考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

制作 : Barbara Minto  山崎 康司 
  • ダイヤモンド社
3.78
  • (421)
  • (444)
  • (569)
  • (61)
  • (20)
本棚登録 : 6110
レビュー : 442
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478490273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビジネスは、顧客の関心を喚起し、信頼を獲得、その結果としての契約を勝ち取り、顧客と長期関係の維持を目指す。

    一連の業務遂行において、多くの文書、プレゼンテーション資料を作成し伝達しているはずである。

    その中で、論理的ではない、具体的ではないなど叱責を受けた経験も多いだろう。また部下育成のためにどのように論理的な文書手法をもって指導すれば良いのだろうかと悩ませている人も多いはずである。

    本書はそんな悩みを解決してくれる一助になる。

    本書はグロービス「ロジカル・ライティング」コース同様に、
    ・論理的な妥当性
    ・説得力ある表現力
    ・相手の立場の理解
    をコンセプトにデザインされている。

    私にとって、特に役に立ったのは「自分の考えを練り上げる」訓練になることであった。
    内容はコンサルタントの基本スキルレベルまで達しているため、一般ビジネスパーソンにとって理解するのは骨が折れるかもしれない。
    しかし一読する価値がある良書である。

  • 誰かを説得させるためのビジネス書を書くとき、どのような考え方をし、文章を構成すれば良いかのメソッドが詰まった本。
    ビジネスをやる上で、最低限の教科書として持っておくと良い。
    頭の中がこんがらがった時、どこにフォーカスすれば良いか、どんな順序で考えていけば良いか、すっきりさせたい時に読むのもおすすめ。

    事業戦略を描くにあたって、考え方の土台を固めたいと思い読んだ。正直、一度読んだだけでは十分に理解できていない。ビジネス書を書く度に何度か読み返すことで、自分の知識として身につくだろう。

  • 『多くのビジネスマンは、ものを書く、そして他人が書いたものを読んでそれを理解するという作業に多くの時間を費やしている。しかしながら。皆が書き手の意図をちゃんと把握しているかというと、それは疑問である。』監修者あとがきより。

    伝えたい事をどう伝えるか。書き手の記述の順序が必ずしも読み手の理解する順序と一致していないが為に、結果として分かりにくい文章になっている可能性がある事を理解するべきである。
    読み始めて30秒で伝えたい事を伝わる文書。要素を事前にグループ化すると同時に十分頭を整理した上で組み立てる必要性を感じる。

  • 20160614読了
    読み手に伝わりやすい文章の書き方について述べた本。
    ピラミッド構造にする、帰納法・演繹法、導入部の書き方、要約の仕方などの手法について具体的かつ詳細に述べられている。

    いきなりこの本を読むと挫折するので、要点だけまとまった他のロジカルシンキングの本である程度知識を身につけてから読んだ方がいいかも。
    実際自分も途中で消化不良な感じになった。

  • 問題解決のバイブル。文章の書き方や考え方にはピラミッド構造が必ずある。特に印象に残っていることは、人は何かを考えたり話を聞くときの頭のプロセスは決まっていることだ。だから、そのプロセスに従って、文章が書ければその内容はスーと落ちてくる。また、見出しは必ずその中の文章の要約でないといけない。すべては、ピラミッド構造にある。キーラインでは、同じ内容のグループはまとめた、帰納法を意識する。
    ・主題を明らかにせよ
    ・疑問が何か決めよ
    ・答えを書いてみよ
    ・「状況」と「複雑化」によってその疑問が導かれるかチェックせよ
    ・「答え」が妥当かチェックせよ
    ・キーラインを埋める作業に取りかかれ。

    内容はとても難しいが、最後のまとめは分かりやすい。
    意識することが大切だ。もう少し演習も読んでみよう。また読み返そう。

  • ロジカルシンキングの代表作とも言える名著です。

    第1章はとても分かりやすく、学ぶことが多かったです。
    論理的な考え方について図など用いて思考法の種類の解説をしています。

    第2章からはMECEなど具体的な方法についての解説になりますが、ここらへんから少し話が難しく、一部分からないところが出てきます。
    例えば、MECEの概念については理解出来るが、使う方法や理論など。
    (しかし、結局これが分からなければ読む意味も薄れてきますが。)

    「難しい」という方は他の本にもチャレンジしてからもう一度読むとだいぶ印象が違うと思います。
    僕もまだまだ理解度が足りないと思うので、何冊か経てまた読みたいと思う本でした。

  • 例題が分かりづらい。基本的な原則を確認できれば良いと思った。

  • 全289ページ読了。難。ビジネスや経営、コンサルティング、プレゼンなどそのほとんどは今まで自分とは無関係だったが、文書を書く、読み手に伝わるように書くということをまとまって体系的に学ぶ事が出来た。中でも演繹法と帰納法での違いというのはとても勉強になった。だがもちろんこれを読んだからすぐ使いこなせる訳ではない。何度も実践し試行錯誤して始めて武器を手にしたと言える。そういう意味では今回カタログに目を通した程度だ。まだまだまだまだ分からないことだらけ。とても難しいが我慢して読み通す体力は付いてきた。それだけは進歩してると言える。

  • 「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」
    とりあえず読めよと言われる奴。


    ある種のバイブル的な立ち位置を確立している本書。バーバラ・ミントであのピラミッドの奴よ、と言えば、ああねとなる程の知名度を誇る。


    自分の考えを論理的に構造化して整理し、聞き手の疑問を解消する技術を体系的に学べる。しかし、この手の技術は、知識として吸収しても忘れることはないだろうが、知識→実践に落とし込まないと意味がない。


    生きていく上では、バーバラ・ミントが指南するようなロジックや明快さは必要が無い(大抵の会話はそれらが無くても成り立つ)。そんな事情の中、ピラミッドの縦と横の構造はこういうものだと理解するだけでなく、身近な事象で実践できるようにすることは、意味が無いかも知れない。だが、難しいことをわかりやすく正しく、言いたいことを整理する、分からないことを抽出する。そんな場面は必ず発生する。そんな時にこそバーバラ・ミントの教えが活きる。


    知識から実践へ。実践場での再現性の速度と正確性の向上へ。これらの流れを成立させることを最終ゴールとし、読み返し、実践して、習慣化する。習慣化まで行って、初めて本書は出汁までとれるスルメ本になる。と思いながら、ページを振り返る。書きぶりが堅いんだよなと思いながら。。。

  • 縺ゅ∪繧翫↓繧よ怏蜷阪↑譛ャ縺?縺後?∵怙蠕後?50繝壹?繧ク縺サ縺ゥ繧呈ョ九@縺ヲ5蟷エ縺舌i縺?叛鄂ョ迥カ諷九□縺」縺溘?繧偵?√d縺」縺ィ螳瑚ェュ縺励◆縲ゅ↑縺ョ縺ァ縲∝、ァ驛ィ蛻??險俶?縺ョ蠖シ譁ケ縺?縺後?∫オ先ァ九%縺ョ譛ャ豁ッ縺斐◆縺医′縺ゅ▲縺溘↑縲よ怙蠕後?繝壹?繧ク縺ゅ◆繧翫↓譛ャ譁??縺セ縺ィ繧√′霈峨▲縺ヲ縺ヲ縲√d縺」縺ィ菴輔r隱ュ繧薙〒縺?◆縺ョ縺区?昴>蜃コ縺励◆縲

バーバラ・ミントの作品

ツイートする