伝説ホテルマンだけが知っている!サービスで小さな奇跡を起こす方法―0

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.41
  • (4)
  • (8)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478560549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 販売の仕事をしていた時に購入し、今でもたまに読み返しています。
    元ザ・リッツ・カールトン大阪の営業支配人、営業統括支配人をされていた林田さんが、プロの事例も交えつつサービスについて語られている本です。

    感動を生むサービスの作り方や、細かな言い回しなど参考になることがたくさん書かれています。(例えば、「少々お待ちください」ではなく、「少々お待ちいただけますか?」と常にお客様の意思を尊重する姿勢を示すなど)
    当たり前のことも多く書かれていますが、その当たり前のことを、いかに真心と情熱を込めて行えるかがプロかどうかの分かれ目なのだと感じました。
    実際に、この本を読んで「NO」と言わないサービスを意識するようになってから、お客様に喜んで頂ける機会が増えた気がします。

    伝説ホテルマンのエピソードも楽しめましたし、仕事だけでなく林田さんの行われている人脈作りの方法や自己投資についても勉強になりました。
    サービス業は、本当に奥が深くて、人生の質を高めてくれる素敵な仕事だと改めて感じました。

  • 営業マンとしては学ぶべきところが多い。気持ちのよいサービスの実践は難しい。

  • 1時間せずに読み終わる。
    ホテル業を目指すにあたり参考となる言葉はいくつかあった。ただ自画自賛なエピソードが多く、アカデミックに研究してるわけでもスピリッツを伝授しているわけでも自伝というわけでもなく、中途半端な内容。

  • 色んなホテルマンの著書からの事例をまとめているので、たくさん事例を参考するにはベストかな。

  • リッツカールトンのCSはすごいとのことから、買った本。

    この通りならすばらしいのだろう。

    と思い、大阪のリッツカールトンに楽しみに行ったけど、残念。

    ただの高級なビジネスホテル。



    <a href=http://hiropnonikki.seesaa.net/index-5.html >博覧強記</a>

  • サービスに関する本大好きです。特に林田さんの本は読みやすい!

  • 32年間、ホテルマンとして働きリッツ・カールトンで営業統括支配人を務めた著者がサービスについて書いた本

    モノの質が均一化しつつある現在、その差はサービスで決まる。(アメリカのレクサスもそうだ。)

    では伝説のホテルマンと呼ばれる人達の心配り、気配りというものがどのようなものなのか、具体的な例を挙げつつ紹介。

    Noを言わないリッツ・カールトンのおもてなし。

    100本のバラのプロデュース、結婚披露宴のもてなしなど多彩なサービスを行ってきた著者が考えるサービスの心が垣間見えた気がする。

    一番大事なのは『お客様の視点でものを考えること』

    当たり前のことだが、これが一番難しくもあるしできればよいサービスを提供できる人になれるのだろう。

  • 林田氏によるホスピタリティーの本。内容はどの本も同じようなものであるので、一冊読むだけでよいと思われる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1945年、熊本県生まれ。藤田観光株式会社太閤園販売促進支配人、関西地区顧客担当部長を経て、ザ・リッツ・カールトン大阪入社。営業統括支配人を務める。2002年同社を退社以後、京都全日空ホテル社長兼総支配人、彦根キャッスルホテル取締役社長兼総支配人を歴任。現在、株式会社HAYASHIDA-CS総研代表取締役、タラサ志摩スパ&リゾート株式会社取締役会長兼総支配人。著書に『リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと』『ホスピタリティの教科書』(あさ出版)、『伝説のホテルマンが語る「一流の仕事」ができる50の言葉』(イースト・プレス)、『人生は「挨拶の3秒」で変わる』(海流社)など多数。年間に300回以上の講演を行っている。

「2008年 『人生を成功に導く人脈術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伝説ホテルマンだけが知っている!サービスで小さな奇跡を起こす方法―0のその他の作品

林田正光の作品

ツイートする