団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」

著者 :
  • ダイヤモンド社
2.95
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 47
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478502631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「シニアビジネス」の続編。
    ビジネスのノウハウを説明している本文は、正直言って、あまり興味が湧かない。

    しかし、終章の「ジェロントロジーとその意義」、エピローグの「シニアビジネスで世界のリーダーになれる日本」はまったくそのとおりだと思った。
    ここだけでも読む価値はある本だ。

  • ■団塊・シニア市場で企業が直面する「壁」は、次の7 つである。

    A.【綿密な市場調査をしても顧客のニーズがつかめない「市場調査の壁」】→ 市場調査はあてにせず、「アナログ情報」を活用して、顧客の「全体情報」をつかむ。

    B.【せっかく確保した見込み客が実際の顧客にならない「顧客開拓の壁」】→ 単に商品を売るのではなく、商品を利用した「体験」を売る。

    C.【せっかくよい商品を作っても思うように売れない「商品営業の壁」】→ 実際に商品・サービスを体験した顧客に、商品の「語り部」となってもらう。

    D.【団塊・シニア世代向けとうたった商品が売れない「商品開発の壁」】→「顧客参加型」の商品開発を行う。

    E.【会員制サービスで入会した会員を引き止められない「顧客維持の壁」】→「顧客を囲い込む」という発想を捨て、「顧客の駆込み寺」になる。

    F.【多額の予算を注ぎ込んでも収益が一向に上がらない「収益向上の壁」】→ 消費意欲が連鎖的に喚起されやすい「連結連鎖型」のビジネスモデルを作る。

    G.【社内で新規事業を立ち上げようとする時に生じる「新規事業の壁」】→「事業

  • うーん。つまらない。くだらなくはないけど、もうちょっとまとめてかけなかったの?構成が稚拙。例をあげればいーってもんじゃないし、知ってることを羅列して、ほうら俺っちすごいだろ?って感じ。たいしてすごくないと思うけど。で、何?って本。
    やっぱネットで(本の中身をパラっと見ずに)買うのはよそう、とまたも思った。失敗。

  • 「2007年問題」と言われていた頃に集中的に出たこの手の本。
    というか、2007年問題って騒ぎたい人間(広告代理店とか日経とか)が踊った割には、あまり誰も付いてこなかった上に、結局何も起こらなかった。
    2000年問題は多少は実体があったけど・・・ まあ、「20○○年問題」というのは詐欺用語であるということが証明されてよかったか。
    というのもこの本では、「高齢者の消費スタイルは多様化しており、マスとしての『団塊』や『シニア』はいない」と喝破している。ごもっとも! じゃあ2007年問題も起きないよね!
    多様化した市場を、まっとうに攻めていくのが良いという、その意味ではわかり易いマーケティング本でした。
    思うに、ジェネレーションXだの、世代をマーケに使うのは、もう賞味期限切れじゃないかな。1960年代に確立した手法を50年も使うのはちょっと図々しい。団塊、新人類の次に成功した世代の代名詞って、「ゆとり」だし。

  • 団塊・シニア世代は「多様なミクロな集合体である」という前提にたち戦術を練るならば、筆者が語る7つの壁(市場調査・顧客開拓・商品営業・商品開発・商品維持・収益向上・新規事業)のうち、商品サービスやマーケティングに関する前半5つについてはクリアできそう。一番難しいのは、最後の2つ、企業内の壁。  

    筆者が語る「大企業で新規事業として取組む際の壁をつきやぶる3要件」は、社内の共通認識がない新たな価値観であり、道のりは厳しい。しかし超えなければ結果は出ないのだろう。  
    <3要件とは>(1)誰も取組んでいない「ニッチ市場」から参入する (2)退職する「団塊世代を戦力化」した「個人顧客対応力」を向上する (3)新規事業の評価は売上以外の様々な評価尺度で多角的に行う

  • シニアビジネスの成功事例・失敗事例、大企業・中小企業別に事業立ち上げ方など詳細に述べられた一冊。特に、誤解されていたシニアビジネスに関する所見が参考になる。

  • シニアビジネスマーケティングの新しい本。期待が持てる。

  • 団塊の世代=ビートルズ世代とは限らない、エルダー層=演歌とも限らない。当たり前ですね。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

捨てられない世代の親は、案外家が散らかっている。親が元気なうちに貴重品や家具、思い出の品を整理して、もしもの時に困らない!

「2014年 『どうする? 親の家の片づけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

団塊・シニアビジネス「7つの発想転換」のその他の作品

村田裕之の作品

ツイートする