リスクとリターンで考えると、人生はシンプルになる!

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.14
  • (0)
  • (6)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478702802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物事に対しリスクとリターンに置き換え、経済学者があなたの悩みを解決!?

    色恋事から将来の不安までシンプルに問題を抜き出し、それに対する解決案をいくつか提示する。
    押し付けがましくないのがいいですね〜。
    それに、正しいのは分かってるけどしたくない!!、という相談者の心理も分かってます。だから落としどころを上手く見つけてくれます。
    最近の悩み事相談はこんな感じになってるのかな?

  • いつも「最悪の場合にどうするか」を考えよう
    「どんな選択肢があるか」を考えよう
    現実をごまかさずに受け入れよう
    「時間」「お金」「自由」はそれぞれ交換できる

    私にはない考え方だったので、とても参考になった。

  • ・人生選択は投資にそっくり
    ・投資の世界でリスクとは不確実性の精度のことである。一般的にはリターンの標準偏差のことである。
    ・人生選択においても「最悪の場合はなにがおこるか」「最悪の場合が起きる確率はいくらか」を考慮する必要がある(単純な確率ではない、最悪の場合にはいくらかのプレミアムを乗せて考える必要がある)
    ・人生選択における「「リターン」は人によって異なる。自分にとってのリターンが何なのかを考えることが適切な選択を行う一助となる
    ・選択肢とはポートフォリオである。いくつかの選択肢をバランス良く持っておく必要がある

  • ファイナンス理論に基づく実生活への応用。日ごろ考えていた方向性と似通っていたので、自分の考え方を整理できた。

  • 著者はTVでもおなじみの山崎元氏。現在は、楽天証券経済研究所で研究員として働いておられます。

    本書の内容としては、人から寄せられた人生相談に対し、投資のリスクとリターンの考えを用いながら山崎さんが答える、というものである。

    本書の中でも触れられているが、人は窮地に陥ると誤った判断を下しやすい。そういったときに、まるで自分という人間を個人商店と見立てて、リスクとリターンを考えながら意思決定をしていくというのは、非常に面白いと感じたし、モレが出ないため有用であるとも思った。

    さらに著者は12回も転職をしていることから、自分という個人商店の管理の仕方が巧みであると考えられるし、また転職市場についても一般人と比較して詳しいと思われる。そういった経験談を含めたアドバイスが読めるのは本書の大きなメリットである。

    とくに若い人にお勧め!!すぐに読めるし、絶対読むべき。

  • 人生相談を投資の視点でとらえる思考回路。実に独創的!人生そのものが投資・・・リスクにリターン。天井に底。休みも相場・・・自分の大局観に何かの影響を与えるかも!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1958年北海道生まれ。1981年、東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、野村投信委託、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投信、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、UFJ総合研究所に勤務。また、2016年まで6年にわたり獨協大学経済学部特任教授として教鞭を執った。現在は楽天証券経済研究所客員研究員をつとめつつ、精力的に執筆・講演を行っている。著書多数。

「2017年 『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎元の作品

ツイートする