未来市場制覇のマーケティング戦略―常識の破壊が新たな価値を創造する

  • ダイヤモンド社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478501306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本でのマーケティングという言葉の定義と今の日本企業の認識のズレ、翻訳されてから20年近く経った今でもあんまり変わらないのでは。

  • 何らかの目的達成に必要な要因すべてをマーケティングという概念に盛り込んでパッケージとして考える。特にユーザとのフィードバックプロセスを重要視する。企画、販促、製造…etc。局所スコープから脱却しWin-WinをパッケージとしてPDCAサイクルが循環するマーケティングプランを構築する。
    概念はよく理解できた。中小においては専門部署など構築するリソースもない。それぞれ中途半端な対応をしている状態において、さぁどうやってこの概念を取り入れていくか。プライオリティは顧客フィードバックサイクルにあるのかと考える。早速、取り入れてみよう!

全2件中 1 - 2件を表示

ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス編集部の作品

未来市場制覇のマーケティング戦略―常識の破壊が新たな価値を創造するを本棚に登録しているひと

ツイートする