なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.72
  • (97)
  • (153)
  • (148)
  • (26)
  • (5)
本棚登録 : 1138
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478600535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界中と繋がったグローバルな社会を生きていく人に是非読んで欲しい一冊。

    日本には
    「いいものを作れば必ず売れる」
    「汗を流さずに得るお金はあぶく銭だ」
    といった神話とも言える古い考えが未だに美化される傾向にあります。

    本著では、著者が経済的に成熟した資本主義社会の日本で生きていくには金融のリテラシーがいかに必要かを説いています。

    その中で、著者による効率的市場仮説について面白い解説がされていたので、紹介したいと思います。

    経済学者は皆、効率的市場仮説を信じている。
    一方で、株式などをトレードする市場の人達は
    「自分だけはどうにか儲けることができるんじゃないか」
    と信じている。
    効率的市場仮説はこのようにして効率的市場仮説を信じない人達によって肯定されており、もし市場の人達が効率的市場仮説を真に信じてしまえば、この仮説は崩壊してしまうパラドックスの上に成り立っているのだ。

    僕は学部で経済学を学んでいますが、このような話は教授からなかなか聞くことはできません。著者ならではの面白い着眼点から、経済学の理論を身近な事柄(恋愛、不動産、保険)に応用した話も登場するので、これからの資本主義の社会を賢く生きていきたい人には欠かせない一冊でしょう。

  • 個人的に藤沢数希さんのTwitterやNOTEなどを興味深く拝読していたのと、株をはじめとする資産運用を行っていたことから、ノウハウを得るために通読。当初の目的だった資産の最大化に関する話から金融や株式会社の歴史まで、幅広く勉強になった。

    (1)資産の最大化のために(結論)
    ・資産=①収入-②支出+③金利×貯蓄
    →いかに①と③を上げて、②を抑えるかがカギ。
    ・確実に儲かる方法は存在しない。
    ・プロの投資家の運用成績は、インデックスよりも悪い
    →LTCMというノーベル経済学者集団のファンドでさえ、破綻している。
    →市場での主なプレイヤーはプロの投資家。彼らが売買を繰り広げていることで、株価が適正に保たれ、結果的に平均的な運用成績になる。
    ※プロがいなくなると、適正な株価が保たれなくなる。
    →ファンダメンタルズやテクニカル要因もすぐに株価に反映される。
    →株価が動くのは、誰も知らない新しいニュースのときだけ。それらはどうなるかわからないから、結局ギャンブルになる。(デイトレも意味ない)
    ・素人は、あれこれ考えず、なるべく安い手数料と信託報酬で購入して後は何もしないのが一番。
    ・アンテナを張って、常に何が伸びるかを考え、波が来た時にその波に乗る。
    →本屋にノウハウ本が並んでいるころにはもう儲からない商売。
    →能力開発する分野を見極め、自己啓発に勤しむこと。(ここが一番難しい)

    (2)クレジットカードについて
    ・クレカの一括支払は1カ月分借金をしている状態。利子の分だけ確実に得をしている(現在価値)
    ・ゴールドカードの価値はシグナリング効果(異性からもてる)

    (3)住宅ローンについて
    ・5%利子の35年ローンだと、6,000万のうち半分近くが利子
    →投資などせずに一日でも早く返済したほうがよい。

    (4)債権について
    -ゼロクーポン債(割引債)…途中の利払いがないもの
    -利付債…毎年利払いが発生するもの

    (5)金融業の歴史
    ・ベニスの商人や時代劇の越後屋(三越の前身)など、金融業は悪役の歴史
    ・GS等の外資系投資銀行も被差別民族だったユダヤ人が創業したもの

    (6)株式会社の歴史
    ・15~17世紀は大航海時代。
     →ヨーロッパが新大陸を発見した愛とロマンの時代。
     →先住民にとっては破壊と略奪、殺戮の時代
     →航海する船は多大なコストを要することから、そのリスクヘッジのために「東インド会社」が設立された。

  • 一部抜粋







    投資とはつまるところ、リスクと期待リターンを考えて、意志決定するプロセス

    インデックスファンドに1年間投資して正規分布でリスクの形をかくと

    期待リターンが5%、マイナス15%からプラス25%に約66%の確率でリターンが実現、15%以上の損失、25%以上の利益になる確率が1/6 といったイメージ。
    このような実現リターンのブレをファイナンス用語でボラリティと呼ばれる。

    株式の期待リターンは安全資産である国債利回りよりも3%から6%くらい高いといわれる。

    株を買うということは、簡単にいうと、その会社の将来の利益の分け前をもらう権利を買うということ。株式投資のプロは、会社が将来上げる利益の総額を予測し、そこからさまざまなリスクを勘案して、理論株価を計算する。

    金利というのは、今日のお金の価値と将来のお金の価値を結びつける定数。
    金利は相手が信用できるほど下がり、信用できないほど上がる。
    金利が10%だとすると、現在100万将来は110万でそれらは同じ価値。つまり、遠いしょうらいになるほど、お金の価値は小さくなる。(将来のほうが不確実性が高まるため)
    金利を将来価値を現在価値に割り引くパラメタと考えると、このパラメタこそディスカウント・レートである。(DCFモデル)

    売上高は実際に商品がどれだけ売れたか、そこから商品を作るのに要した原材料費などの原価を引くと粗利、その後従業員の給料など人件費をひいて営業利益、そこから債権者に払う利息を引いて税引き前利益、最後に国にピンハネ(税金)されて、最終的な利益(当期利益、純利益)となる。原則的には、この利益はすべて株主のもの。日本の企業では経営者が使う当てのないお金を企業内部にため込む傾向があるが、そのため込まれている現金ももちろん株主のもの。最終利益を配当として直接株主に返すか、会社のさらなる成長のために設備投資に回すか、M&Aによる他の会社の買収資金にするかは、本来株主の利益のために決定するべきこと。

    外国株85日本株15外国国債50日本国債0

  • インデックスに投資しろ、というお決まりの内容。

    読んだのがいま2020ですが、発売当時に読んでいれば斬新?だったのかも。

  • ザクザク書かれてて気持ちのいい経済学入門書。
    結局最後はインデックスに終わってて初心者にも優しい。

  • ・宝くじは最高のビジネスモデル ローリスクハイリターン
    ・貯金が1000万ないなら自分が最も高い資産(自己投資すべき)、数千万の貯金があるならインデックスファンドで放置
    ・何にどれだけ投資するかを決めるアセット・アロケーションで9割決まる(個人の状況で変わる)→株式市場の影響を受ける株式会社に勤めるなら株式を買うのはリスク分散にならない?日本株と外国株は時価総額比で組み合わせる(15vs85)

  • 軽快な語りで、お金のリテラシーを上げられる。

  • 今となっては常識となった投資に関する話をまとめた本
    お金が無い人には、投資なんて考えず働くことを、お金がある人にはインデックスファンドへの投資を勧めている

  • 投資とかほぼ分からない人です。
    数式とかは興味ないので飛ばしちゃいました(笑)
    多分簡略化して書いてるとは思いますが、プロがなぜちゃんと成績残せないのか。じゃあプロっていらないのか?みたいな話は納得感ありました。

  • 1

全168件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤沢数希の作品

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方を本棚に登録しているひと

ツイートする