッセージと細かい項目を無造作に並べて伝えてしまうので、聞き手の理解が得られないことがある。

    キーワード

    ピラミッドストラクチャー
    文章術
    トップダウン、ボトムアップ
    縦の関係、横の関係
    演繹的理由付け、帰納的理由付け
    グルーピング
    ロジックの順序

    要点

    トップダウン型アプローチ
    メインメッセージ→読み手の疑問→答え→状況明確化→複雑化→QA繰り返し
    大事なことはSo what?とWhy so?を繰り返すこと。上からも下からも論理が十分かどうかを確かめる。

    これからの実践

    メールや、スライド作りにおいてピラミッドストラクチャーを構築する。
    またケースを用意してやってもよい。

  • 名著過ぎる

  • 定番本だけあって、価値ある内容。

    ただ、ちょっと難解かな。ビジネスパーソン向け、といいつつ、具体的な内容はコンサル事例が多いので、理解を深めるには類書にも目を通した方が良いように思う。

  • コンサルの人が新卒すぐに読むらしい書籍。確かに若いうちに読んで体得しておきたい内容だった。

    考えをピラミッド構造にまとめ、その構造が分かるようにドキュメント表現する。当たり前だけど、難しいことを実感。

  • 読んで、捨てた・・・俺にはピンとこなかった・・・申し訳がない

  • 具体例が書いてあり読みやすかった。

  • 企業研修で当たり前のように用いられるピラミッドプリンシプルの古典。研修で聞いていたことを表面的に捉えていたことに気付きます。考える技術と書く技術を磨くことは、伝える技術に直結すると思います。

  • ロジカルシンキングの初学者にはお勧め。ピラミッド・ストラクチャーの理解にもってこい。

  • 基本中の基本。スポーツだったら、正しいフォームを作り上げる解説書というべきか。1回読んで終わり、ではなく実際の仕事の中で実践していくなかで読み直して理解を深めるのがこの本の読み方だとおもいます。

  • 問題を明確に定義し、構造化して相手に視覚的なイメージを持たせることがゴール

    そのための方法論が書かれている

全442件中 81 - 90件を表示

バーバラ・ミントの作品

ツイートする