マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略まで

制作 : Philip Kotler  Gary Armstrong  和田 充夫 
  • ダイヤモンド社
3.59
  • (5)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (912ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478502105

作品紹介・あらすじ

マーケティングの基本から応用まで,一冊でカバーするコトラーの決定版テキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電話帳です。


    もうね、ひたすら電話帳です。

  • タメになるが、重複している内容が多い。

  • 先ずはお読みあれ☆簡単バージョンがたくさん出てるからそれがいいかも☆

  • マーケティングの基礎知識。
    わかりやすい。

  • p61“もちろん、計画の策定はあまり楽しいことではないし、それによって計画を実行する時間も奪われてしまう。しかし、それでも企業は計画を策定する必要がある。ある人物は次のように述べている。「もし計画を立てることに失敗したなら、それは失敗するための計画を立てていたも同然なのです」。正式な計画は大企業や中小企業、また新しい会社や成熟した会社を問わず、あらゆるタイプの企業に多くのベネフィットをもたらす。 計画策定のプロセスも計画自体と同様に重要なものである。計画策定を行うと、何が起きたのか、何が起きつつあるのか、何が起き得るのかについて、経営者は体系的に考えるようになる。また会社の目的や方針が明確になるため、企業活動をより適切に調整することができるようにもなり、事業活動をコントロールするための業績基準がさらに明確になる。たとえ計画を策定しても、変化のはやい環境では役に立たないという主張は意味をなさない。実際はその逆なのである。確実な計画により企業は変化を予測して素早く対応できるようになり、急激な展開にもより万全な体勢を準備することができる。このように、計画は優れたマネジメントの本質的な部分となるのである。”

  • 古典ですが一から勉強しなおすため、登録。

  • 第5版が教科書

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

フィリップ コトラー
ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院インターナショナル・マーケティングS・C・ジョンソン・アンド・サン・ディスティンギッシュド・プロフェッサー。「近代マーケティングの父」と目されている。代表的な著書である『マーケティング・マネジメント』は第13版まで出ており、MBA(経営学修士号)取得を目指している人々に世界中でもっともよく読まれているマーケティングのテキストとなっている。IBM、バンク・オブ・アメリカ、GEほか、さまざまな企業の顧問も務めている 。

「2018年 『コトラーの「予測不能時代」のマネジメント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フィリップ・コトラーの作品

マーケティング原理 第9版―基礎理論から実践戦略までを本棚に登録しているひと

ツイートする