毎月10万円は夢じゃない!「株」で3000万円儲けた私の方法

著者 : 山本有花
  • ダイヤモンド社 (2004年6月17日発売)
2.85
  • (1)
  • (6)
  • (58)
  • (8)
  • (6)
  • 157人登録
  • 26レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478630921

作品紹介

専業主婦になりたての5年前、元手100万円で株式投資をスタート。それが1年後に200万円、2年後に400万円、5年後に3200万円になった!山本流・株投資の極意とは。

毎月10万円は夢じゃない!「株」で3000万円儲けた私の方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 体験談。

  • 図書館で借りた

  • 専業主婦の著者が独学で、株投資術の解説本。
    読みやすいから面白かったが、書かれていることをまともに参考にすると痛い目に合う内容。
    短期売買や信用取引を推奨しているが、あまりにもリスクが高すぎる。
    良いところばかり書かれているので、リスク面は語っていません。

  • レビューではさんざんな評価ですが、私は楽しく読ませて頂きました。だって「夢」が詰まってますもん。良くも悪くも。株といえば、ややこしくて難しくて素人には手に負えないイメージですが、この本を読むと、なんだか私でも出来ちゃうかも♪と言う気になれます。むろん、こんなに簡単に稼げるわけはないですが、ROEだPERだと難しすぎて挫折しちゃった私としては、視点を変えて再挑戦してみようかな・・と思わせてくれた一冊。ただ、初心者の方にはお勧めしかねます。信用、甘く見たら大火傷しますよ!あくまで、こういう気楽な考えもあるのねー、とわくわくした気持だけご参考になさって下さいね。

  • この人は天才肌だと感じた。たった6冊の読書で株で成功。ま、ただ、1冊の分かりやすい本は熟読したらしい。

  • 株の本はあまり読んだことがないが、非常にわかりやすかった。
    発行されたのはもう10年前だが、おそらく今でも使える標準の考え方が書いてあるように思った。

  • 株を全くしたことがない人には用語の説明も丁寧で、わかりやすい。が、そういう人はきっと元手を100万も持っていなくて、実践することができない。お金を持っている人はこのくらいのことは知っていそう。お金を持っているけど今後が不安で財テクを学びたいというレアな人向けの本のようだ。これだけでは勉強にはなったけど、株をやろうという気にはなれなかった。

  • 超初心者向け、大分以前に買ったままのものを読んでみたが、内容は薄く、ないに等しい。

  • 星無$$やはり無理がある本。$$底で買って天井で売るなんて知ってるから。$$どうやるの方法論が無い。

  • 1:一割利益確保の法則でいく
      1年(10ヶ月として)で100万円を200万円にする感覚。
      通常3日間、長くて1週間程度で売買が終了するようにする

    2:初心者の内は、下降トレンドラインでの複数回売買はやめておく。

    3:株主優待は、決算時期の「権利確定日」に一日でも現物で株を持っていれば良い。
      →実際には権利確定日の4営業日前に買っておく必要あり。

    4:注目銘柄と同種の銘柄の両方を短期間で売買する方法も有効
      (例)暖房器具を扱う会社が好調な時に、電機メーカーやガス器具関連、更には燃料取扱関連の銘柄もチェックする

    5:現物で買いたい株があっても、最初は「信用取引」で買い、その後、現物にする
      →そうすると手数料がお得。

    6自動売買ソフトを使った注文方法もある。

全26件中 1 - 10件を表示

山本有花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

毎月10万円は夢じゃない!「株」で3000万円儲けた私の方法はこんな本です

ツイートする