起業家精神―不可能を可能にするバイブル

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.83
  • (9)
  • (8)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478731017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本のアントレプレナーシップの伝道師の著書ということでお薦め頂き、読了。20年以上前の著書とは思えない程に、今読んでも刺さりまくる内容。自立心の5要素分解はなるほど、と。自立or依存の二項対立で分かりやすく論点が整理されているが、特定の分野においては依存することを積極的に選択するのも一つの戦略とは思うので、何でもかんでも自立してやっていこうという精神論としてではなく、メインスタンスを自立にする方法論と捉まえて読むのが良いバランスではないか。絶版なのが惜し過ぎる1冊。

  • 自己管理の本当の意味は自分の持っている可能性を最大限に発揮すること。

    自立型は過程を重視し、依存型は結果を重視する。

    依存型はできることしかやれない、そしてそこに感動はない。

    自立型人材は、長期的、全体的、根本的、多角的という4つの視点を持つ。

    現状立脚、今できることからする。

    あとこの本は依存型人間を最高の表現でdisって来るので叩き直されたい人は是非。

  • 勉強になりました。

  • 「今出来ることからはじめることです。」

  • 心と行動の成功哲学の基礎部分が書かれていると思います。何度も読み返してみたいと思います。

  • 人に薦められて読みました。起業を目指す人にとってはまさにバイブル的な書籍ではないでしょうか。起業家に必要な思考・行動基準が余す所無く書かれており、本書が書かれた10年前と現在においてもいささかもぶれることがないことばかりです。
    文句なく星5つの名著だと思います。

  • 自立型人間・アントレプレナーについて分かりやすく述べている。

  • 05/5/10購入

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

アントレプレナーセンター代表取締役 1958年生まれ。1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。人材育成、組織活性化、新規事業の立ち上げなどの専門家として、25年以上にわたり日本を代表するいくつもの大手企業や全国の地方自治体などで約7500回、延べ30万人以上に研修、講演を行う。自身のライフテーマである「世界中の人々が夢と勇気と笑顔に溢れた社会を創る」という志をもとに開催する夢の発表会「夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション」のノウハウを無償公開している。また、東日本大震災後、「夢の国東北プロジェクト」を立ち上げた。 「他人の成功を応援すること」を生きがいとし、自身のポリシーは「通りすがりの者」。名を残さず世の中を変えていくことをテーマにするその姿は、多くの企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家などから「メンター」と慕われている。受講生からの「人生が変わった」という声が後をたたない。

「2013年 『心で勝つプレゼン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福島正伸の作品

ツイートする