「愚直」論 私はこうして社長になった

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.76
  • (52)
  • (57)
  • (80)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 445
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478733066

作品紹介・あらすじ

技術者からMBA取得、戦略系コンサルタントへの転身、そして45歳の若さで外資系企業の社長へ-。内気で話し下手だった著者を伸ばしたのは、愚直な熱意と努力だった。自らの体験を振り返りながら、働き方とキャリア開拓のヒントを語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者のこれまでのキャリアにおける格闘が、タイトル通りに描かれる。

    教訓をまとめるものではなく、個人的なことから見えてくること。
    スコープを広げることと、自覚的成長によるキャリア経験のつながり、活用。

  • 著者の過去の経験から、現在のビジネスにおけるスタイルが綴られている。
    ほぼ、自叙伝であるが著者が物事に愚直に取り組んできた姿勢がとても伝わり、逃げずに一生懸命やって成功したんだ、ということが伝わる!

    著者も冒頭に言ってるが、ひとつのやり方で参考にしてもらいたいとの事だ。
    私も著者に近い部分があるが、まだまだ逃げてさまう部分もあるので、弱ったり逃げ出したくなったらまた読み返そうと思う。

  • パナソニックの技術者を出発点として、MBA取得後に外資系やコンサルティング会社、IT企業を経て、最近パナソニックの子会社の社長に戻られた。

    そんな経緯を知りたくて読みたくて、パナソニックに戻る以前の時点までの内容だが、面白かった。

    バリバリの理系の技術者の人が、経営者になるまでのたくさんの苦労談が参考になる。
    いわく。

    社長の仕事は皿回しのようなもの。
    両手に数えきれないほどの皿を回し続ける。
    1つの皿に固執すると、別の皿が落としてしまうので、すべての皿の動きを眺めながらバランスよく皿を回していく。

    様々なタイプの人と上手に付き合うには何よりも経験がモノを言う。
    そのためには、各タイプを類型化し、うまくことが運んだケースを頭の中のデータベースに蓄積しておく。
    同じタイプの人と遭遇した場合は、過去の情報を適用するのだ。
    人を動かすときには、このデータベースが力を発揮する。
    もし、面倒な相手に出会った際には、データベースにない人間と遭遇したのだから対処方法を蓄積するチャンスだ、と思うぐらいの気構えでいい。
    ⇒この話を聞くと、理系の技術者で人間関係が苦手と思う人ならば、すごく参考になるように思う。
    人間関係を良くするためのデータベースを自分で作り出す、ぐらいの気持ちを持つので十分。

    たぶん、この方は、最終的には将来のパナソニックのトップに立つ人ではないだろうか。
    また、出戻りになるような人を自社に呼び寄せたパナソニックも偉いと思う。

  • 元マイクロソフト社長の樋口さんが、HP社長時代に描いた本。もともとエンジニアだったという話をNewsPicksで興味を持って読んだ。MBA取得、コンサル経験という経歴から、社員6000人の社長になる直前まで、Compaqのコンシュマー向けパソコンの部門長(部下30人くらいで)、OEM先の生産管理表を一緒に作るなど、開発・マーケティング・営業まで全てを見るスタイルでやっていて、役職よりも、現場や自分でプロジェクトをドライブすることにやりがいを感じていたらしい。留学先、コンサル時代、Apple時代、自分で決めたことを徹底的にやりぬいた話から、ハードワークする事のすごさと価値が伝わる。理屈抜きに実行した人の話は説得力がある。

  • 一見、華やかな経歴を歩んでいるように思えたが、不器用ながらも「愚直」に仕事に打ち込んできた筆者の姿勢に共感を覚えた。ハーバードの卒業式で、証書を手にするとパーティーには出席せず、一人部屋に戻り、午前二時まで涙を流しながらバーボンを飲んだというエピソーヂに著者の人柄が表れているように感じた。

  • 元松下の人らしい、全編に泥臭い努力ととことんやり抜く根性が横溢している。この人は少しでも停滞を感じると焦燥を感じるという。エグゼクティブの素質がある人は、環境関係なく一人でブラック企業になれる。「この本が転職の契機だった」という人はかなり多いと聞く。

  • 講演きけた

  • 組織は、リーダーの器以上には大きくならない。

  • なんと言うか、読むと元気が出る本。
    そしてなぜか面白い。なぜかというのは失礼かもしれないけど、どこがどうというわけではないけど、
    映画ソーシャルネットワークを見終わった後のような気分になる。

  • 読んだのに覚えてない本が多すぎる。もったいない。

全74件中 1 - 10件を表示

プロフィール

日本マイクロソフト会長
1957年兵庫県生まれ。80年大阪大学工学部電子工学科卒業。同年松下電器産業(現パナソニック)入社。91年ハーバード大学経営大学院(MBA)卒業。92年ボストンコンサルティンググループ入社。94年アップルコンピュータ、97年コンパックコンピュータ入社。2002年日本HPと合併し、03年より同社社長。05年ダイエー社長、07年マイクロソフトに入社し、08年より社長。15年より同社会長。

「2016年 『僕が「プロ経営者」になれた理由』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「愚直」論 私はこうして社長になったのその他の作品

「愚直」論 Kindle版 「愚直」論 樋口泰行

樋口泰行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス・V・ガー...
トーマス・フリー...
ジェームス W....
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「愚直」論 私はこうして社長になったを本棚に登録しているひと

ツイートする