アノネ (相田みつを 心の詩)

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.71
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478700891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •   筆で書いた字体の優しさと素朴な言葉は私をほっとさせてくれます。
    これからも頑張ろうと思わせてくれます。

      難しい事は何一つ言わず根本的なものを見直している相田さんの言葉は周りが見えなくなってる時ほど心に響きます。

  • むかーしに祖父がプレゼントしてくれた一冊。
    なんか私、好きになれないんだよね…。
    みつをさん…。

    私、ひねくれ者だから、こういう詩を読んでも、知ってるよ!って思ってしまう。
    もっと素直になりたいなぁ。

  • 08・1

  • 将来教材にしたい一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

相田 みつを(あいだ みつを)
1924年5月20日 - 1991年12月17日
1924年、栃木県足利市生まれの書家。本名:相田 光男、雅号:貪不安(ドンフアン)。
旧制栃木県立足利中学校在学中から書に親しみ、卒業後、書家を志し岩沢渓石に師事1953年3月、関東短期大学夜間部国文科卒業。 1984年に詩集『にんげんだもの』を刊行し、ミリオンセラーに。以降多くの書籍を刊行。
1991年道でころんで入院、脳内出血が元で急逝する。

相田みつをの作品

ツイートする