なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.72
  • (96)
  • (150)
  • (148)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 1114
レビュー : 164
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478600535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界中と繋がったグローバルな社会を生きていく人に是非読んで欲しい一冊。

    日本には
    「いいものを作れば必ず売れる」
    「汗を流さずに得るお金はあぶく銭だ」
    といった神話とも言える古い考えが未だに美化される傾向にあります。

    本著では、著者が経済的に成熟した資本主義社会の日本で生きていくには金融のリテラシーがいかに必要かを説いています。

    その中で、著者による効率的市場仮説について面白い解説がされていたので、紹介したいと思います。

    経済学者は皆、効率的市場仮説を信じている。
    一方で、株式などをトレードする市場の人達は
    「自分だけはどうにか儲けることができるんじゃないか」
    と信じている。
    効率的市場仮説はこのようにして効率的市場仮説を信じない人達によって肯定されており、もし市場の人達が効率的市場仮説を真に信じてしまえば、この仮説は崩壊してしまうパラドックスの上に成り立っているのだ。

    僕は学部で経済学を学んでいますが、このような話は教授からなかなか聞くことはできません。著者ならではの面白い着眼点から、経済学の理論を身近な事柄(恋愛、不動産、保険)に応用した話も登場するので、これからの資本主義の社会を賢く生きていきたい人には欠かせない一冊でしょう。

  • ・宝くじは最高のビジネスモデル ローリスクハイリターン
    ・貯金が1000万ないなら自分が最も高い資産(自己投資すべき)、数千万の貯金があるならインデックスファンドで放置
    ・何にどれだけ投資するかを決めるアセット・アロケーションで9割決まる(個人の状況で変わる)→株式市場の影響を受ける株式会社に勤めるなら株式を買うのはリスク分散にならない?日本株と外国株は時価総額比で組み合わせる(15vs85)

  • 軽快な語りで、お金のリテラシーを上げられる。

  • 今となっては常識となった投資に関する話をまとめた本
    お金が無い人には、投資なんて考えず働くことを、お金がある人にはインデックスファンドへの投資を勧めている

  • 投資とかほぼ分からない人です。
    数式とかは興味ないので飛ばしちゃいました(笑)
    多分簡略化して書いてるとは思いますが、プロがなぜちゃんと成績残せないのか。じゃあプロっていらないのか?みたいな話は納得感ありました。

  • 1

  • 良くも悪くも基本的な内容というか、まあ正解を並べてるというか、ただ、正しいだけで面白くないというか。
    金融系の本を1冊も読んだり調べたりしたことがない人が最初に読む分にはいいと思う。
    けど、すでに色々調べてたり本も割と読んでたりしたことがある人には物足りないかなと思う。
    新しい事は特にない。けどそれは悪い意味じゃなくて。
    大事なことがまとまってる感じ。

  • 問い 投資のプロたちがなぜ市場の成長に結果的に負けてしまうのか。
    答え 市場はプロ達によって耕されており、僅かなビジネスチャンスでもすぐに均されてしまう。従って、手数料やコストの分だけ投資のプロは市場に負ける。
    ⇒どうしても投資したいならインデックスファンドへ。

    という理論を分かりやすく教えてくれる。

    最初にギャンブルの暴利を暴いてくれるが、競馬や宝くじなど、胴元丸儲けになっているので、読むとやる気が失せる(笑)もともとやらないけど。

  • 投資で儲けるためには投資をやらないことである。それでもやりたければ、インデッククスファンドを中心とした分散投資がベター。どこかで見たことがあるような身も蓋もない本

  • あんまりそれほど

全164件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方のその他の作品

藤沢数希の作品

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方を本棚に登録しているひと

ツイートする