なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.73
  • (97)
  • (150)
  • (148)
  • (25)
  • (5)
本棚登録 : 1121
レビュー : 164
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478600535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資で儲けるためには投資をやらないことである。それでもやりたければ、インデッククスファンドを中心とした分散投資がベター。どこかで見たことがあるような身も蓋もない本

  • あんまりそれほど

  • ファイナンスの入門書。軽いテンポで書かれてるのでファイナンスの入り口としては良い。

  • 売却済

  • 投資はするなという本

  • 橘玲の一連の書籍を読んだことがあるので、著者は同様の考え方らしく特に新しい発見はなかった。

  • 学部でコーポレートファイナンスを学んだので、特に目新しい事項はありませんでした。割引現在価値がわかるなら、この本を読む目的は「第一線で働く実務家の、市場に対する見解」を知ることになります。

    この本の結論は以下の通り。

     1.効率的市場仮説を信じない自信過剰な投資家によって、逆説的ではあるが、市場において適正な価格が形成されている。
     2.だから、投資対象は国内外のインデックスファンドと国債で十分である。
     3.運用成績の90%は、株式のポートフォリオや債券のそれよりもむしろ、アセット・アロケーションによって決まる。

    これだけ覚えておけば大丈夫です。

  • 本の題名ほど奇抜なないようではなかった。

    結論は、損をしたくなかったら株をするなということ。
    株ではもうけられない、そうだ。

    この本を読む人がそれで納得するのだろうか?

  • うーん、基本的には勝間本とあまり内容変わらず。数式も出てきてちょっと難解。途中でやめる…。最初の本としてはいいかもだけど、この手のものは少し飽きてきたな

  • 一応よんでみた。
    ものすごく上から目線で、性格の悪そうな著者。
    投資銀行について興味があるならさらっとよんでもいいかも。
    おすすめはしません。

    2007.november

著者プロフィール

金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。

「2017年 『ぼくは愛を証明しようと思う。(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方のその他の作品

藤沢数希の作品

ツイートする